あの頃、君を追いかけたの作品情報・感想・評価・動画配信

「あの頃、君を追いかけた」に投稿された感想・評価

こな

こなの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

青春が可愛くて、すれ違うふたりが尊い。それに気づいて最終的には結婚するという結末ではなくて、最後までこのふたりらしい感じが素敵。
浩介の生き方においての不器用さや真っ直ぐな感じが私は好きだなって思った。
TaeHi

TaeHiの感想・評価

-
ただただ山田裕貴が好きで観た。
その辺の青春キラキララブコメ!って感じじゃないけど胸いっぱいになる
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
んー…展開がしっくり来ない。
青春は感じたけど、ヒロインがミステリアス過ぎてちょっと観てるの疲れた 笑
齋藤飛鳥ちゃんはハマり役だった感じがして良かった!透明感ある!
おかげ

おかげの感想・評価

2.5
うーん、個人的にはあんまり好みじゃなかったなぁ。
青春に深みを求めるのは間違ってるかもだけど、全体的に浅くない…………?

なんかいつも一緒にいる七人組、みたいな始まりにしては、真愛と浩介が高3で初めて絡み始めた感あるし、それぞれがそれぞれのことを好きだったことも全然描かれてないから大学まで引きずってたのも結構違和感…

先が見える展開だからこそ、もうちょっとキュン要素か、切ない要素を突き詰めてほしかったなーー!
natsuko

natsukoの感想・評価

3.5
台湾版も観たけど、
山田裕貴と齋藤飛鳥がしっくりきてて
これはこれでよかった!
でも台湾版で感じた感動は全くなかった
齋藤飛鳥ちゃんと、山田裕貴くんでよかったなと思った。
二人ともしっくりきた。

キラキラ青春物語。
友情も恋愛も充実してるなぁ。
こういう終わり方のラブストーリーもたまにはいいなと思った。
A

Aの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

"You are the apple of my eye."
オープニングで、英題なんてあるんだ~とか思ってたらめちゃくちゃキーフレーズだった。

山田裕貴くんすごい!👏
ナチュラルな演技で観やすかったー。
ラストの新郎キスは笑った。最後の最後にやっと主人公の感情が爆発したみたいで良かった。
パラレルワールドの考え方は好き。
ある程度の不幸はこの考え方で乗り切れそう。
所々出てくる名言も印象的。

そして観賞後に台湾映画のリメイクだと知った。ヒット作だったのか~
制服変わってるなぁとか髪型独特だなぁとか
何で卒業後に受験?10年前ってそうだっけ?(←バカ)とか考えてたけど、これらもリメイクだからか。
そこまで合わせる必要あったのか、、?笑
もっと日本に寄せて違和感の無い作品にしたほうが良かった気がする。
BGMのチョイスも個人的にはうーんだった。
でも台湾映画ってこういう感じなのか~と勉強になった。
たぶん見たの2回目。
でも、内容忘れてるくらいたいして面白くなかったかな。何かラストの回想シーンだけでも良かったんじゃない感あったし。うーん微妙!
K

Kの感想・評価

3.1
台湾版(本家)は視聴済み。諸々の設定がどうアレンジされているのか気になり日本版を視聴。本家に比べると下ネタはかなり控えめ。男性メンバーは見た目を寄せているのが伝わってくる。そういう意味では山田裕貴さんの顔が綺麗すぎるように感じた。髪型を変えても当然似合っていて只者ではないオーラ。肉体美。齋藤飛鳥さんは可愛らしくものすごく顔が小さい。松本穂香さんの活躍をもう少し見たかったところ。必要性を感じないキャラクターの入れ替えとジェンダー要素。一人持て余してしまったのだろうか。驚くのが夏休み以降の展開。いつ台湾に移動したのかと混乱する。あの場所はあくまで地元という設定らしい。そして急展開な台詞。それまで好意をアピールするシーンがあまり見当たらなかったため戸惑った。本家に比べると好きの感情があまり伝わってこない演出。彼女の“理由”も共感しづらいポイント。よって、グッとくるポイントの感動が弱い。日本版を先に見ていたらまた印象は変わったのかもしれない。ピッグテールについて学んだ。
Li

Liの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

初っ端にハッピーエンドを匂わせてくれたから安心して観れたのが良かった。

物語の設定が細かくて、本家がどんな設定なのかとても気になった。

成長過程の恋愛における、やるせ無さ、後悔、不安、そんな感情に共感ができた。映像もフィルムカメラで撮りたくなるような画が多かった。

ただ台湾に寄せ過ぎてて、日本でアレンジをするならもっと日本に寄せたものを観たいと思った。

終盤、最初のハッピーエンドが覆されたのは面白かった。
ただ、永遠を誓う場で相手の気持ちを確認できても面白くなかった。少し気持ち悪いとすら感じた。

戻せない時間の中で、少しずつ、少しずつ、ズレてたお互いの好意のすれ違いが儚く切ないストーリーだった。そこは良かった。

素直が一番かな、と思う。
反面教師になるかもしれない映画。

面白くもなくつまらなくもない、普通で、少しだけ切ないお話。
人に薦めはしないかな、
よって★★★。
>|

あなたにおすすめの記事