愛の奇跡の作品情報・感想・評価

「愛の奇跡」に投稿された感想・評価

netfilms

netfilmsの感想・評価

3.7
 車の後部座席に座った少年は、不安そうな眼差しでうつ向いているが、やがて外から気を引くようなおもちゃが出て来て、思わず目をやる。車は母の子宮のメタファーであり、そこから少年が外に出ると、車は急スピードで走り去る。いったい何人の子供たちが同じような光景を繰り返してきただろうか?大人たちは慣れた手つきで子供たちを連れ出し、知的障害児施設「クローソン訓練学校」へ迎え入れるのだ。そこへジュリアード音楽院出身のジーン(ジュディ・ガーランド)が赴任してくる。美しい中年女性の登場を、子供たちは好奇の目で見つめ、彼女の周りはすぐに人だかりが出来るのだが、そこで少し離れたところからゆっくりと近付いて来る少年に目が留まる。自分の名前を連呼するその少年はどこか寂しそうな目つきで彼女を見つめる。その目に宿る哀しみが彼女には他人事ではなく、その日からずっとルーベンの存在が頭から離れなくなる。

 ジョン・カサヴェテスの3作目となる今作は、両親の愛を失った少年の哀しみが滲む。そのどうしようもない悲哀はフランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』を彷彿とさせるが、あちらの方が今作よりも4年早い。現代においては発達障害に分類される症状も1963年当時はあまり研究が進まず、軽度重度の分類はあっても、ADHDや学習障害、自閉症スペクトラム障害などの細かい分類はなかった。見た目でわかるのはダウン症のみで、ルーベンのような少年は軽度と診断され、そこに明確な治療法はなかった。ジーンは当初、クラーク博士(バート・ランカスター)の子供への厳しい接し方に触れ、その教育方針に疑問を持つ。始まりが疑問で入ったからこそ、博士への疑義が拭えない。カサヴェテスは人生の落伍者たちの葛藤に触れながら、回想場面でルーベンの母親(ジーナ・ローランズ)と父親の自分たちの子供が知的障害者だとわかった挫折を丹念に浮き彫りにする。

 毎週訪れる水曜日の面会日、ルーベン少年は幸せだった頃の両親の姿を夢想するが、その姿はどこにもない。2年間104週間、指折り数えて待ち続けたであろう幸せな瞬間は遂に訪れず、少年はジーンの姿に、母親の姿を重ね合わせる。少年はジーンの同情を買おうとするし、他の子に彼女の目が向いた時は強い嫉妬を示す。今作で初めて夫の作品に出演したジーナ・ローランズは、エリートでありながら息子を切り離す冷徹な母親を演じている。しかしカサヴェテスの演出は彼女をその裏で、アンビバレントな感情で搔き乱そうとする。既に今作において複雑な感情を同時に求めるかのようなカサヴェテスの演出は冴え渡り、彼女は今の家庭とルーベンの存在とで烈しく引き裂かれる。最終編集権は剥奪され、プロデューサーであるスタンリー・クレイマーにより社会派のレッテルを貼られた本作だが、発達障害の子供たちの学芸会の場面はわざとらしい演出がほとんどなく、優れたドキュメンタリーであるかのように自然にカメラが向かい、切り取られる。挑発的なタイトルバックに滲むインディペンデントな強い意志は、その後のカサヴェテス作品の躍動の萌芽が見える。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
「愛の奇跡」

冒頭、1台の車が門へやってくる。後部座席に1人の少年、精神科医のクラーク博士、精神薄弱児施設、寄宿学校、感謝祭、警官、子供の反抗、一人の女性、母親、離婚して棄てられた子供、音楽演劇、父親の存在。今、少年の心に届くものは何かを考える…本作はジョン・カサヴェテスが監督した精神薄弱児問題を扱ったドラマで、いよいよ日本で初ソフト化され、BDを購入して人生初鑑賞したが素晴らしい。元々CBSーTV"スタジオ・ワン"に特別番組として放映されたのをアビー・マンが脚色してカサヴェテスが映像化したそうだ。主演は監督の奥さんでもあるジーナ・ローランズを始めバート・ランカスターなどである。


