最低。の作品情報・感想・評価

最低。2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:120分

3.3

あらすじ

果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・橋本美穂(森口彩乃)34歳。折り合いの悪い家族から逃げるように上京し、都会でAV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)25歳。奔放な母親に振り回されつつも、絵を描く時だけ自由になれる女子高生・本間あやこ(山田愛奈)17歳。境遇も年齢も性格も異なる3人の女。彼女たちに共通するのは、<AV>と関わりを持っていること。彼女…

果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・橋本美穂(森口彩乃)34歳。折り合いの悪い家族から逃げるように上京し、都会でAV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)25歳。奔放な母親に振り回されつつも、絵を描く時だけ自由になれる女子高生・本間あやこ(山田愛奈)17歳。境遇も年齢も性格も異なる3人の女。彼女たちに共通するのは、<AV>と関わりを持っていること。彼女たちの運命が、ある出来事をきっかけに動き始める……。

「最低。」に投稿された感想・評価

しーこ

しーこの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

みんな繋がっていくのにはびっくりだけど。

佐々木心音の芝居いつもナチュラルすぎるくらいナチュラルでいいんだよなぁ。気取ってない。
かずと

かずとの感想・評価

3.5
最低。最低だよね。大切にしたい日常を自分を大切にできない。相手をわかってあげられないこんな人間っていう生き物最低だよね。
でも『わかってあげたい』という誰かの気持ちに毎日救われてるし、もしかしたら自分も誰かを救ってるかもしれない。
ポッキリ折れてしまいそうになりながら『どうにかしたい』という自分の気持ちに毎日生かされてる...。
ちょっと生々しいエロが多すぎるけど...、登場人物たちの気持ちの発露には共感してばかりで泣きそうになりました。行き詰まってしまった感でいっぱいの毎日、自分を傷つけてしまう人みんなに良い転機があれば良いのにな...と思いました。
鱗子

鱗子の感想・評価

3.6
「私たちにあってはならないことなんてあるんですか」

まあ、山田愛奈ですかね。
瀬々監督の作品で気になって観賞。
それぞれ母親の強さや暖かさを感じた。
父親の臨終にAVに出てて立ち会えなかったとか…なんとも言えない気持ちだろうな。
繋がってたことに、なるほどと思った。

18,6,30 DVD
もねこ

もねこの感想・評価

3.7

‪母親が元AV女優の女子高生アヤカ、東京に出てきてAV女優になったアヤノ、夫とうまくいっておらず出演することになったミホのAVに関わる3人の女性の物語。‬


人は柵の中で生きてる。

映画の中の女優さんたちは柵から解放されるために、AVに出演してたのかもしれないとおもった。

個人的にアヤカとミホが廊下で寄り添って寝てるシーンが好き。お互い周りの人に雁字搦めにされてるよねって無言で分かりあって似たもの同士で寄り添う感じが好き。

ミホ役の森口さんがものすごくお綺麗で憂いのある表情が惹き込まれる。

AV女優さんの紗倉まなさんが原作を書いているのですが、そういう色眼鏡なしにみてほしい。AVだからとかそんなことなしに人間としてこーゆー葛藤や悩みあるよねって。いい映画でした。


映像のフィルムカメラでとったような色味とか、表情の捉え方とかがすごく素敵。
綺麗だな。遠いどこかで自分を肯定してくれる存在があることに人はどれだけ励まされ生きていけるのだろうか。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
最近の映画は拷問のように母と娘をみせてくるよね。
母というのは罪深い、どんな母親でもいつしか勝手におばあちゃんになってこちらの罪悪感を刺激してくる。
ああ、母よ。母とはなにか。
うーんなんだろな。
パットはしない映画だったな。
3家族の話し。全てAVと関わりがある家族ドラマだね。1人は父親が男優、母親が元女優。
2人目は女優。
3人目は嫁さんが女優になってしまう。
それぞれの家族の葛藤とか。親が男優なのがバレて学校での出来事とか。
一応、最後は軽く三家族が繋がるかんじかな?少しだけだけど。
まーこうなるわな。ってかんじ。
優良

優良の感想・評価

3.0
2018年19本目。

何かの予告から気になってて、旦那に新作TSUTAYAレンタルしてきてもらいました!

そしたら、

「店員さんに変な目で見られたやん! 変態やん」

って言われましたの。

確かにおっぱい丸見えだし、ガチAVシーンもあるけど、そうじゃなくて、ちゃんとヒューマンドラマなの!!

リアルやからちょっと興奮したけry 禁断の近親相愛ものっていうのに笑ったけど。

「俺のタイプなんです」

って言ったお兄さんタイプでした。

私はね、どんな職業でも必要かなって最近、思ってきました。行くかどうか借りるかどうかとか別にして、キャバとかホストとかセクシー女優も必要だと思います。

過激な職ってその分、葛藤もあるんやなって思うけど、どんな職やて葛藤はあるんやしね。自分がどういう覚悟でどういう心意気で働くかが大切だと思う。ネジ曲がった気持ちで働くのはどうかと思うけど、前向きなら応援したい。

そして、後半はまさかの繋がりもあったりして、少しうるっと。

ただ、それぞれこのあとどうなったかが知りたい。

そして、忍成くん。スカッとジャパンの時はうざいけど、やっぱりかっこいいものはかっこいいね! 彼もタイプですわ。(黙)

ちょっと耐性だいぶついてきたので、ベッドシーンある系映画もますます攻めていきたいですなぁ。笑
筍

筍の感想・評価

3.1
瀬々監督の作品なので、やはりエロさよりも上手さが際立った作品でした。
予備知識なしに観たので、コロコロ変わる女性に最初戸惑ったけど、みんな別人でよかった。一人の女性の人生の話だったってオチもあり得るからね。
>|