サンタが殺しにやってくるの作品情報・感想・評価

『サンタが殺しにやってくる』に投稿された感想・評価

会社でイジメられてるハリーくん
クリスマスの夜サンタに扮し良い子にプレゼントを配りつつ自分の嫌いな人間を殺しちゃうって話

殺人シーン足りない…邦題だけど『サンタが殺しにやってくる』だよ?悪い子をもっとやらなきゃ!
あとイジメてくる大人に復讐じゃなく子供を殺しに行ったら返り討ちに会うってホームアローン的な映画だったら良かったのにな
記録。
聖夜の返り血。

季節柄TLにクリスマスムービーが溢れかえる今日この頃。ほっこりするレビューに心洗われ、よし自分も!とは思ってみたものの選んだのは何故かコレでした。

幼少期にサンタ(の格好したパパ)がママの股ぐらに顔を埋めている姿を目撃して以降、異常にサンタへの執着を持つようになったハリー。おもちゃ工場の管理職として働く彼は自らサンタとなり、良い子へのプレゼント配りと悪い大人(自分基準)の粛正に乗り出す…。

その邦題の通り、サンタのコスプレしたオッさんが人を殺す内容で、聖しこの夜に真っ向から中指立てるような反骨精神は見上げたもの。40年前の作品であることを踏まえるとなかなかロックじゃん。

とはいえ、それほどサクサク殺っていくこともなく、主人公である殺人サンタことハリーの鬱屈した日常の居た堪れなさと、なんか特有の気持ち悪さが印象に残る。

なかでも、近所の子供たちの部屋を覗き「良い子帳」「悪い子帳」にメモするハリーはかなりの事案。エッチなグラビア好きのモス・ガルシア君は目をつけられているので、同じ趣味を持つ良い子は控えましょう。

どちらかと言えば地味で爽快感に欠く作品なんだけど、不安を煽りまくるキモい劇伴とハリーのねっとりしたキモさが絶妙にマリアージュしてて、クリスマスの煌びやかな雰囲気を台無しにすること請け合い。

最後の最後でメルヘンチックになるのは腐ってもクリスマス映画といったところでしょうか(笑)

今でこそ同系統のホラー映画はそこまで珍しくないけど、ひょっとすると殺人サンタをテーマにした映画の中では最初期のものなのかもしれません。

あ、そうそう。
サンタクロースの衣装って赤いですよね。
その理由って一説によると…。
豚肉丸

豚肉丸の感想・評価

3.5
幼い頃に両親がサンタのコスをしたまま性交している光景を目撃して以来サンタに溺愛している男が、サンタになって気に入らない人を殺していくお話

このあらすじとタイトルだけ見るとスラッシャー物かと思ったが、全然違った。子供の頃の純粋な気持ちを抱えて成長した結果、社会からも家族からも疎外された悲しい男のお話でした。
序盤は社会から迫害され続けて徐々に男が狂っていく...っていう感じ。隣のマンションに住む子供を観察しては、「良い子」「悪い子」に分別するシーンがかなり良い。
「悪い子」という判断も主人公の価値基準によって決まるため...グラビア雑誌を読んでいる子供も「悪い子」に認定されてしまう。子供なら仕方がないよなぁ!
そして話は、男がサンタの格好をして殺人をする中盤に進むんですが...ここが一番面白くない。
序盤で期待してしまったからなのか、中盤の退屈さが半端ではなかった。

終盤は結構自分好みの展開でなかなか楽しめたが、肝心の中盤が退屈...
ストーリーの内容も展開も、いくらでも面白くできそうではあるんだけどなぁ...
終盤が良かっただけに残念。
まあ、「スラッシャー物では無い」ってことを頭に入れた上で鑑賞したらちょっとは楽しめそう。
nabe0121

nabe0121の感想・評価

2.6
そんなに殺されません

子供のまま大人になった感じで周りからは馬鹿にされいつのまにか復讐するって感じです

ラストシーンは良かったです
LeMasT

LeMasTの感想・評価

2.0
ごく普通の、子供の夢ぶち壊し系殺人サンタクロースのお話でした。
小さい頃これを観て育ったので
いい子にしていないとサンタさんに殺されるという認識でした
季節はずれの映画が続いてすみません🙏

1980年 アメリカ🇺🇸ホラー

子どもの頃にサンタクロースに扮した父親と母親がSEXしているところを目撃して以来異常にサンタに執着するようになってしまった中年オヤジがブチ切れて殺人サンタになっちゃうお話

おっさんがサンタクロースになる事を夢みて家ではサンタのコスプレ
近所の子供たちを双眼鏡で監視して「良い子」「悪い子」に分けて何をしたかをノートに記録

どうみてもキモいヤバい奴

職場の部下から舐められ、実の弟からもバカにされ、ストレスMAX🔥

本当のサンタになってやる‼️

と決心してからの行動がオチャメ
サンタコス🎅をせっせと縫い、白いバンには赤いソリの🛷を綺麗に描いて準備

その後はもう言っている事が支離滅裂で🤣
気に入らない奴は殺しちゃう
全くもって訳がわからない展開

グダグダのまま、最後の最後が何故かファンタジー✨
ほのぼのとした気持ちになったのでスコア甘めです🎄
過去記録
いまだに覚えてるんだから、なかなかおもしろかった記憶
ぺ

ぺの感想・評価

2.5
母親とサンタの情事を目撃しトラウマになってしまった少年。
大人になってもトラウマは解消されず、同僚やガキンチョにも馬鹿にされ遂には自らがサンタとなり人々を殺し始める。
クリスマス映画というより社会が生み出した中年おっさんの悲しみ映画ですね。
フランケンシュタインぽさもあり。

面白くないけどラストシーンのセンスだけは抜群。
horahuki

horahukiの感想・評価

3.2
サンタの格好をした奴に気をつけろ!

12月はクリスマス①

幼い頃、ママとサンタに扮したパパがヤッてるとこを見ちゃったトラウマと、兄ちゃんにサンタなんて居ないよと言われたショックでイカレた主人公が大人になって殺人サンタに変身するスラッシャー。

まずはクリスマスホラーの定番から。初めて見たのだけど、もっとハイテンションなスラッシャーかと思いきや、『マニアック』のようなダウナーな主人公の雰囲気がクリスマスに湧く周囲の空気感との温度差を強めていて、暗い気持ちになる悲しげなお話だった。

サンタを信じる主人公は、自らサンタになって良い子にはプレゼントを悪い子には変なものを渡す。そして自分を馬鹿にする奴はぶっ殺すという危なすぎる存在。実際にはそれほど殺しは行わず、サンタへの執着に囚われすぎた主人公の内面的なカオスを深掘りしていくような内容。

両親のヤッてるところを目撃して狂うのは同年の『ナイトメア』と同じ。流行りだったのかな。主人公にとってのサンタは幼さの表象でもあるのだけど、子供への無償の愛情だったり大事に思う心を象徴するものでもあって、子どもを大事にしているようで利己的でしかない大人の汚さへの反抗でもある。

「サンタ」を否定する兄との問答は、まさに人の中の善が存在するのかどうかの問答であり、「サンタ」を証明したい=兄に認められたいと願う主人公の必死の訴えと問答無用で「狂ってる」と切り捨てる兄との会話は悲しくなる。

だから「サンタ」という純粋に子どもを思う存在を幼さとイコールで結びつける本作は凄く厭世的。更にはその思いがファンタジーへと転化するラストもそれに拍車をかけている。ただそんなに面白くなかったのは残念…😅
>|

あなたにおすすめの記事