あの頃、君を追いかけたの作品情報・感想・評価

「あの頃、君を追いかけた」に投稿された感想・評価

何でまだやってるんだろうと思い武蔵野館へ。

馬鹿野郎!
めちゃくちゃ良い話じゃねーかよ!という感じで、良い方に期待を裏切られました。

受験勉強×恋愛の相性は抜群で、前半だけで萌え尽きました。
後半駆け足に感じましたが、もしもあの時的な誰でも願う事とか、、

松本穂香ちゃんの70%くらいしかない小顔の飛鳥ちゃんだけじゃなくて、男子もみんな可愛いらしくて良かったです。
ANRI

ANRIの感想・評価

4.7
台湾版見る前に鑑賞‼️
めっちゃ青春って感じで楽しかった👏👏👏
私も男女共学の普通の高校行けば良かったってめっちゃ思った〜!
あすかちゃん可愛すぎ♡
主役の男の子も好き〜!


日本版見た後台湾版見たけど下ネタすぎてあんまりやった笑
台湾ドラマみたいにしてくへれたらいいと思うねんけどなぁ〜!
asm11

asm11の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館で鑑賞。
山田裕貴かっこいい笑
声が落ち着くのと、好き!

ストーリーは
高校生の恋愛だなーって感じ。
こういう気持ちの時あったよなっていう過去形。笑
でも懐かしい気持ちを思い出せるし、ヒロイン役の子の"これ以上距離を詰めるのが幻滅されるかもって自信なかった"的な言葉、すごくわかるーって思った。過去形だけどね笑
あしゅ推しは視聴必須。

可愛さも良かったが、内容も台湾でヒットしていただけあって面白い。
ああいう高校生活を送りたい人生だった。

そういう意味ではドルオタにはなかなか厳しい内容かもしれない。。。
齋藤飛鳥を撮る映画として観てもいかんせん成功したとは言い難い感じでしたかね

彼女の体温の低さと脚本の食い合わせが合わなかったような感じで、、

あとリメイクするなら上手くアレンジして欲しかったなあ、と

オリジナル版は未観なのですが、おそらくまんま日本版に持ってきてしまって浮いてしまっている場面が目につきました

そういう意味では大根仁監督のsunnyのリメイクは優れていたのだな、と再確認しました

序盤の浩介のモノローグで群像劇的なものを期待したのですが
そこも正直肩透かしで、、

残念ですが僕にははまらなかったです、、

ちょっとオリジナル版観てモヤモヤを補完したいですね
ひたすら齋藤飛鳥がかわいかった…
猫耳はなんだったのか、いやほんとなんだったんだ?サービス?かわいいですありがとう…物語的にどんな流れなのかまったくわからんかったけど、確かに可愛かった

山田裕貴のザパッとした感じがなんかとても好きでした

オチは割りと分かりやすいかな
でも最後までやんやと楽しく、素敵な映画でした
koide

koideの感想・評価

3.0
原作と比べると細かいネタが削られてる。コミックへのオマージュよりかは恋愛の方に重きが大きくなった感じだった。
とにかく飛鳥ちゃんがかわいい。
飛鳥ちゃんの可愛さをただただ活かした作品。そして山田裕貴のことを好きになってしまいそうになる。

このレビューはネタバレを含みます

誰にでもあるような、普遍的な青春の1ページを切り取ったような作品である。

オリジナルの台湾版を視聴してから鑑賞したが、台湾版にもない日本版のよさもあり、どちらも一長一短である。
オリジナルでは、小説版ではあった浩介の天パ設定が採用後されなかったが、今作は採用されている。

今作のヒロインは斎藤飛鳥にしか演じることはできないであろう。
凛とした風貌が、真愛のキャラのイメージそのものである。

粗を探せばでてくるような未熟な作品かもしれない。
だが、この作品に関してはその粗ですら愛おしくなってしまう。
それは、キャストや スタッフ がこの作品に対して注いだ情熱があるからであろう。

素直に映画を楽しむ気持ちを思い出せてくれた作品である。

私の生涯での映画10選になりそうな映画だと確信
実は私乃木坂が好きで笑
完全に齋藤飛鳥さんが出てるという動機で見たんですが、山田裕貴さんの役に入り込んでしまって後半心が締め付けられるようで見ていて辛くなったけど凄いいい映画でした
原作は台湾の映画らしく
ストーリーで ん? っていうところや、
もちろんまだまだ未熟な演技とかもありましたが、こんな綺麗な青春経験してみたかったなぁと思う映画でした
とにかく青春!!

終わり方はLALALANDでしたね。あの終わり方好きなのでもうこれだけで最高でした。
>|