花より男子(だんご)の作品情報・感想・評価・動画配信

『花より男子(だんご)』に投稿された感想・評価

memoria

memoriaの感想・評価

3.0
原作が大好きで日韓中とドラマも観てきて、古い映画だから仕方ないけどチープで無理やり感凄かった。
でも配役は日本のドラマよりは好きかもしれない。谷原章介の道明寺も悪くなかったし、藤木直人の花沢類も演技は微妙だったけどイメージ的にはぴったり。
藤原紀香とか清水ミチコとか脇役も今見ると豪華。あとは元アイドルとか、某少女漫画ミュージカル女優とか個人的に知ってた演者が出ていて観ていて楽しかった。
いろいろツッコミ所満載ではあるが、あの時代ならではの花男実写版として観てみるのは有りかも
mi

miの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

棒読みやしカタコトやし服ダサいし大学生にしては幼すぎるしツッコミどころ満載だったけど、ドラマあんなに長かったのを80分にしようと思ったら確かにそうなるし、若い藤木直人が信じられないくらいカッコよくてかわいくて王子様すぎてどうでも良くなった、私は藤木直人と小栗旬がいい、完全に花沢類派。でも、動物性タンパク質無理なのは無理かも
cony

conyの感想・評価

2.7
内田有紀は何となく知ってたけど、谷原章介と藤木直人も花男やってたなんてびっくり。
2人とも今もかっこいいから当たり前やけど、めちゃめちゃスタイル良いし男前すぎる。

どんな感じか気になって観てみたけど、物凄く時代を感じる、、演技も演出も(笑)

道明寺が天パじゃないし、静さんがカタコトすぎて気になったなぁ〜(笑)#70
moonpie

moonpieの感想・評価

3.0
みんな若い⛅️セリフが棒読みだけど藤木直人の花沢類もかっこいい🐿
漫画もアニメも松潤達のドラマも好きだったな〜

🍡🍒🌕🌊💃🏻🕺🏻

2022→156
KaraP

KaraPの感想・評価

-
https://karakawamakoto.themedia.jp/posts/6897804

意外に知られていない、内田有紀さんバージョン「花より男子」。

なんと私これ、リアルタイムで「ららぽーと」のシネマで観たんですw 「白鳥麗子でございます!」と併映。

自分的に「ちゃんと映画館で映画を観る」という行為自体が久々だったので、スゴく期待していったのだけど、映像がなんと「ハイビジョン」撮影で、映画ぽさがなくて当時はがっかりしたなあ。今なら「映画風に加工」するのではないかなと思います。


というわけで24年ぶり!に再見。

内容だけど、ほぼスッカリ忘れていました。でもスゴく覚えてることが一つだけあって、それは「F4」と呼ばれる「イケメン男子チーム」のメンバーです。当時彼らは「ほぼ無名」の4名で、観てた私も「これ誰???」ってずっと思ってた。誰だかわからない連中にしては、演技や存在感も妙に派手で圧が強く、なんだこれ?ってずっと思ってたの。

で、そのことだけずっと憶えてて、2年くらいあとになって妙に気になって調べてみたのです。そしたらですね。

そう!「谷原章介さん」と「藤木直人さん」だったのです!

