農家の嫁 三十五歳、スカートの風の作品情報・感想・評価

「農家の嫁 三十五歳、スカートの風」に投稿された感想・評価

Love&Eros CINEMA COLECTIONの一作。農家に嫁いだ人妻が"モーニング娘。"のオーディションを受けるために東京へ向かうロードムービー。平凡な女と男たちの平凡な日常から抜け出せないお話。広島弁が作品の雰囲気に合う。くしゃみしたら鼻からスパゲッティ。応募写真は反則技。「愛ちゃんは、あったかもしれん何かを必死に繋ぎとめようとしてるんや」

HDDに間違って録画されてた映画を消す前に視聴、という新年1発目の鑑賞。

35歳の農家の主婦が、モーニング娘。11期生オーディションを受けるために、単身(広島だと思われる)家を飛び出し、逃避行のような道程で東京へ向かうという物語。

広島出身の鞘師里帆という稀代の才能がモーニング娘。を卒業した翌日(2016年1月1日)に見る映画として、どうだったのかという内容であるが、公開当時が2012年ということで、おそらく製作者側は彼女を意識したと思われる。作り手側も、結構なアイドルファンなのだろう(絶対非公認だけど)。

主演の嘉門洋子による濡れ場多数のR-15作品。んで、濡れ場を期待すると全くダメなので評価は低くて当然。ただし、物語のアプローチとしては決して悪くないと思う。言い方次第だが、超変化球のアイドル映画とも言えます。農家の夫婦としての風景も、作りモノに感じない味のある部分。

もっと普通に作ったら良かったと思うんだが、物語的に許せるのはこういう作りかもしれない。良いも悪いも「惜しい」という言葉が飛び交うのもアイドル映画らしいかな。
農家に嫁いだ35歳の愛(嘉門洋子)はある日「モーニング娘。」のオーディション告知のポスターを見る。
愛は夫に内緒でダンススクールに通い始め…。

誰でも現状を打破したいという感情は持って当然。
しかしこの主人公は何が不満なのか明確ではないのでイマイチ感情を入れ辛いんですよねぇ(^_^;)
農家の大変さとか、古くからの町のしきたり云々とかあればね。

そもそもエロ目線の作品というなら、もっとエロくしてくれよ!ってな話(^_^;)
嘉門洋子はフルヌードじゃないし!( ̄▽ ̄)

消化不良な劣悪品です(笑)
だ~れもレビューしていませんね…
する人いませんよね(笑)
タイトルに誘われ鑑賞したが、これが登録されているとは驚きですf(^ー^;
流石はFilmarks !

R15作品で~す!
本作は、愛と性をテーマにした作品にさまざまな監督が挑戦するシリーズ【Love & Eros CINEMA COLLECTION 】セカンドシーズン第1弾だそうです。
当然そんなシリーズは知らないし聞いたこともない。

嘉門洋子さんが主演です。
35歳の農家の嫁が「第11期モーニング娘。募集!」のチラシを見て、何を思ったかオーディションにチャレンジするストーリーです。
東京のオーディション会場に向かう道程でR15的表現がありますが…
考え方によってはフラッシュダンスに近いかも…σ(^_^;)?
*ぜんぜん違いますからご注意を

まあ、興味を持たれた方は見て下さい程度のモノでした_(^^;)ゞ