山のあなた 徳市の恋の作品情報・感想・評価

「山のあなた 徳市の恋」に投稿された感想・評価

だめだわたしやっぱり石井克人好きなんだ!
別段面白い話があるわけじゃないのに、なぜか人々が気になるしどこか石井克人らしさを感じるのはなぜなの?
この石井克人らしさはどこからきてるの!?
毎度のことながら、石井克人作品の子供は最強なんよ
あと、ひとつだけ、CG感の強い街中はなんなんだろう、、、
みお

みおの感想・評価

3.1
草彅と加瀬亮のキャラクターがおもしろかった。内容はまずまず。
けわな

けわなの感想・評価

3.0
ラストの草彅くんが走るシーンと加瀬亮の背中がちょっと切なくて、良かった。
にしてもマイコの透明感にワロタ。
リメイク作品。原作は未鑑賞。
同監督の「そらそい」に続いて観たためか、リメイクだけあってだいぶ楽に観られた。

私はゆったりペースの作品は苦ではなく、またそのペースもまずまず題材に合っていたので気にならなかったが、観終ってしまうと時間に対するストーリー展開に厚みが足りなく感じるのも事実。
すると本作はストーリー以外の部分で鑑賞者を納得させる必要があるはずだが、風景美はそこそこにしても、演者の力量不足は否めずむしろ悪目立ちしていた。

温泉地は歌枕ならぬ〈小説枕〉であり、小説が隆盛する明治〜昭和前期という時代に寄り添って旅先として繁栄した歴史がある。
『坊っちゃん』『城の崎にて』『伊豆の踊子』など温泉文学は枚挙に遑がないが、それらの多くはどれも極めて日本的な美観と、国文学史上最高レベルの美文との相乗効果の上に成り立っている奇蹟と言えよう。

そんなジャンルに新たに切り込んでいくには、本作はあまりに無防備に近い無謀な挑戦だったと捉えられても致し方ない。
また、そのような偉人たちの遺産とリンクすることで鑑賞者の中に立ち上がる抒情に寄りかかりすぎ・助けられすぎて、呼応するものを決定的に欠いている。

故に、それなりの感動はあるが借り物感が拭えず、鑑賞者は単体の作品としての物足りなさを無意識にも感じるのではなかろうか。

written by K.
寝る前にちゃちゃっと見られる作品何か無いかなと思い、見る前からムカつくことがわかりきっている作品を選ぶのはどうかと思いつつもさっさと消化しておきたいという気持ちもあったので、腹を立てる覚悟をして臨んだ。

そして蓋を開けてみれば案の定撮影を真似ているだけで役者の演技にも場面作りにも無粋な音楽にもまるで清水宏の自然主義の良さが1ミリも再現されておらず、清水宏の名作のリメイクというより超劣化版という印象しか受けず、果たして改めて清水宏の名作を撮り直した甲斐なんてあったのかと呆れてしまった。

というかこれを見ているとこの監督は清水宏の他の作品はおろかフラハティやネオレアリズモの監督らの作品すらちゃんと見ているのか疑問に思うくらい自然主義のしの字も感じられず、この監督に撮らせたのが間違いだったのではないかと強く思う。(これが北野武とか是枝裕和とかが監督していたら清水宏のものとはまた違った自然主義的趣が出て良い代物になっていた可能性もあったけど)

カメラワークの模倣具合は確かに頑張っていたとは思うけど、それだけじゃ清水宏の情景を再現できるわけでは決してないし、もし清水テイストを再現する気が無かったのだとしたらカメラワークを律儀に真似てるんじゃないと一喝したい気分。(逆説的に同じ撮影法でも全く違う質感になるという例として面白いのかもしれないけど、それにしても役者の演技がノイズになって決して良いとは思えない)

辛うじて悪くないと思えたシーンでも無粋に音楽を鳴らしやがり(特にバックに滝が映ってたシーンとか滝の落ちる音があるのに音楽流す必要無いだろと頭を抱えてしまった)、監督の映画作りの根本的なセンスすら疑ってしまった。

ということでただでさえ最近の典型的な日本映画が色々仰々しくて嫌いなのに、そのテイストで自分が大好きなかつての名作を蹂躙してくれたもんだから思った以上に怒り心頭に発してしまい、茶の味しか知らなかった石井克人が目出度くマイブラックリスト入りすることと相成った。


ふざけんな!!
(2011年6月のレビュー)

静かな静かな心の爆発。
宇宙の爆発に音はなし。

草彅剛の進化した演技力に感服しました。


製作:2008年(日)
監督:石井克人
出演:草彅剛、加瀬亮
0i7

0i7の感想・評価

3.1
リメイク元の『按摩と女』未鑑賞
リメイク元を撮った清水宏監督は戦前30年代と戦後50年代の日本映画の黄金期を築いた監督の一人とは知りつつも1本も観たことがなく、本作のオリジナル版を糸口に観てみたいなと思いました
リメイク元の評価が高く本作の評価が高くないのは、
今の時代に当時のまま撮るということ自体は新鮮ながら一方で映画としては時代のニーズにそぐわないからかなと思いました
ミステリアスな女を演ずるマイコさんの昭和の大女優のような色気と涼やかな気品が素敵でした
オリジナルそのままらしいので当然かもしれませんが、
言葉遣いと台詞回しの古さが、古めかしさを装っていない、自然な古さなのが良かったです
尾野真千子さんが出演されているのを知らなかったのですが、そこまで出番が多くはないのに引きでもわかるほどの存在感でした
hotkeiko

hotkeikoの感想・評価

1.0
マイコの声がいい。演技はちょっと(初めてだから)大根だけど。
昔の映画のリメイクらしく、セリフがおもしろい。子供の「チェッ」が、ノスタルジーを誘う。
しかし。
なぜこれをリメイクしたのか?なぜ徳市が草彅剛なのか?なぜフジテレビなのか?
馮美梅

馮美梅の感想・評価

3.0
風の匂いや自然の匂いが映像から感じられる作品。

主人公は目が見えないけれど、その代わりに微妙な気配や匂いなどで、見えている人以上に、いろんなものを感じることが出来る。

見えることが幸せなのか?見えないことが幸せなのか…

目に見えることがすべてではない。
心で感じることが出来るかどうか…

作品を見てノスタルジックな映像はともかく、緑の木々や土埃や川のせせらぎ、温泉の湯気の匂いや太陽の眩しさ、日蔭の湿気を含む木々や土の香りがしてくるような作品でした。

一番インパクトがあったのはやっぱ「ぼく・・・いやだ~ん」(笑)
山奥の温泉街っていう風景が好き。
草彅くんと加瀬亮、同じ按摩さんなのにキャラが違うくて、演技力〜。