藍色夏恋の作品情報・感想・評価・動画配信

「藍色夏恋」に投稿された感想・評価

こなつ

こなつの感想・評価

4.0
2003年公開、台湾・フランス合作の青春映画。

台湾の人気俳優、グイ・ルンメイとチェン・ボーリンのデビュー作で、イー・ツーイェン監督自らスカウトして起用し、一躍脚光を浴びた話題作。この映画がきっかけで、今や二人は台湾映画界を代表する俳優に上り詰めて行った。

今回19年ぶりに二人がVOLVOのCMで共演したことで、台湾だけでなく、日本でも懐かしいと感じる声が多い。可愛らしく、幼かった二人が、眩しい大人になっている姿は、時の流れの速さを感じずにはいられない。

子供でもなく、大人にもなりきれない高校生の熱い青春時代のひと夏。

好きな男の子チャンに自分の気持ちを伝えて欲しいと親友のモンに頼み、ラブレターまで託すユェチェンだったが、チャンはモンが好きだった。

チャンの猛烈なアタックにも応えられないモン。親友を気遣っているだけでなく、モンは親友のユェチェンに恋心を抱いていたのだ。

女の子を好きになる自分に悩み、迷うモンの葛藤。キラキラ輝く台湾の夏の中で、高校生のまっすぐで悩み多いひと夏が瑞々しく描かれている。

今でこそ、普通に受け入れられるLGBT、性のアイデンティティをあの時期に、高校生という少女を通して台湾で映像化されているのが凄い。

「1年後、3年後、5年後、もし男の子を好きになったら連絡して」

サラッとそんな言葉が言えるチャンの男気。素敵な大人になって行くのだろうと思わせた。

突然、木村拓哉の名前が出てきて驚いた。彼の人気がアジアでも不動の時代だった20年前に思いを馳せて、温かな青春ストーリーを最後まで楽しんだ。
chika

chikaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

セクシャリティに悩む17才の女の子の恋愛
生意気だけど真っ直ぐで上手く伝えられない感じとか堪らなかったなぁ
失恋をした時にどうやって乗り越えるか
忘れる事が出来るその日が早く来るといいな、なんて母に言ってみたり
最後の2人でベンチに座って話す台詞がめちゃくちゃ最高だった
夏の終わり、迷ってばかりで何も出来なかった
でも何か残せたよな
その分俺たちは大人になった
3人の恋は実らなかったけれど、目には見えない形もない何か大切なものを残せた青春
思いっきり自転車を漕いで笑顔で背中を追いかけて本当にここに在りだったわー2001
文句なしにモン・クーロウの無表情が良い。まなじりがいかにも漢族のそれだ。
品川巻

品川巻の感想・評価

4.4
2回目の鑑賞。
夏に求めるものが全て詰まっている。

Frente!の主題歌が好きすぎて、高校時代にCD買ったのを思い出した。
当時は"あの展開"が衝撃的だったけど、今思えば、一昔前にこのテーマを扱った作品が作られるのはめちゃくちゃ先進的。

「演技ではない本当の緊張を、わざとフィルムに記録する」という方法で撮影された3人のぎこちなさと眩しさが、夏へと走らせる。

目を閉じても未来の自分は浮かんでこない。でもあなたの姿は浮かんでくる。
午後三時の日差しの下、ニキビを少し残した彼らはどんな再会をするのかな(ラストのナレーションが良すぎた)

※友達の性格がもっと良かったら完璧だった...
淡い。。。

駆け足で観たけど、

なんとも切ない三角関係に
ちょっと胸が締め付けられた
自転車で移動しなくなって、どれくらい経つだろう。本作では、自転車での移動範囲が彼らの生活圏であり、彼らの世界観を効果的に表現していて面白かった。
手紙をもらったり、夏の夜、学校のプールで泳いだり、付き合ったり別れたり。
2002年の作品だけど、僕らの高校生時代の夏の一時と雰囲気が似ていて心に響いた。青春やなあ。
友人、やってることほぼストーカーで怖いんですけど。

この年齢で自分が同性愛者だと気がついたら、かなり悩むだろうな。

しかもこんな奇妙な三角関係になったら尚更。

木村拓哉www

終わり方がめちゃくちゃ良い。
様々な感情を揺さぶられる。
自分は男が好きだって言い聞かせる一連のシーン、何とも切ない。この頃は大人になれば全て解決してると思ってるけど、変わるというよりそのままで在ることを認める方向に成長する。だからこそ過去を振り返った時に瑞々しくて繊細だなと思える映画。
とはいえ男を見る視線、あんなの勘違いしない訳がない。
ひでG

ひでGの感想・評価

4.0
Amazon primeから珠玉の名作を見つけ出せシリーズ③

何と瑞々しい映画なんだろう。

街を自転車で走り抜ける2人

夜中のプールで泳ぐ男の子

ノートいっぱい人書かれた好きな男子の名前

友達の好きな男子、でも、その彼が振り向いたのはわたし

よくある青春恋愛ものパーツだが、
カメラがとてもよく、
あの世代の気持ち良さ、まだ何も始まっていない無垢と無謀と無限な感じ。

そう、まさしく、街中をすり抜けていく自転車なのだ!🚲🚲

バイクや自動車ほど長く、遠くは進めない自転車


でも、何にもとらわれず、すり抜けていける自転車


あの頃は自転車で十分なんだ!

劇中、2人が減速しながら、「俺の勝ち」「私の勝ち」と競い合う場面、
可愛いね、なつかしいね、、

でも、この映画、以前観た記憶があるが、
一番肝心な部分をあろうことか、
忘れていた!💦
オレの記憶力大丈夫か?


この作品、普通の青春ボーイミーツガールのパーツを使いながら、


実は、あるカミングアウトから、もう一つ深く、広い世界観を創り出していくのた!

それはまあ、初見の方のお楽しみということで、なんだけど。

いやあ〰感心したなあ〰

作品が作られたのは、2002年だよね。
今から20年前に、この世界を捉えていたとは!

その後の2人が、前半の何百倍も愛しく、切なくなってきた。

そう、ボーイミーツガールを超えた、
台湾青春映画の不朽の名作です!
晶

晶の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

目を閉じるとあなたの未来が見える
苦しくても今のわたし自身を大事にすればいい… そうあなたが思わせてくれる
>|

あなたにおすすめの記事