ベロニカは死ぬことにしたの作品情報・感想・評価

「ベロニカは死ぬことにした」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.3
ピアノ

自殺願望をもつ女性ベロニカが様々な患者と出会い、心に変化が訪れてゆく人間ドラマ

人生について

いろんな患者が
色々語り合う

施設内の生活
ロマンスもあり

人の温かさ
切ない感じ

雰囲気ありました
雑種

雑種の感想・評価

1.0
自殺に対する賛否は人それぞれでも、それ自体やそうするに至った経緯の是非や善悪は他人が決めることではないと思ってるから普段は他人の自殺に対する価値観に対してあんまり言及することないけど、ベロニカに関してはお前遊びでやっとんか?ってくらい命に対する考えが甘っちょろすぎて嫌悪感しかなかった。社会や他人のこと偉そうに批判しとるけどじゃあお前は何?とゆう感想しかない。本当の苦しみや世の不条理さを知らずによくあそこまで偉そうに自分の人生観主張できるな。生きるにしても死ぬにしても人に迷惑しかかけれんただ自分に酔ってるだけのビッチ。
メガネが似合うシューリスさまは素敵だったけど映画自体はクソ。原作は知らんから脚本がダメなんかもしれんけどとにかくクソ。
Yucky1018

Yucky1018の感想・評価

3.8
邦画の方をかなり昔に観たのであまり覚えていないが、こっちの方が好きな印象。
そうだよね、明日死ぬとわかっていたら人は今日起こる出来事を一つ一つ大切にするんだろう。
それをわかっていながら"死"に憧れて今日もまたどこかで誰かが死を選ぶ、無い物ねだりなんだ人は。
それでもそんな事を忘れてしまえるような出逢いがこの映画のように現実にもあるのかもしれないし、むしろもう出逢っているのにそれに気付いていないだけなのかも。
時折映る木々の緑に、命を感じました。また、映像がとても自然な輝きに満ちていて、その色合いや美しさに心を撫でられるような感覚になりました。
自分を必要とする以上に、生きる上で誰かを必要としてみたい、そう思わされる映画でした。
ちはる

ちはるの感想・評価

2.9
リメイクのほうではなけく、ずっと見たかった作品。
デヴィッドシューリス。
精神の、心の居場所がない人の映画。
S君

S君の感想・評価

1.1
サラミシェルゲラーが好きでで観てみたが、退屈すぎ途中で落ちた…
あばば

あばばの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

死ななくてよかったぁぁぁぁぁ!!!
とても美しいお話でした。傷つき病んた心の人が再生していく。終盤まで一切喋らない、喋れなくなった青年。目が凄いいい。ジョナサン・タッカー好き…!!
ジョナタカ!ジョナタカかっこかわいい!!
短い映画で多くは説明されてないけど疲れ果てて自殺未遂をしたベロニカは自分が自殺未遂の後遺症で余命が少ないと知り施設でエドと恋をして生きる奇跡を感じる。本当は健康だと知るまで彼女にとって毎日が奇跡だってほんと…それ…。病んでるときは気づけなかった事に終わると思ったときに気がつく。ほんま死なないラストで良かった。これからの人生ベロニカは仕事や地位やお金なんかより大切なものがあるんだよ。幸せに生きようぜ。
海賊K

海賊Kの感想・評価

3.9
ついこの前出会った面白い金髪の子から借りた本。以前真木よう子が見たくて見たことあったけど、体しか覚えてないから改めて借りた。

世界もろくに見てもやってもないくせに死のうとしている人とたくさん触れ合ってきた。それはとてつもなく切なくて愛しくてムカつく。昔の自分を見ているようであまりに自己中心的な青い影。

それでもやっぱり人は出会いによって変えられる可能性しかないんだと思う。例えどんなに悲惨な過去や過ちがあったとしても、恋愛じゃなくても、共鳴できる繋がりさえあれば。

にしてもルーピン先生。。。立場的に難しいところからの信念と勇気、素敵でした。

原作が深くて濃い作品はなかなか映画にするの難しいですよね。そんな中でよくまとめられていたほうなんじゃないかな。
りあら

りあらの感想・評価

2.5
原作のパウロコエーリョの小説を読んで、すごく良かったので一応見てみた。
まぁこんなもんかな(* ॑꒳ ॑* )⋆*
キム

キムの感想・評価

3.0
病気にならないと気づかない、毎日が奇跡なんだと教えてくれる映画。冒頭のセリフはいまの日本のよう。
あとベロニカかわいい。キャッチコピーは違うと思うけども。
>|

あなたにおすすめの記事