神様のカルテ2の作品情報・感想・評価

神様のカルテ22013年製作の映画)

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

「神様のカルテ2」に投稿された感想・評価

メイ

メイの感想・評価

-
続編も続きで見た
やはりあたりタイプではないがストーリーは良かった

このレビューはネタバレを含みます

予想以上に「深い」内容。

藤原竜也演じるタツ、彼の発言や行動をどのように感じるかがこの作品の最大のポイント。櫻井翔演じるイチと「対比」しながら観ると面白い…けど、そこで多くの人がこの作品のメッセージを「誤解」する可能性が高い。

多分、多くの人は最初はタツの発言や行動を「良く思わない」。しかし、彼の置かれた環境を知ってからはその評価が変わると思う。でもそれは、本当はおかしい。なぜなら、タツは最初から「間違ったこと」はしていないから。そしてタツの発言や行動が正しいか否かは、彼の置かれた環境を理由に決まるべきものではないはずだから。

では何故、タツの発言や行動を最初から「正しい」と感じることが出来なかったのか。それを観客に問いかけることが、この作品の最大の目的。多くの人が医者を「人間」として見ていない。それゆえに医療現場が抱える矛盾、問題をしっかり指摘してる。

だからと言って、イチがタツの発言や行動を「おかしい」と感じることを否定するつもりもない。サービス残業や休日出勤をいとわずに頑張る姿勢は、自分には真似できないけど素晴らしいと思う。しかし、それを他人に強要するのは間違っているし、会社でそんなことをする人を見つけたら止めるべきだと思う。「みんなやってるから」お前もやれなんて言うのは、チームワークや協調性の履き違え。そんなメッセージがこの作品には込められていると思う。

だからこの作品は、決してイチとタツのうち「どちらが正しいのか」を問うものではないと思う。そこを間違えなければ、かなり見応えある作品だと思う。
泣いた。
特にサプライズをするところの演出が本当に良かったです!!
小説の映画化でも結構クオリティ高い。登場人物みんな、癖はあっても棘は実はない。そこの演じ方がみんな上手
minnozzi

minnozziの感想・評価

3.3
ステキなドラマでした。宮﨑あおいがいい雰囲気出していてグッド!
Skyler

Skylerの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作と比べ更に深みのあるストーリーになった。

医者に限らず共働きで忙しい夫婦は育児もままならず、お互いの意思の疎通も難しくなっていくというもの

これは育児を国(社会)全体で担うべき事と捉えない先進国としてはお粗末な日本社会の抱える問題

今作のようにちょっとしたボタンのかけ違いで誤解が生じ精神的にも追い詰めら、社会的な信用も失っていくケースも沢山あるに違いない

友達思いの一止とはるなはそんな状況に追い込まれ変わり果てた友人の心の拠り所となり、夫婦の本当の思いを見つけ出す。

医者のモラル問題はさておき、余命宣告を受けた先輩医師古狸先生の為に電飾を消して屋上の暗闇に広がった一瞬の星々の輝きは本当に綺麗だった。

3も観たかったな。
be

beの感想・評価

3.8
話としては前作の方が好きだったけど、2の方が断然泣ける。
泣くタイミングがいっぱいあって、上映中に10回以上は泣いた気がする笑。
やっぱり宮崎あおいと櫻井翔の夫婦が素敵……
checopan

checopanの感想・評価

4.8
最初は高校の友達に教えてもらって。そのこに小説を借りて、すごくハマって、自分でも買ったほど。映画も絶対見ようと思ってた。栗原先生に櫻井翔,ハルに宮﨑あおいと役が合いすぎてて、本当に最高だし、小説とマッチしてる部分が大きくて、小説でも涙したが、映画でも泣いてしまった。心が洗われる映画で、ハルさんの優しさが大好き。
瑞稀

瑞稀の感想・評価

4.0
医師として人を助けることを取るか家庭を取るか
どちらも正解だと思うし不正解だとも思う
医師に限らず仕事と家族の優先度のバランスはなかなか難しいし、人間関係なんて些細なズレからすぐに崩壊し始めるから厄介
なぽぽ

なぽぽの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

また、泣いた……

柄本明さんが強い……
また、櫻井さん( ; ; )

嫌だけど、こうありたいものと感じました。

人間の話をしているんだと言う場面は、なんか胸にくるものがありました。
>|