本作は冒頭に1台の車が施設の前に止まる。扉を開ける関係者の女性、後部座席に座っていたのは1人の少年ルーベンである。彼はなかなか車から降りようとしない。そこでクラーク博士が直接おもちゃの車の乗り物を彼に見せて乗るかいと声をかける。そうするとゆっくりと少年は車の中から外へと出ていく。警戒心が緩んだようだ。カメラは複数のカット割りをし、少年が車の中に乗って(おもちゃの車)運転の真似をする。すると関係者が少年を取り囲み施設の中へと入れていく。その時、少年は母と父の名前を呼び暴れだしている。ここでカットが変わりスタッフ、キャストが紹介され静止画(子供が描いた絵)と童話の歌が歌われ展開が始まる。

続いて、車の後部座席に乗っている1人の女性の正面が写し出される。彼女はうつむいた目線で何やら悩んでいるようだ。カットは変わり、そのタクシーが道を通る場面をロングショットする。車が到着し、女性は両手にカバンを持ち学校の扉を開けて中に入る(この時、学校のベルが鳴っている)。続いて、ベルが鳴り響き、一斉に教室から子供たちが廊下へとあふれだす。混乱するその女性、子供たちの笑い声、そこに1人の少年にこんにちはと挨拶する。するといろんな子供たちが彼女をもの珍しく見始める。1人の子供はすごい真珠だねとネックレスをいじる、彼女はジーンと自分の名前を紹介する。カメラは冒頭で暴れて無理やり学校に入ったルーベン少年が人混みを掻きかけて僕の名前はルーベンとジーンに話す。

続いて、ジーンは校長先生と給料の話とこの激務についての話を部屋でする。彼女は人の助けになりたいと言い、校長は子供たちの授業風景を彼女に見せる。そこに先程のルーベンが絵を書こうとしているが、なかなか書かずに反抗しているので、校長先生が出て行きなさいと言う。それを見つめる彼女、無言で校長の目を見続けながら教室を出ようとするルーベン、校長はルイスと言う少年の指導にあたる。ジーンはいてもたってもいられ教室を出ていく。カットは変わり、1人で勉強している他の子供(少年)をカメラが後からゆっくりと捉える。それをガラス越しに校長が見ている…と冒頭を簡単に説明するとこんな感じである。

さて、物語は心理学者のクラーク博士が校長を務める知的障害児施設(クローソーン訓練学校)に、ジーンが音楽教師として赴任した。彼女は子供扱いが上手く、とりわけ自閉症のルーベン少年とは仲良くなった。ルーベンは幼い時に両親が離婚。親の愛情が乏しい環境で育っていた。ジーンはルーベンの母親を施設に呼び、会わせることで少年の心を開き、近づこうとする。そんなジーンのやり方にクラーク博士は難色を示す…と簡単に説明するとこんな感じで、カサヴェテス監督による緊張感に満ちた演出と俳優たちの競演も見もので、安易な感動を決して誘わず、複雑でいて現代的な繊細さに満ちた人間ドラマ仕立てになっている。

いゃ〜初見したけど傑作だろう。こんなのが今までソフト化されてなかったのが謎すぎて笑える。それにしてもこんな笑わない(役柄のため)子役よく見つけてきたな、あんなマセガキ、芝居うまかったし、ハンサムな顔立ちしてるし、所々かわいいところもあるし、感情移入できた。クライマックスの演劇でルーベンがインディアンの格好して、ようやく言葉を発して演じる場面の大人と子供たちのクローズアップのカット割りがとても感動的である。そんでクライマックスの子供たちの書いた絵とのトリックの終わり方も印象的。まず、音楽教師として採用された主人公の女性ジーンを演じるジュディ・ガーランドの芝居は素晴らしく、またクラーク博士を演じているバート・ランカスターの教育方針を厳しくする芝居も良かった。とりわけ患者の1人である12歳のルーベンを演じた子役も凄く良い。

音楽教師のジーンとルーベンが感情的に関わるようになり、少年の精神状態が離婚した両親との再会で解消することを確信する彼女とクラーク博士の反発を描いている点は見ごたえがある。特に少年が離婚し自分のことを見捨てた両親に出会ったときの感動的な子供らしい振る舞いは印象的に残る。その彼女の車を追いかけながら職員に引き止められ、取り乱す少年の姿は切ないし、夜の場面で病院からこっそり逃げ出し繁華街へとさまよう所も絶妙である。そして翌朝、警察に保護されたルーベンが連れ戻されて、ジーンは辞職を申し出ると言う事になるのだが、クラーク博士はそれを受け入れず、彼女を感謝祭で子供たちが上映する音楽劇の指導と稽古を担当させるように指示する。

