42〜世界を変えた男〜の作品情報・感想・評価

「42〜世界を変えた男〜」に投稿された感想・評価

黒人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた伝記映画。タイトルの「42」とはロビンソンが付けていた背番号。

感動した。
SHARK

SHARKの感想・評価

3.7
機内で鑑賞

見たい映画やってなくてしょうがなく見たら面白くてビビった!
Tyk98

Tyk98の感想・評価

4.5
マジでみんなに見て欲しい
42番が永久欠番って知ってたけどこんなドラマがあったなんて知らなかった。
フォローさせて頂いてる方の
レビューを読んで…
作ったまま
アップしてないのに
気がつきました。

差別はいけません。
ほんと。凝りもせずいつの時代にも欠かさずあるけど…

皆が白人でストレスフルな状況の
中でプロとしてチカラを出す
彼の様な人がいるから努力して、
正しく生きてればいつか道は開けるんだなあ。と思える。

1番初めにチャレンジした
黒人選手、
そしてそれを信念と共に支える
白人のオーナー。

強さって信じるコトだ。と、改めて思ったりする。

ただ彼がどれくらい堪えて、
堪えて…
不快や理不尽を超えてきたのかがさらりとしか伝わらなかった
気がして…
メジャーに行くまで彼が
育ってきた黒人である為の
理不尽さには触れないんだ~的な
(苦笑)

よい作品なんですが
私自身がやっぱ野球に思い入れ足りないもんで…。
すみません(*_*)
りょう

りょうの感想・評価

3.7
これも多分見るのは2回目。

さっきの二個とこれは飛行機で鑑賞。

人種差別と戦いながらプロ野球をする。

待ってくれる仲間がいることは本当に大切。
おそらくアメリカの野球ファンであれば大半の人がジャッキー・ロビンソンのプレイ映像なども観たことがあるのだろう。本作は彼がいかに差別と戦ってきたのかという点に焦点を当ててきた。

確かにそういった様子は感動的で、ハリソン・フォードも珍しく役作りの跡がうかがえる。ロビンソンを支える周囲のプレイヤーや酷い差別をする敵チームの監督なども良く描かれている。

一方で彼が周囲に受け入れられた背景として純粋に一選手として評価に値するだけの成績を残してきたのも事実なはずで、そういった野球映画としての側面が弱かったのはやや不満も残る。特に3Aでの1年目の春から一気に子どもが産まれたシーンまで飛んだのは唐突に感じた。彼のプレイヤーとしての魅力ももっと知りたかった。
ジャッキーだけでなく、オーナー、チームメート、奥さんみんな素晴らしい。
強いメンタルを持っていきて行けば必ず道は開ける
Uchi

Uchiの感想・評価

4.1
物凄い差別にあいながら、これだけ耐えれるタフさと信念に脱帽。しかもキング牧師よりも前に。。。あとハリソンフォードかっこいい
今ある当たり前の中で決してあって当然なことなど1つもない。色んなこと感じられる素晴らしい作品。
ひで

ひでの感想・評価

3.4
ちょっと長い。絶対差別もっとキツかったでしょ。でも、勇気に拍手
>|