藍色夏恋の作品情報・感想・評価・動画配信

「藍色夏恋」に投稿された感想・評価

もやし

もやしの感想・評価

4.7
切なすぎて死にたくなった。見た時期が悪かった…
何で見るのを止めなかったかというと引き込まれたから。



女子の親友二人と男子生徒一人を巡る物語。
主人公の女子が同性愛者で親友のことが好きで、だけど親友に恋の応援を頼まれてしまいそしたら気付けばその男子と恋仲なんじゃないかと噂されてしまうという何ともまあキツい話。


結構男目線だとこの男子割と可哀想だなと思った…笑
勝手に勘違いさせられて勝手にフラれて…笑
こいつ馬鹿で単純だけどかなり良い奴なのよね。将来良い男になるよ。



皆の想いが何も叶わない映画ということで、切ない。でも不思議と後ろ向きな気持ちにならない。

主人公が将来を夢想する語らいを聞いていると、ああこの子達にはまだまだ沢山道があるんだなと思った。
その瞬間、自分はもうすでにその未来にいて道ももうそんな数が残されてないと思った。これまでの不可逆の時間を思うに、急にくすぶっていた自分の中のどこぞの苦しみが引き出されてすごくキツくなった。



でも、何もこれ若いから起こることでもないんだよな。
何歳になってもこの子達が味わうような感情はなくならない。
こういった経験を重ねていくことを人は成長であったり思い出であったりと呼ぶのであろう。




ああ切ない。
りた

りたの感想・評価

3.1
夏〜青春〜!というザ、という感じの映画なんだけど、台湾が舞台で、邦画や洋画で同じテーマで見るのとは一味違う。

学校の様子は大きくは一緒なんだけどちょっとしたところが違ったり(975組?!)、登下校の様子とか(バイク多い〜)、家や街の様子も見慣れたものとは違ってすごく新鮮。
テーマはLGBT。あ、そうくるのか〜ってお話だった。
誰が決めたのか分からないこうあるべき、に当てはまらないという苦しさ。

ピアノの音楽がめちゃくちゃ良かった〜。
ノスタルジー。
漫画にしても(原作あったりするのか全く分からないけど)映えて面白そうな作品。
37

37の感想・評価

3.4
あまりに繊細で不安げな登場人物たちの気持ちを優しく、丁寧に描き出していて終始胸が締め付けられるような気持ちだった。

これからの彼女たちの未来に想いを馳せずにはいられなかったけど、それでもあなたはそのままで良いんだよ、と主人公に伝えてあげたくなってしまうラストシーン。
YukikoUnno

YukikoUnnoの感想・評価

4.3
欲しいものを欲しいと言わなかったとき、何かとてつもない間違いをしてしまったと、過ぎた景色を振り返る。
淡く、酸っぱい、夏の恋。
いいねえ。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
光と影、色彩!!!
これをラブストーリーと呼んじゃうのもためらわれる、どっちかというと青春!
夜の屋外プール😳壁に反射するプールの水のゆらぎ。
風にめくれるページがまるで自然と未来がすすんでいくさまをあらわしているみたい。

グイルンメイかわい〜✨口閉じてるときのスンってした顔がとてもキュート。いくつになってもこの年の時と同じショートヘアが似合う女性だ
チェンボーリン若 笑笑

この映画最近になってLGBTQの観点からふたたび台湾で注目されているらしい。
y

yの感想・評価

-
台湾の木漏れ日って独特な気がする。淡くて綺麗。
物語の締め括りがナイスでした。
MOJAPO

MOJAPOの感想・評価

4.0
3人全員片想いしんど!!
僕、がっつり青春映画って邦画だとみるに耐えないんだけど、台湾映画だとめっちゃいい〜ってなるマジック何?

学校の廊下に観葉植物いっぱいおいてある感じとかめっちゃいいな。
夜のプールとか、学校で変なタップダンスみたいになるところとか、映像がいちいち全部決まっててかっこいいなあ。
tom

tomの感想・評価

3.7
チャンがめちゃくちゃ良い奴。

夜のプール、
体育館でパイプ椅子直すシーン。
体育館、プール、制服、海、自転車!と青春の記号揃いまくりで爽やかな映画だった〜。『ユリイカ』でも言われていたように、同性愛感情を青春における一過性のものである可能性を含んだ描写は前時代的でもあったけど、若さ故の自身の感情に対する整理のつかなさがクーロウの理不尽な行動の数々に現れていてよかった。主人公2人の本気で他者とぶつかり合う態度(劇中には身体的なぶつかり合いもあったけど)こそが2人を主人公たらしめるものだったと思う。台湾ニューシネマでは長回しや色彩などが印象的だけど、この作品はどちらかというとむしろ短いショットが多くて見やすかった。
>|

あなたにおすすめの記事