雷神-RAIJIN-の作品情報・感想・評価

「雷神-RAIJIN-」に投稿された感想・評価

途中から中国のアクション見てる感じでサスペンス特有の追い詰めてってる感じのハラハラしないし何これって感じです。最後のおっぱいシーンは本当に誰得なのか…時間無駄にした感がすごい
吹替鑑賞。

安定のセガールアクション。彼は
武器を持った時より素手の方が戦闘能力高い気が…

回想シーン出しときながら、そこはノータッチはないでしょ…
とまと

とまとの感想・評価

2.0
あまりにもセガールがサイコ刑事すぎて、実はセガールが犯人とかいうオチかと思ったらそうじゃなかった。
アクションシーンでの謎のカット多用。
最早お前が犯人だろと言いたくなる猟奇的な捜査手法。
謎の子供の頃のトラウマフラッシュバック。
やたらありすぎるガラス。
いい雰囲気な一緒に住んでる謎の同僚女性。
そして最後の謎すぎるオチ。
謎が謎を呼びすぎて、逆にサスペンスとかそういう括りにしてもいいかもしれない。
セガール出演31作目。雷神の異名を持つ敏腕刑事と猟奇殺人犯達との戦いを描く。占星術の暗号を手がかりに異常者を追い詰めていく展開は、まさにセガール版『ゾディアック』だ。主人公がチンピラ相手に苦戦しすぎ、スタント依存率も高くホラー演出のカット割りもくどい。だが主人公の過激さはシリーズでも上位に入るし、セガール自らが手掛けた脚本も『グリマーマン』を彷彿とさせ、復讐劇が増えた後期作品において異彩を放つ怪作となっている。幼年期のトラウマや女捜査官の推理で伏線を提示しておきながら、意味不明な結末を迎えるのもツボ。

(鑑賞メーターより転載)
非情なセガールアクションです〰️(・∀・)v!

やられたら、やり返す‼️( ;∀;)おお!死ぬ‼️( ;∀;)

ラストは最初で戦った男が出所してセガールの彼女を殺す‼️

セガール「大きな間違いだぜ❗ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ

悪党「あはは‼かかってこいよ‼️

セガール「殺してやる‼️(o゚∀゚)=○)´3`)∴(o゚∀゚)=○)´3`)∴(o゚∀゚)=○)´3`)∴(o゚∀゚)=○)´3`)∴
RYO

RYOの感想・評価

2.5
序盤からエンジン全開でフルボッコにするセガール。
少しやりすぎなシーンがあって犯人に同情するとこがあったがやはり見ていて気持ちいい。
だが、ストーリーが最悪だった。
小さい頃のシーンを何度も映したのは何の意味があったのか。
あの時の犯人に復讐するみたいな展開なら分かるがそうでもなさそうだった。
あと恋人が殺されたと思ったら最後嫁さんと子供出てくるしどうなってんだよと。
アクションシーンが良かっただけに残念だ。

セガールの最近のやつって
ハズレ多い気がします。
☆★★

最早その存在自体が“お笑い”の域に達して来た感のあるスティーブン・セガール。
今回は、俺の見間違いでなければ脚本まで担当。

映画は子供時代のトラウマを抱えるはみ出し刑事にセガール。
まさかこの男の子が将来のセガール?
嘘だ〜。

気を取り直し行こう(笑)
はみ出し刑事だけに冒頭からはみ出しエピソードが!
簡単に犯人を挙げるセガール。
酷い本だな〜。だれか止めろよ(笑)

更に酒場での格闘・銃撃戦へ。
出た!今ではセガールの代名詞。カメラに向かっての猫パンチのオンパレード(苦笑)
大体アクションスターで在りながら、正面のアップ以外は明らかに全てスタンド・インと分かるアクションスターにあるまじき体たらく。
肥りすぎて動けないのならアクションスターの看板を素直に下ろせよな。全くもう片腹痛いわ(怒)
この時の銃撃戦と中盤の銃撃戦は、「お前の拳銃には銃弾がどれだけ詰まっているんだ…」状態。
(どちらも一回銃弾を詰め替えるが)
時々同じショットを何故か2度続ける編集は一体どうなんだろう?余り効果的とは言えない気がするが!

映画は宣伝で《セガールの『セブン』》と謳っているが、中身はFBIの女捜査官が加わる事で、更に『羊たちの沈黙』の要素をも取り込む貪欲さ。
難しい暗号もセガールに掛かれば…ほら、あっと言う間に犯人へと近付いてみせる。
ナイスご都合主義。もう好きな様にやってくれ(苦笑)

そして遂に犯人と対決。
その前に犯人が仕掛けたセガールへの罠は、何の成果も見せずセリフのみで終了。

バカ過ぎる内容!

そして、そして。自分にトラウマを与えた真の敵との対決へ。
ここまで執拗に過去のトラウマ映像を盛り込んで、観客に訴えて来たその想いをセガールお前はどう思っているのか?
何の感慨深い表情も見せずに終了。
あ、そうか!どうせ正面画面以外はスタンド・インだもんな(怒)

最後の最後唖然とさせるエ○ソ○ドが在り、思わず椅子から腰が砕け落ちる。
全くお前って奴は…。

(2009年2月14日銀座シネパトス2)
Ryuji

Ryujiの感想・評価

2.0
これ一体なにがやりたかったん?あの暗号とかトラウマとかいる?FBIの女も別にいらんやろ。つーか、アクションほとんどスタントじゃなかった?自分で動けよ、セガール!吹き替えはわりと秀逸だったんだけどな。
abdm

abdmの感想・評価

3.0
沈黙を破り雷神と化した漢の中の漢、スティーヴンセガールの今回のお遊び相手は映画『セブン』を観て感化されたのか、同じような犯罪手口で悪あがきをする2人の男。

セガールに喧嘩売ったらダメだよみんな。