負け犬の美学の作品情報・感想・評価

「負け犬の美学」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

☆☆☆★★★

ジャンルは違うのだが。その当時は、単なる地味な中堅レスラーだった男がマイクを手に取って叫んだ!

「藤波!俺はお前のかませ犬じゃないぞ!」

それが、どれ程リスキーな事なのかを当然の如く知りながら。

《負け犬が狼に牙を剥いた瞬間だった》

この映画の原題は【スパーリング】

チャンピオンの練習相手…とゆうのは聞こえは良いが、要はサンドバックの役目に近い。
尤も、ある程度の力量が無ければ務まらない。
大体は、優秀な若手ボクサーが指名されるケースが多く。過去には、逆にチャンピオンのスパーリングパートナーで有りながら。チャンピオンを圧倒するボクサーも居たと聞く。


主人公の戦績は48戦 13勝3引分32敗と、かなりショボイ。
おっと!また負けたから33敗だ。次が50戦目。

家族を養う為なら必死だ!彼を突き動かしているモノ。それは、娘が《持ってる》事を信じる気持ちに他ならない。

生活の為。娘の為に、何とか辿り着いたスパーリングパートナーの仕事。
だが現実は残酷だ!「ポンコツ!」と言われ、一刀両断に職を失いかける。
だが、それでも。負け犬には負け犬の考えが有った。
彼には【経験】とゆう大きな…いや、現実を直視すると細〜いスキルが、ほんの少〜しばかり残っていた。

人生に於いて、勝ち組に居る人等はほんの一握りだ。大半が負け組ゆえに、「俺だっていつか必ず!」と思っている。
だけど、殆どの人にはチャンスは巡っては来ない。その前に諦めてしまうか、《その時》に動く事が出来ない人が、殆どかも知れない。

長州力の叫びは、そんな負け組の人達の心を鷲掴みにし熱狂させた。
本人の努力も大きく。その後の藤波との闘いは、【名勝負数え歌】とも言われる。

悲しいかな、負け犬の彼には。当時の長州の様な若さも、ギラついた野心も持ち合わせはいなかった。
ただ「ボクシングが好きだ!」とゆう思いと、「家族の為に…」の気持ちだけ。
映画は、そんな彼の姿をただ淡々と描いていて。そんな演出に不満を唱える人もいるだろうと思える。
最後の試合等は、幾らでも盛り上げられるのに…と。

おそらく監督が本当に描きたかった…と言えるのは。映画が終わった後に出て来る映像同様に。娘の笑顔に頷く彼の笑顔も、本当の勝者に値する…との思いだったのだろう。
そこには、この主人公同様に。素晴らしいボクシング馬鹿による最高の馬鹿な男の美学が輝いていた。

【敗者がいるからチャンピオンは生まれる】

全くもう〜!泣かせるんじゃねえよ!
この馬鹿野郎(ノ_<)

2018年12月11日 キネマ旬報シアター/スクリーン3
●'18 12/7〜単館公開
(首都圏等: '18 10/12〜公開)
配給: クロックワークス
ワイド(シネスコ)
音声仕様表示無し
12/10 12:45〜 福井コロナ シネマ9にて観賞
DCP上映
ビスタフレーム上下黒味によるシネスコ
LPCM
パンフ未購入
hrsw

hrswの感想・評価

4.0
とても良い映画でした。また邦題にケチ付けたいけど、原題どおりスパーリングの方が良いし、この映画から負け犬とは感じない。40歳過ぎてボクシングすること…何かに情熱があることは素晴らしいことだと思う。加えて、家族に自分の有様を見せてる。ラストがとても良かった。
とにかく続けること。それがただ好きだから、他にできることがないからという理由でも。
続けることで見えてくる、伝わるものがあるんだろうな。
それを美学と呼ぶのかもしれないけど、この邦題はないよな。
負け戦にも意味がある。
戦い続けることに意味がある。
確かに、始めから勝負しなかったら何も起こらないもんなー。

社会に出たら結果が全てみたいな風潮があるから、
こんな風に好きなことを続けられる姿は胸を打つものがあり、グッときた。

素敵なお父さんだと私は思う。

このレビューはネタバレを含みます

テーマがテーマだけに、普通のボクシング映画であれば試合の見応えさえあればある程度の面白さみたいなものは保証されるのだけど、この話の試合はことごとくつまらなく見えるように作られていて、なんだか挑戦的。

ただ、この意味ありげなカメラの角度はこのシーンで必要なのだろうかとか、まだ話が終わってないのに実在の「負け犬」たちの映像が流れてくるのも意図はわかるけどちょっとテーマを説明しすぎている感じがしてノイズになるしと、語り口が個人的に好きになれなかった。

ボクシングの素質がないとしても、まわりに嘘をつきまくって、あるかないかわからない娘の素質を建前としてでっち上げてでもボクシングをしていたいという執念は物語の主人公としての素質を備えたものだとは思うのだけれども、その行為による犠牲が実は何もなく、負け犬というのとは少し遠い、帰るべき場所がちゃんとある男の話になってしまっているので、本人の人生を考えれば喜ぶべきことではあるのだけれども、残酷な観客としては最後の試合がどこか生温いものに見えてしまったというのはちょっとあって。

でもそれは、居場所を持ってしまったからこそ花開かなかったのだという、孤独にギャンブルを続けていたチャレンジャーとは対照的なのだという酷の表現だったのかもと思うと無碍にもできず、みたいな。
どんなに心ぺしゃんこになっても打たれ強さだけは持ち続けていたいっすねぇ〜、年齢関係なく。
skichi

skichiの感想・評価

3.4
まあまあ面白かった。
胸にこみ上げるものも若干あった。
よくあるパターンではあるものの、
主人公からも感じる映画全体に漂うどこか淡々とした感じが良かった。
体温低い感じ。
ずっと前に諦めたサラリーマンような、
でも好きなんだろうね、ボクシング。
家族が幸せそうなところが良いし、
娘がかわいい。

どうでもいいけど、
原題はsparring、相変わらずこの手の邦題は好きじゃない。
「美学」とすることで見る前から印象を押し付けることになる。
ニュートラルな意識で見れないのである。
彼が負け犬かどうか、それが美学かどうかは観客がそれぞれ解釈してよいのである。
原題ままだったら+2点。
いわゆる「負け犬モノ」が大好きなジャンルなので、ど直球な邦題に惹かれて鑑賞。

今作は原題の「sparring」よりは邦題の方が良いかなと。


負けっぱなしの戦績。
試合会場のスタッフにも顔を覚えられていない。
生活のために引き受けたスパーリングパートナーでも、舐められまくる不甲斐なさ。
などなど、主人公の負け犬っぷりがもう……。

才能は無いとわかっている。それでもボクシングを嫌いになれない主人公の姿を観ていると胸が熱くなる。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.7
45歳にして身体ボロボロになりつつも、
家族との生活とバイトと大好きなボクシングをするスティーブにあっぱれ!

49戦13勝3引分け…………33敗
KO男が負けても立ち上がる姿、どんなに周りにバカにされても家族のため娘の夢のために自分の愛したボクシング魂を貫くために戦う姿が感動だった。

欧州チャンピオンのスパーリングの相手の3人の選手の中でも使い物にならないくらいの、中年スティーブだったが長年の経験とチャンピオンに物申す的確なアドバイス
KOの怖さを1番に知ってるスティーブに、チャンピオンも信頼とスティーブに前座の50戦目の引退試合を後押ししてくれる。

負け犬魂と最後の試合に見せる姿
娘に伝えたかった思いとは……
>|