HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスの作品情報・感想・評価

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス2016年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

3.3

あらすじ

パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせている中、狂介は相変わらず愛子のパンティを被って悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に二人の心はすれ違い始める。 一方、同級生の真琴正は、気づかぬうちに愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていく。愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる。 アブノーマル…

パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせている中、狂介は相変わらず愛子のパンティを被って悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に二人の心はすれ違い始める。 一方、同級生の真琴正は、気づかぬうちに愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていく。愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる。 アブノーマル・クライシス すべてのパンティが消えた時、変態仮面の運命は…

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」に投稿された感想・評価

おかゆ

おかゆの感想・評価

3.5
なにも考えずに見られる最高のアホ映画。こんな最高のアホ映画に、最高に気合いの入った肉体美を見せてくれる鈴木亮平は最高の俳優だと思います。
安田顕の振り切った変態役もたまらない
なぜ、この漫画を映画化したか。

考える前に一度見てごらん🤔
べすお

べすおの感想・評価

2.6
スパイダーマンを見てたら
より楽しめる作品。

でもストーリーがオマージュ(パロディ)
ありきで進むから、
展開が無理矢理すぎるのが残念!
1の方が面白いかな。

関係ないけど変態仮面の
鈴木亮平を見すぎて、
西郷どん見ててもパンティが
ちらついてしまう。
なんだか申し訳ない…笑
前作を観てからの続編。

いい意味でCGを無駄に使ってるし、前作に引き続けてのキャラも良かった。新しく柳楽優弥くんも加わって、より面白かった。

ただ、これ前作のように高校生時代でやってほしかったなあというのが正直なところ。女教授もわかりやすすぎた…前作が良かっただけに、というのはよくある話。
KOU

KOUの感想・評価

2.0
前作が良すぎる。
いろんな映画のオマージュというかパロディというか、、(特にスパイダーマン)
なんか色々な設定を詰め込みすぎて最終的によくわからない物が出来上がってる。

柳楽優弥は頑張ってたし、清水富美加は可愛いから何とか観れる。

終始退屈だったけれど、”大金 玉男”っていうキャラクター名が出る度に笑ってしまう。笑

このレビューはネタバレを含みます

クソ映画かと思ったけどツッコミどころの多い映画で面白かった。ヒカキンと瀬戸弘司が出てきたのは驚いた。
エクストリームエークスタシ〜
地獄のお稲荷コースター
とも

ともの感想・評価

3.1
くだらなさは前作よりパワーアップ⤴️ハードマックス!(◎_◎;)CGも全開です。
まずムロさんに笑
相変わらずの変態仮面のひとり言に笑
後半は安田顕さん出てきたりスパイダーマンみたいなったり、そしてムロさん!
前作よりおもしろかったー(^ω^)
高校編→大学編ときたら是非続きが観たい!フォー=(^.^)=👺👺
前作とは結構別物。

彼女がいることで変態仮面の魅力ってちょっと下がってしまいますよね。想像し過ぎなのか、変態じゃない貴方が好きなんて彼女に言われるのですが、セックスではその変態性が出てないのかな?とか、前作より周囲に人間がいるリアルな生活もある分、性へのリアリティ面が気になっちゃったり
若さゆえの性へのフラストレーションがパワーになってるみたいな説得力が失われてたり

前作もそうですが、あからさまなギャグ描写より節々のさり気なさに笑わされてしまって、序盤の彼女に浮気を疑われ、いっそのことなら色んな女と浮気して全員にバレて責め立てられるのが興奮するのでは無いかという思考の持っていき方とか笑っちゃいました。
全体的に前作よりギャグ演出が抑えられており、全体のトーンは好みでしたが
逆をいうとあからさまな笑わせポイントのくだりが酷く長く感じたり、前回同様テンポの悪さが気になりました。

あと今回は最早変態とかあまり関係ない気がして、元々小学生レベルの記号的な変態を並べてるだけだったのに、今回はただ必殺技が下品なだけのヒーローになってて残念だったり

あともう超個人的な有ったらいいなレベルの話なのですが、アニマル柄のパンツをかぶってヒョウみたいなエフェクトを入れるなら、かぶる柄によって必殺技や戦い方が変わるみたいなヒーロー物の楽しさが有ればいいなーなんて思いました。
あけましておめでとうございます!!2018年初映画は変態仮面アブノーマルクライシスですよ!!ふおおおおおおおおおおおお!!!まあ完全に年末にガキ使の笑ってはいけないを見て影響された事がモロバレですが新年が変態で始まるのも乙なものですよ。

相変わらず女子のパンティーを顔面に被ることで正義のヒーローに変身する変態以外の何者でもありませんが変態コンバットのキレは前作以上。敵の顔面を自分の股間を押しつけて倒すのは当然として戦闘の合間の一つ一つの仕草と間がもう変態だ。完全に変態として昇華してる鈴木亮平の役者魂よ。今年の大河ドラマはこの変態が主役なのであしからず。

さらに前作で変態仮面以上の変態っぷりを披露した安田顕さんが変態ジジイ役で再出演。全自動鞭打ち機で尻を叩かれ喘ぐジジイ声がリアルすぎてザワザワしちゃいます。こんな変態しか出ない作品だけど一応日本が誇るジャンプヒーローだから!!アメリカでいえばマーベルヒーローと遜色ないから!!いつか「スパイダーマンvs変態仮面」とかやってくれるのを本気で夢見てます。
前作の方が…面白かったかなぁ🤔🤔
あんなに特殊効果(VFX)のシーンはいらなかったと思うんですがね?
>|