青春の輝きの作品情報・感想・評価

『青春の輝き』に投稿された感想・評価

割と面白かった記憶。

後の大スターが脇役で出てる。
知らずに見てびっくりしたが、
この頃から演技力は流石です。

エリートたちが学ぶ名門高校を舞台に、8人のクラスメイトの姿を描く青春ドラマ。

1955年、ニュー・イングランドの大学予備高校の名門セント・マシューズにフットボールの奨学生デイヴィッドが編入した。最終学年の転入、そして労働階級の出身ということで多くの生徒から注目されていた。ルームメイトのクリス、フットボール部のチームメイトであるリップ、コナーズ、ディロン、マクギヴァンら口は悪いが気のいい仲間たちがデイヴィッドの友人になった。

当時の若手の注目俳優たち。
みき

みきの感想・評価

3.6
ずっと見たかったのやっと遠くのTSUTAYAに行けて借りてきたよ〜〜〜! 1/11

マット・デイモン、ベン・アフレックがとっても若くて可愛い!主演はハムナプトラのブレンダンフレイザー。
ユダヤ人の嫌われっぷり、差別されっぷりがヤバい
それを隠して金持ち学校に転入する男の子の話
差別はあれど話はわりとベターな青春の1ページだけどとにかくキャストが豪華で私は満足!面白かった!
chip

chipの感想・評価

3.5
豪華キャストです。

「グッドウィルハンティング」でブレイク前のマット・デイモンとベン・アフレック、そして大好きなクリス・オドネル…
主人公のユダヤ系フットボールプレイヤーは、ブレンダン・フレイザー、
「ハムナプトラ」前は青春ものにも出ていました。
「きっと忘れない」が好きです。


街で「理由なき反抗」を上映していました。
1950年代の話なんですね~
ミシシッピー州の田舎町からフットボールで名門校に入ったデイビッド…
故郷の友人たちが皆オールバックの髪型で、耳にタバコを挟んでいました~白いTシャツにジーンズで…
そんな時代。。
アメリカでもユダヤ人をこんなに差別していたことに驚きました。
ニューイングランドの名門校で、ユダヤ人であることを隠していたディビッド。
それがばれた時…
皆が一気に離れていきました。。


マット・ディモンが卑劣なお坊ちゃま役でした~
ピッタリでした、😅
フランス語の先生から生徒が追い詰められるシーンでは、
「いまを生きる」を思い出して、辛かったです。。


ダンスパーティーで…
「精霊の空間作って…」と二人の間に風船を挟む先生がいました。
そんな時代。。
SALLY

SALLYの感想・評価

3.3
キャスト陣みんなすごい若い!!
ユダヤ人への差別は根強く残ってるんだなと感じた。Dead Poets Societyぽい雰囲気も感じた
matsu

matsuの感想・評価

3.8
アメリカの名門高校とその寄宿舎での高校生たちの生活、友情や裏切りなどを描いた映画!!

マット・デイモン、ベン・アフレックなど有名俳優たちが超若い!!

戦後何十年もたつのにユダヤ人差別があんなに残っているなんて…差別がひどくてずっと怒りながら見ていました。

ストーリー的にはまぁまぁな感じでしたが、キャストが豪華なので非常に楽しめました。
え

えの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なくていい争い、脈々と受け継がれてきてしまったもの、結局は個々の人間の問題だと気付いているはずなのに、ドラマとして見せられる以上の現実があったということ
●戦後のアメリカ(映画の舞台は50's)でユダヤ人ってこんなに差別されてたんだ…という事実が衝撃的でした。知らなかったもので
●いまでは有名どころな面々がいっぱい出てますねー。みんな若い
●子供の頃大好きだった“原始のマン”と同年公開だったのね
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.9
1955年、アメリカ・ペンシルベニア州生まれで労働者階級出身のユダヤ人青年、デヴィッドは、アメリカンフットボールの奨学生としてマサチューセッツ州の名門校で進学校のセント・マシューズ高校に最終学年にして編入する。そこは苦労知らずの上流階級だらけの学校だった。ユダヤ人への偏見が多いこの時代、自らユダヤ人だとは言えず、隠し続けて生活するが、、、。

高校生活という青春にも関わらずデヴィッドは自身のバックグラウンドを必至に隠して生活。彼が通う高校は苦労知らず育った上流階級ばかりいてしかもユダヤ人を嫌っている。ハラハラした高校生活を送る。

その中でプレッシャー耐えれず自戒を崩壊する人いたり、カンニングが発覚して不利な状況に追いやられたりと空気の重たい作品でした。

良い社会派作品として楽しめました。
666

666の感想・評価

3.5
性格悪いジェイソンボーンがユダヤ人のハムナプトラをいじめる高校生活

バットマンとロビンがクラスメート
バットマンのセリフは二言

シャワー室、ハムナプトラとジェイソンボーンの裸の戦い
超強い(暴力的)ハムナプトラ
頭脳派(ズル賢い)ジェイソンボーン
>|

あなたにおすすめの記事