42〜世界を変えた男〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「42〜世界を変えた男〜」に投稿された感想・評価

POME

POMEの感想・評価

4.1
ものすごい人種差別の中でも、よき人たちに支えられ、ぶれずにメンタルを強く持ち、与えられた役割を全うした人の物語。
ものすごく感動。彼の偉業は「永久欠番」「ジャッキー・ロビンソン・デー」として今もなお色褪せない。
本人の強さはもちろんだけど、周りの強さも大切なんだと思った。
差別社会がそう遠い過去でない現実
親が言うから子供も言うみたいな環境負のサイクルすぎ


これ映画の感想になってないな
実は元にシリーズ👻

私には分からん感覚の黒人差別の話やけど、

リッキー、最初の監督、チームメイト、奥さん信じ続けて励まし?続けて素晴らしい🥺🥺🥺🥺

最後の人物の紹介?のシーン好きやわ☺️

毎年4/15はメジャーリーグではみんな42つけるとか粋やわー

アメリカで実際4/15見てみたいな⚾︎
K

Kの感想・評価

4.7
2度目。お気に入り映画見直し。

初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの苦悩と活躍を描いた伝記映画。

The guts not to fight back. 立派な紳士であり優秀な選手であることを貫いた男の物語。

チャドウィック・ボーズマンの演技が本当に素晴らしくて、何度も涙出ました。

GMブランチ・リッキーの働きもいいよね。当時の彼の活躍が黒人の子供たちに夢を与えていくシーンも、少しずつ変わっていくチームメイトも良い。

What are you afraid of?
Aoi

Aoiの感想・評価

3.9
デヴパテル的な、彼が出ると何でも名作なのはこれにも通用する
チャドウィック現象
はぁかっこいい!
どぅさ

どぅさの感想・評価

3.8
人種が多様で魅力的な選手がたくさんいるMLBは観ていて面白い
Harigane

Hariganeの感想・評価

3.9
アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンの半生を描いた作品⚾️

miiさんのレビューで気になり鑑賞しました😄

<あらすじ>
1947年。ドジャースGMのブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)はニグロリーグでプレーしていた黒人プレーヤーのジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を見出し、チームに迎え入れる。
人種差別という問題に直面しながらも野球に打ち込み続けるロビンソンの姿は、黒人プレーヤーを反発していた人々の心を変えていく。

<感想>
当時の人種差別の酷さを改めて痛感します。
才能があっても、黒人というだけでブーイングを浴びたり脅迫を受けたり。
単なる第一人者ではなく、この逆境を自身の活躍で覆す。その姿勢が素晴らしすぎます😄

若くしてこの世を去ったチャドウィック・ボーズマン。
今作をきっかけにムービースターに躍進したみたいですね💫

そしてドジャースGMのリッキーを演じるのはハリソン・フォード。
パッと見では全然気付きませんでした😳

「やり返す勇気のない 選手になれと?」と聞くジャッキーに対して、
「やり返さない勇気を持つことだ」と答えるリッキー。
このシーン、カッコよかったなぁ😊

彼のつけていた背番号42は全球団の永久欠番となり、毎年4月15日にメジャーリーグではロビンソンの偉業を称え、全選手が"背番号42"を付ける。
とても素敵な光景でした✨
人種差別、偏見、しゃあないとあきらめんと立ち向かうこういう人が世の中変えていく〜
NowLoading

NowLoadingの感想・評価

3.7
 今日の一本。
 こういう史実を元にしたストーリーってのはかなり脚色されることが多いことがあり、どれがホントの話だよってなることもあるのですが、本作は劇中での話はグラウンドを中心に進んでいくので、プレー中の誹謗中傷はまぁ本当にあったことなのであろうなとリアリティーを感じられました。最後の最後以外ずーっと暴言飛びっぱなしでしたからね。こういう事実に出来るだけフォーカスして一本の映画に出来るというのはそれだけこの話がよほどいい話として受け継がれていることの証なのではないでしょうか。
96さん

96さんの感想・評価

3.8
初のメジャーリーグ選手となった黒人を描く実話をもとにした映画

全体にとてもバランスよく観やすい作品で

差別社会とそれに立ち向かう力を
明るく、演出しすぎず、
実話をもとに描いており、

控えめで高い演技力の主人公
その強く熱いまなざしは
観客の心に残り

ポイントを絞って魅せる
数々の名シーンは
音楽と共に魂に響くと思いました

ドラマ好きなら
野球がまったくわからなくても
オススメです!

心に残ったセリフは
『全員42番を着れば違いがわからない』
>|