襲い狂う呪いの作品情報・感想・評価

「襲い狂う呪い」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

3.0
いつか買おうと思ってたやつなんですけど、まさかのレンタル開始!レンタル開始日に早速TSUTAYAに行ったんですけど、近所の3店舗全滅…(^_^;)私が住んでる地域で最大規模のとこにもない…。時間かかりましたが、取り寄せできて良かった〜(*^^*)

あらすじ…
彼女に招待されたので、遠く離れた彼女の実家に向かう主人公。街につき道を尋ねると、その家の名前を出しただけで皆が怖がる。タクシーは乗車拒否、道順も誰も教えてくれない。なんとか歩いて辿りついたのは荒地にたつ古風なお屋敷。彼女との再会を喜ぶ主人公だが、屋敷の異常さを感じ始め…という話。

ちなみに原作はHPラヴクラフト『異次元の色彩』。ラヴクラフトは全集1と2しか読んだことないので原作は全く知らないんですけど、かなり改変されてるようです。

病気で臥していて、娘をこの家から助け出してくれと主人公に懇願する母親。主人公を家に入れたがらず追い返そうとする父親。今は亡き先代の肖像画が浮かべる不気味な表情。決して入るなと忠告される地下室。そして時々どこかから聞こえてくる悲鳴のような異様な叫び声。こんなゾクゾクするような最高なシチュエーションなのに、イマイチ盛り上がらないんですよね〜(^^;;

徐々にこの屋敷の秘密が明かされていくんですけど、何というかスリリングさがほとんどないんです。屋敷の主人からしたら、招かれざる客のはずの主人公が何の問題もなく居座れるし、屋敷主人側から主人公を追い出そうという必死さがあまり感じられない。ただ単に迷惑な客が来た程度のレベル。それに屋敷側の事情を序盤から見せすぎな気がします。そのせいで得体の知れない不穏な雰囲気が薄れてしまってるような。

それと、この話の根本にあるおぞましさの原因があまり描かれてないのもマイナスな気がします。匂わす程度で良いんですけど、さすがに描かなすぎな気がして…。未知のものに対するワクワク感が生まれる前に終わっちゃった印象。

でも面白いのは、コズミックホラー的な雰囲気を出しながらも〇〇〇という現実的な恐怖を描いているところ。その描き方が現代とは違いますが、漠然とした計り知れない脅威かつ、憑かれて虜になってしまうほどの甘美なものでもあることを示してるのがうまい。

それとクライマックスの温室での展開のインパクトが凄かったし、その後の光り輝くアレのビジュアルもなかなか良かったです。そんな感じで面白いところもあったんですけど、期待したほどでは…って感じでした(^_^;)
Scum

Scumの感想・評価

3.4
H・P・ラヴクラフト原作、異次元の色彩(The Colour Out of Space)の映画化。