マティアス&マキシムの作品情報・感想・評価・動画配信

「マティアス&マキシム」に投稿された感想・評価

映画の撮影でキスシーンを頼まれた幼なじみ男子2人がキスした事により情緒がかき乱されていく話。
人と話しながら観たので若干流し見です。すみません。二人の関係性に特化する話かと思いきや毒親の話だったり2人とは別の人の話だったりなんか思ってた感じとは違いました。2人を取り巻く環境が今こうなっているというのを説明したかったんだと思うけどもうちょっと内容絞っても良かったかなと。淡々と進んでいくので展開はあまり無かったかな。落ち着きたい時に観るのにいいと思いました。この監督さん気になってた方なので他の作品も観たいと思います。
Mika

Mikaの感想・評価

3.8
夕暮れ時のパーティー感がたまらんドラン作品。母親やっぱしっかり出てくるとこも好き。
Hanami

Hanamiの感想・評価

3.8
ドランのセンスが本当に素敵!と毎回思う。

母親との確執、友達との対立、仲間からの疎外、彼女との違和感、己との葛藤・・・

LGBTQの題材ではあるけれど、その他にも沢山の関係がもつれあっているところがドランらしいなと思う。

最後のマティアス、かわい〜♡!きゅん
Cohei

Coheiの感想・評価

3.0

久々のグザヴィエ・ドラン作品。

含みのあるストーリー…
なぜだろう、しっくり来ない…。

アザは何かのスティグマ?うーん…。

余談ながら…
ラティアスとラティオス…?
などと思ってしまったのは、ここだけの話…。
みき

みきの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

そんなに小ちゃな頃から…!??!
だから、マティアスとマキシムなのか。

キスがキッカケじゃなかった。

それで、あの葛藤の中での、キスだったのかと思うと、マットの心境を勝手に想像してしまう。

いい仲間たち。
てん

てんの感想・評価

3.4
フライヤーのキービジュアルは、赤と青の対比が効いててすごい好きだけど、全てのシーン
sowatter

sowatterの感想・評価

3.9
amir / j'ai cherché
arcade fire / signs of life
britney spears / work bitch
half moon run / devil may care
phosphorescent / song for zula
Haruko

Harukoの感想・評価

-
個人的には、グザウィエ・ドラン出演作品の中で、今作が1番好きな演技でした!!

家族が、友達が、食卓を囲むシーンを撮るのが上手い。

想像してたより面白くてびっくり!
ドラン演じるマキシムが ラブ〜 かと思ってたら、マティアスが ラブかも… ってなるのか!

毒親との会話すごかったな…
マカロニパスタからの、ライター返せからの、スイス風パイからの、リモコン投げ、、、お嬢ちゃん〜って煽るのは反則。

アザは、事故でできたどうのこうのじゃなくて、家庭の象徴 って誰かがコメントしてて、確かにそうだな…と思った。

マティアスのトロントから来た同僚も、連んでる連中も、親も、みんなやばい。

ソファの端と端に座って、なんだよ ってニヤニヤしちゃうシーン可愛かったな。

マティアス、友達思いの親、美人な彼女、最高の友達に恵まれてるけど、これはもしかして…どうしよう…って葛藤するシーン(泳ぐ 家に帰るか迷う)が長すぎて少し退屈。
mとmの農場 7歳(?)って書かれた絵があったけど、二人が噂になったのは高一だし、わざわざ絵のシーン必要だったのか、って思った。二人が親密なのはマティアスの親の感じで分かるし…。

最後のシーン、良い結末だよね!って思わせてくれて良かったし、欲を言えばその後も見たかったけど、丁度良いです。
幼馴染の男二人が、友人の妹に頼まれて、自主制作映画に出演して男同士でディープキスをするシーンを撮影することになる。それ以来、二人はお互いに意識し始め……。
なんとなく「あれ、俺なんでこいつにドキドキしてるんだ……?」系ラブコメを想像していたら、ひたすら葛藤しまくる話だった。ドラン監督演じるマキシムの方の心情はあまりわからなかったのだが(お前が良いなら俺は喜んで受け入れるよ系だったのかな?)、マティアスの心の荒れようが見ていて痛々しくなるくらい描かれている。俺には彼女だっているのに、どうして男の友人にこんなに心を乱されるんだ……⁉︎系ですかね。
また、マティアスとマキシムの間のあれこれ以外にも、マキシムと心を病んだ母親との関係や、その他にも生きづらいなぁって思うシーンがちらほら。そして、そんな生活の中、気の置けない友人とのパーティーシーンの猥雑でうるさい感じが活きてくるのかなぁ。
画面の構図が美しいので、常々眼福ではある。
中の下

この監督の作品を2つ見たけど、どちらも物語の為にキャラの感情があるように感じてしまった
多分これらの作品の方が普通の映画より自然な感情の動きなのかもしれないけれど、あまり明確に示されないからストーリー先行に感じてしまうだけかもしれないけど。

ストーリーの軸があまり見えなかった
>|

あなたにおすすめの記事