これがデビュー作だったみたいなんだけど、いろいろ検索してみても評判は悪くもないので、黒歴史にはなってないみたいだから、そこは安心した。

そう考えると、貴重な「新時代の始まり」の目撃者になれたんだなあ…と感慨があります。ほんと頑張って出世してくれてよかったです。

原作のマンガを知らないのでよくわからないのだけど、こういうキャラで合ってるのですかね?笑。野獣ぽいキャラは谷原章介さんぽくなくて、そこが面白くはあります。

赤い服の方は元アイドルの坂上香織さん。この頃よくフジテレビのドラマに出ていた。

F4全員がお坊ちゃまなのですが、バイオリンを嗜む藤木直人さんはナルな感じがハマってましたよ。

谷原さんにも藤木さんにも何故か惚れられてしまうという「おきゃんな」内田有紀さん。パンピーという設定だけど、それよりは「ちょっと野蛮」すぎる気もする。

そんな藤木さんにはフィアンセぽい女性が居ます。帰国子女ふうなお嬢さま。

F4メンバー、左の方は「橋爪浩一さん」。残念なことに近年、事故で亡くなってしまったそうです。

パーティ会場へ向かう。

お嬢さまと内田有紀と、どっちを選ぶのか迷う藤木さん。

そして谷原さんと藤木さん、どっちを選ぶのか迷う内田有紀さん。

ほんとに好きなら追いかけて行け、と言われ空港へ。

そして、こちらは谷原さんで大団円。


今回ひさびさに見返してみて「ああ!これか!」と思いだしたことがあります。それは「人を追いかけるのに資格なんか要らない!」というセリフでした。当時の私、これを印象強く憶えてて、家に帰ってからメモしてたんですよ。今でもそのノート残ってます。どこからの由来なのかスッカリ忘れてたけど「この映画からでしたか!」とびっくり。思いがけないタイムカプセルになりましたね。


あと思ったのだけど、内田有紀さんでなく別の人だったらどうだったのだろう?と。この当時「アイドル女優さん」みたいな人があまり居なかったんですよね。この翌年に広末が謎の大ブレイクをするのだけど、そういう「アイドル女優の少なさ」という事情もあったのかも知れません。

そういう意味で、内田さんはあまり「アイドル女優」という感じもせず、またこの当時はお芝居もあまり上手くもなく、なんだか無理してる感が全体から伝わってきて、痛々しくて可哀想だったです。
若かりし頃の藤木直人を見るために観ました。藤木直人イケメンすぎ...
演技が下手くそでもいいです。かっこいいから笑

静さんは「圧倒的美!」という感じではなかったのですが、宝塚のようなお嬢様感が出ててよかったです。英語もペラペラでした。逆に日本語が少し怪しかったので多分帰国子女を起用してたのかな?

でも全盛期の花男と比べてしまうのでそりゃそうよなって感じです。
こナツ

こナツの感想・評価

3.3
2005年版ドラマがドンピシャ世代なので、色々衝撃的だし何よりバブリー🕺🏻

色黒髪ペタ+上裸ジャケットの道明寺(谷原章介)、なんか棒っぽい花沢類(藤木直人)、美作と西門に関しては誰〜〜〜ッ
東堂静のポスターにキスする花沢類なんかきち〜〜ッ

なぜか静がカタコトで、アグネスチャンの「天神、天神、天神〜!」のCMみたいだった。(笑)

最後はTRFが全部持っていきましたとさ💃🏻

105/2022
2005年ドラマファーストシーズン放送時、父親のパソコンで花より男子について調べていたら1995年に映画されていることを知るも、この謎のセピアっぽいベリーショートの内田有紀のビジュアルしか出てこず「一体どんな映画なんだろう…」と思っていたが、17年の時を経てU-NEXTで出会った

衝撃に次ぐ衝撃。90年代のフジテレビが、なんか最近ちょっと流行ってるらしい少女漫画に目をつけて誰も原作読まずに作った映画という感じの歴史的資料。
信じられないくらいかわいい内田有紀の信じられないくらい原作無視した牧野つくし像。内田有紀と同レベルに信じられないくらい麗しい藤木直人の信じられない棒演技。信じられないプロポーションをした谷原章介の、コミカルに振り切った道明寺(常に上裸)は不思議と嫌いじゃないです。いじめっ子軍団のひとりである藤原紀香。カタコトの静さん。道明寺がパーティーのためにつくしをドレスアップさせる店の店員に清水ミチコ。最後は全員でTRFを踊る。その時に一瞬映る藤原紀香の輝くノリノリ紀香ぶり。
最後に全員でTRFを踊る映画だと誰か教えてくれていたらあと10年は早く観たな。ここに書いてあることがすべてです
最後trfで踊るんだよねぇ。
そこしか覚えてない。
今また見たい!!
ゆう

ゆうの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

大爆笑しながらみた
セリフ酷すぎて時代を感じた
藤木直人かっこよすぎてらぶ、、、、

あなたにおすすめの記事