そしてここからのひと幕が非常に感動的である。あまり言ってしまうとネタバレになるため多くは語らないが、上映当日にルーベンを私立の施設に移すべく引き取りに来た父親が舞台上のルーベンが他の子(セリフを教えてあげている)に助けられながらやっとの思いでセリフを話す姿に感銘を受けて、ジーンたちとのもとに彼を置いておきたいと言う決心がつくシーンがあるのだが、すごく印象的で感動的だ。この時点でこの作品の制作側のスタンリー・クレイマーのやりたい事が全面的に押し出されていると感じる。特に情緒的障害児たちにお金をかけるのではなく、将来国のために働いてくれるインテリの子供たちにお金をかけたいと言うセリフ対決の場面でもそう感じるし、社会に蔓延する醜いものにはお金を出さず見て見ぬふりする傍観者の我々(観客)に怒りをぶつけてきてくるような、まるで糾弾をするかのような演出になっている。

そもそも本作に登場する施設にはモデルがあるようで、ニュージャージー州ヴァイランドにあるヴァイランド訓練学校(知的障害、発達障害のある人々の生活自立を目指した教育を目的とする、名高い非営利団体)との事ある。さらにクラーク博士を演じたランカスターには2人の息子がいるらしく、ある種の障害を背負っていた事実もあったそうで、この作品に出演していたとの事である。長男は精神的な問題、いわゆる統合失調症を抱え、情緒的障害児向けの私立学校に通っていたそうだ。そして次男は後にハリウッド映画界で俳優及び脚本家として活動するけど、小児麻痺を負い、片足がやや短くなってしまうなど、身体的な障害を抱えていたとのことだ。そのことを踏まえると、この作品に出てくる登場人物たちは彼にとっては我が子同然の様であった事は間違いないだろう。

この作品同じ制作者のクレイマーの「ニュールンベルク裁判」に出演している役者が出ている。ジーン役のジュディ・ガーランド、ランカスターもそうだ。当時はイングリットバーグマンやキャサリンヘプバーン、エリザベステイラーが候補に上がったそうだが最終的には彼女に決まったそうである。そしてこの作品のことを色々と調べるとある伝説があるとの事で、そもそもカサヴェテス本人が自分の映画と認めていない作品は86年の「ビック・トラブル」と本作らしく、企画にも制作にもかかわらず脚本も既にできてしまったものを、撮影監督は自分のお気に入りの人ではなく最終編集権も手にできなかったそうだ。さらにカサヴェテスの方針に不信感を抱いたクレイマーが編集を勝手にやってしまったとのこと。そういった流れで完成版の試写会場で起こった出来事で激こうしたカサヴェテスがクレイマーを殴ったとのことであるが本当のことを言うと、カサヴェテスを引き止めようとしてクレーマーが首をつかまれって壁に押し付けられたと言うことらしいが、さらに主演の1人ガーランドは当時酒や薬物問題を抱えていたため現場に遅刻したり姿を表さなかったと言うトラブルもあったそうだ。

そういった点から色々と大変だった映画作りだったようだが、映画としてはまずまず良い出来だと思う。ただカサヴェテスの色が全然ないのは残念である。それも今述べた事柄を踏まえると当たり前かとなるのだが…。メロドラマ的な部分とドキュメント的な部分があったのは非常に良かった。とりあえずメジャー系映画とはかなり離れていて独特な性質を持っている映画だなと感じる。とりわけ主題としては同情を引くような作風になってしまっているが、それは監督の本意ではないだろう。1989年に病院で死去した彼の作品は12作品程度だが、どれも素晴らしいものばかりである。特にベネチア国際映画祭で金獅子賞受賞した生涯の伴侶ジーナ・ローランズ主演の「グロリア」ベルリン国際映画祭金獅子賞受賞した「ラブ・ストリームス」や「フェイシズ」「オープニングナイト」等は好きな作品である。もちろんデビュー作の「アメリカの影」もだ。

今回出演している主な役者たちはジーナ・ローランズを抜けばほとんどみんな亡くなっている。ともあれこの作品がやっと日の目に当たることができて嬉しい限りである。もともとは"子供が持っている"と言うタイトルでCBSのテレビアンソロジーシリーズの話として放映されたドラマに基づいてオリジナル脚本が執筆されて映画版脚本へと翻訳もなされてこの作品が作られたのである。まだ見てない方はお勧めできる。
lemmon

lemmonの感想・評価

4.4
控えめながらじんわりくる。
ほんの少しだけ、ささやかな奇跡はあったのかも。奇跡、、、と言うよりも、ほんの少しだけ、どの登場人物にも生きていくための光が見えた気がする。それかそう自分が思いたいだけか。


