太陽のかけらの作品情報・感想・評価

「太陽のかけら」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

2.0

ガエル・ガルシア・ベルナル特集として借りた数作品の中、どれが彼の初監督作かわからず観進めたのだけど、なんとなくわかるものですね、はは。

メキシコの社会が抱える格差や差別、ドラッグといった問題を、富裕家庭の若者が集まるパーティーを通して描いています。
監督と主演を兼ねてるせいか、ガエルの魅力を活かすことは二の次で残念。
がい

がいの感想・評価

3.0
ワタシの中ではカーステレオやウォークマンから流れる曲の使い方がイイ映画にハズレ無し、、
のはずがコレはハズレ内かな、、
この人も監督やってたんだね 主演もガエル
始まりの1分はあらあらガエル監督イケるか?だったんだけど、、
豪邸に住むお坊ちゃま役のガエルくん
友達呼んでお酒にドラッグのどんちゃん騒ぎ
使用人やら妹も絡む一日のお話
ん〜〜なんだか惜しい。もっと奥底突くような作品が撮れる監督になりそうなならなそうな、、
ガエルくんトイレでラップも披露
しかしタバコの吸い方がイケテナイ なんか微妙にイケテナイ 何がマッツやヴィゴと違うのかよくわからないけど
そしてサッカー元アルゼンチン代表「バティストゥータ」の字幕を映画で初めて見てちょっと嬉しい作品でもあった 出来れば字幕「オリバーカーン」も見てみたい
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
「モーターサイクル・ダイアリーズ」で若き日のチェ・ゲバラを演じて世界的に好評を得たメキシコの人気俳優ガエル・ガルシア・ベルナル主演で初監督したメキシコ映画

酒にドラッグ、そして音楽でバカ騒ぎっていう、海外ドラマだと「The O.C.」とか古いのだと「ビバリーヒルズ青春白書」的なセレブなノリの青春像が描かれてる

ただ浮かれてる若者を描いてるのではなく、楽しそうに騒ぎながらも心は渇いている青年の心情も表現している

ただ、伝えたいことは解るけど初監督だけにまだ深さが足りないかな

俳優としてのガエル・ガルシア・ベルナルはかなり評価できるし、日本人ウケもよさそうなイケメンだから注目してほしい

ハリウッドとかからも引っ張りだこらしいけど、メキシコを愛してやまないガエルはメキシコから離れないから、なかなか日本に名前をとどろかすまでには至らないのがもったいない

まだ若いし、これからも期待できる俳優だね
みーや

みーやの感想・評価

4.0
楽しいふうに装う。
でも、頭の中はグルグルしてる。
解決策が見当たらない問題。

もっと子どもだったらとか、大人になれたらいいのにとか。親しい人にほど言えない心の内とか。うまくいかなくて苛々する感じ。よく分かる。
kohey

koheyの感想・評価

3.0
政治家息子が富裕層の友人らを招き、別荘で酒&薬物パーティー。バッドにワンナイトにO.D「あるある」で楽しめたが、社会的格差の部分を前面に出してもらえたらもっと好みに。後味ほろ苦い感じは好物。
boohjpn

boohjpnの感想・評価

3.4
別荘の入り口が、秘密基地みたいで、とっても素敵!
水の街

水の街の感想・評価

3.4
空っぽでもない少し大人の青春は、春過ぎて夏のBBQ。HIGH&LOW渦巻く正にパーティー、青く輝くプール映えする美男美女。何も考えない爽快感へ、プールに浮かぶ落ち葉の様に人種や貧富の問題提起。ずっとヘラヘラ、主人公クリスの小さな問題は八重歯くらい可愛い。遊び疲れた感覚とラストシーンが、ちょこっとビター。
Wakame

Wakameの感想・評価

3.5
メキシコに数年住んでいたことのある友人が、この映画に出てくるような日本人おるわーと言っていた。

こんなんいるなんてなんか恥ずかしいわーと思ってしまった。
kapo

kapoの感想・評価

1.9
ガエルガルシア初監督作品。
ガエルガルシアのファンだから、見れた。。。
題材はいいにしても、内容が。残念。
ア

アの感想・評価

3.0
ガエル初監督作品なんだよね。それだけで観たし、観れた。見どころはガエル(笑)
>|