劇場版 ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLEの作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版 ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」に投稿された感想・評価

ウルトラマンコスモスの最終章としてのストーリー、宇宙正義というテーマはもちろん、吹石一恵さんの演じるジュリ(ウルトラマンジャスティス)がとにかく魅力的な作品でもあります。

歴代キャスト、怪獣の登場には胸熱になりますし、終盤での展開には思わず目頭が熱くなってしまいます!
そしてレジェンドへ、、  

個人的にもお気に入りの劇場版ウルトラ作品の1つです!
“慈愛の戦士”、ウルトラマンコスモス。
時に怪獣と心を通わせ、人類も怪獣とも向き合うウルトラマン。

その戦いを終えたかと思いきや、また再び強大な力が地球を“リセット”しにやってくる。そして、その人類滅亡のカウンドダウンが始まる。

“正義”のベクトルの違いからコスモスに襲い掛かる別のウルトラマン、ウルトラマンジャスティス。その人間の姿が吹石一恵。

彼女は、人類には希望も未来もない存在だと断定し、地球滅亡に加担する。
コスモスとジャスティスのvs構造から幕を開ける作品。

コスモスや彼と共に戦う隊員たちは地球、人類に希望と未来と奇跡を信じる。たとえ、世界が強大な力に圧倒されようと最後の最後まで諦めることを知らない。

そして、その諦めない強い信念がジャスティスや地球に光を照らす。

この作品の目玉は、2つの大きな光の力が合わさる時、新たな伝説のウルトラの力が生まれる。

そう、“レジェンド”。
圧倒的な力が宇宙の彼方からやってきても決して屈することのない2人のウルトラマンがとびきりの奇跡を起こす。

この作品は、人類の希望を願う心や、諦めない信念、そんな人が清く強いことを、強く吹き込んでいる。

その点のメッセージ性が強い。
そこにフォーカスして、信じれば必ず“光”が差し、活路が見出せて、その思いは相手にも必ず届く。

そんな強さと優しさの物語。なんともコスモスらしい作品。

タイプの違うコスモスとジャスティスの内面的なコントラストが均等に混じり合っててコスモス寄りでもジャスティス寄りでもないから“レジェンド”の存在感に均衡が保たれてて良かった。


F:1646
M:347
雅

雅の感想・評価

4.0
ウルトラマンコスモス最終章

前作ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANETから登場したウルトラマンジャスティス
前作にはなかったジャスティスの戦う理由

ジャスティスが戦う理由は「正義」か「愛」か

そしてウルトラマンレジェンドの誕生
Yasu

Yasuの感想・評価

4.5
間違いなく傑作だよなぁ。小学生の頃親に2回観に行かしてもらった唯一の作品。それだけ子供心にもしっかりと残る映画だった。
この頃のウルトラ映画って、単なる“劇場版”だけでなく、一本の“映画”としての格調があったよな。

遠い未来、宇宙を汚しかねない人類をリセットすべくやってきた“宇宙正義”との激しい攻防。でも単にアクションで見せるのではなく、人との対話を通して(とは言え闘いもあるが)問題解決に収束していくのは、コスモスらしい。
ウルトラお得意の「自分より弱い存在のために命を投げうとうとする姿に感動し、ウルトラマンとして立ち上がる」と言うプロットを、人類抹殺すべしなジャスティスに適用したの、今見ると転げ落ちるぐらい素晴らしい演出。加えて、歴代のムサシ関係者が集まって彼を異次元から戻そうと願いを結集(場所はコスモスもムサシが初めて出会った場所!)して復活、からのコスモス・ジャスティスの共闘は屈指の激アツシーン!!DVD買ってもらって何度も見たなぁ。

「ウルトラマンは何故人類の味方をし、守ろうとするのか」と言うある種永遠のテーマをコスモス世界なりの解釈で答えを出した、且つ「ウルトラマンコスモス」と言う作品の総決算としても非常に良くまとまった優秀な作品!!
これからも都度見返していきたい。
るい

るいの感想・評価

3.8
最終作
信じれば夢は叶う、前作から3年後、死の星となっていたジュランも復興し、ついに怪獣たちを宇宙へ送る ネオユートピア計画が間近となったある日、謎の飛行体が襲来、輸送ロケットを破壊する。宇宙正義デラシオンの意思により地球生命をギガエンドラで35時間後にリセット(消滅)させるという、人間は宇宙にとって害であり脅威の存在である、宇宙正義を信じ同じ過ちを繰り返さないと誓ったウルトラマンジャスティス対して人類の夢、可能性を信じるウルトラマンコスモス、考え方の違うウルトラマン同士は戦うことになってしまう…
正義とは、未来とは、テーマがシンプルながらも結構考えさせられる、ウルトラマンコスモスの集大成、今までコスモスに出てきた怪獣達やキャラクターが総登場、コスモス復活に奮闘する、完結編にふさわしい内容になっていた。本当の正義に葛藤するウルトラマンジャスティス、彼女の目線で話は展開していく、少女の愛犬を救いたいと頑張る姿に共生世界の素晴らしさを改めて思い知らされたり観ているこっち側も考えさせられた。これが人間の未来を信じた理由なのか、ジャスティスが最終的に出した答えとは、やはり子供達がキーになってくるあたりブレないなぁ、内容は三部作の中でやはり1番良かった。コスモスとジャスティスの共闘は胸アツ。
taaaaaaa

taaaaaaaの感想・評価

2.9
人類滅亡系ウルトラマンが子供の純粋さに改心したり、今まで倒した怪獣が地球のために立ち上がったり、どこかで観た内容だな🤔
全く前作までの流れを覚えてない!!

なんか大変そうですね!
KOKI

KOKIの感想・評価

5.0
ウルトラマンコスモス完結編。

愛か?正義か?
一度はコスモスと対立し、人類をリセットしようしたウルトラマンジャスティス。

最後まで人類の未来を信じるウルトラマンコスモス。
ある少女との出会い、そしてコスモスが守っきた怪獣達が脅威に立ち向かう姿に揺らぐジャスティスの決断は……?

ウルトラマン映画の最高傑作!
「宇宙に大いなる二つの力が出会いし時、その輝きの中で真の姿を現す」
2021.06.24 - 2021.06.25
#超大怪獣大特撮大全集2021.6月
青T

青Tの感想・評価

5.0
ウルトラマンジャスティスの戦いの目的がコスモスと違った。2では分からなかったことが明らかに!
2ではムサシとコスモスの2人の会話が少なかったけど、こっちの映画はつながりを感じられてとても好き!
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品