ビビアンの旅立ち-離婚そして新しい出逢い-の作品情報・感想・評価

「ビビアンの旅立ち-離婚そして新しい出逢い-」に投稿された感想・評価

レズビアン映画のMASTERPIECE。彼女らの肉体をしっかりと撮し、クィア映画にありがちな悲劇で終わらせないのが尊い。これからが始まり。二人が乗り込んだ列車は今でも走り続けている。
堊

堊の感想・評価

3.0
圧倒的な山、山、馬!を捉えたロバート・エルスウィットの撮影にクライテリオンからDVD出てるのも納得。狭苦しい都会の同調圧力からどこかへ(or死へ)というフェミニズム映画クリシェにまったく陥っていないどころか、最初から神話化されることを意識されているかのような堂々たる演出の数々にビビる。二人は離れ離れになったりしないし、どこかへ消えたりしない。女性による女性のための映画として、最初からレズビアンコミュニティ向けに資金が集められたという経緯においても歴史的な作品なのだけれど、あまりにも真っ暗な廊下の隅で佇む主人公が夕暮れに溶けていくショットが凄まじい。原題『Desert hearts』での再公開を望む(てかいつかされそう)。
K

Kの感想・評価

-
とても良かった。PTAと初めて組む10年前のロバート・エルスウィットの撮影も素晴らしい

あなたにおすすめの記事