障害を持つ子供達。その家族。
現実を突きつけられ、やり場のない気持ちになるシーンも多々ある。
周りの大人たちも、正解のない問題に、もがき苦しむ。

そんなあまかないんだろうが、どんな人であれ、生きていく場所は、心地よい方が良い。
どうして普通が良いのか。ランカスターとガーランドの対立の中にある奥深い課題に、ない頭振り絞って、いろいろと考えさせられた。



イヤな場面もあったが、真正面から役に向かっていたバートランカスターに敬意。
あとはジュディガーランド。この人本当に上手い。上手いと言うか、もう溶け込み方に不自然さがない。何気ないシーンにこそ、といつも思うが、本作でも本当にそう感じた。と言うか、観終わって「ジュディガーランドが出演してたから観たんだ!」と思い出したくらい。


観てよかった。
ガーランドとランカスターの共演作!😆
とか、テンション上げてみるもんじゃなかったな。
もう参りました。


スタンリークレイマー製作。
Cem

Cemの感想・評価

4.7
初ジョン・カサヴェテス☆*:知的障害児の施設にやってきた音楽教師が、一人の少年を精神的に自立させるまでを描くヒューマンドラマ
自閉症っぽい息子を施設に送るという重苦しいシーンで始まる。施設の子も本当の障害者。それぞれの大人たちの言ってることも理解できる。だからこそ音楽教師だけは何だか綺麗事にしか聞こえなかったな
ぽっちゃり黒人くんの肝っ玉母ちゃんみたいなのが世の中増えたら平和で優しい世界になりそう🥺
dude

dudeの感想・評価

3.9
ランカスターの手が子供の頭の高さに垂れるスリル。脱走した子を迎えに行った警察署での俯瞰カメラ。ビガーザンライフがちらつきつつ、主義主張もドラマもあまり関係なく胸を打つ感触。
まさかソフト化されるとは思っていなかった念願の一本。

音楽やカット割は仰々しいが、画面に映る全ての人を等価値に描こうとする姿勢は正にカサヴェテス
miyagi

miyagiの感想・評価

3.7
まるでカサヴェテス的ではない演出、カット割、カメラワーク、劇伴なのだけど、NHKとかが扱いそうな硬派な主題に対しての取り組み及び障害児を撮るという難易度を前にしての手腕はやはり見事だと思える。
ホットドッグを頬張る子供たち、演劇の後に見せる笑顔など羽仁進的要素も垣間見えるし、見上げる子供・見下す大人の対になるアングルが問題提起へと繋がっている。
物語としても、良かれと思った行動が却って人を傷つけるやるせなさがキッチリ描かれていた点はよかったし、正義が必ずしも正解ではないという顕在化しにくい部分が盛り込まれてるのも良かった。
初めてルーベンを叱ったあとの主人公の芝居が100点だし、若かりし頃のジーナローランズの美しさといったらこの上ない。
疲れ切った表情で不安定なオーラが溢れまくるジュディガーランドの佇まい(私生活の影響も何割かあるのかもしれないが)社会派のメジャー作品なので、のちにみられるカサヴェテス流の演出からはだいぶイメージできないが、子どもたちをラフに撮る場面、みんながホッドドッグを食べるところとかこれもまた良い。主人公の父親役のスティーブンヒルの堅くて複雑な表情が地味に素晴らしい。カサヴェテス組のジャンマレーも出ている。
今はなき渋谷シネアミューズで企画されたカサヴェテスの回顧上映、このとき初めて『ハズバンズ』『ミニー&モスコウィッツ』も観た。すごい良い企画だった。『愛の奇跡』もこのとき初めて観た。原題のA Child is Waitingの直訳でよかったのに凡百の邦題をつけたのは、軽度の知的障害児の物語を演出するためなのだろう。そういうお涙頂戴なつくりでは勿論無かった。カサヴェテスなので。
この頃はアメリカの障害児教育もまだインテグレートの方向でコロニー入所も積極的に行われていただろうか、当時是とされていた教育や福祉によって子どもを施設入所させられる物語だったと思う。まだハリウッド資本の作品なのでキャストが豪華だが正直あまり覚えていない。
か

かの感想・評価

4.0
こういう映画をどう評価すればよいのかはわからないが、言葉ではなく、出来事として自分の存在を受け止めていく、そしてそれに真摯にカメラを向ける、最後のシーンが印象に残った。
>|