最低。の作品情報・感想・評価・動画配信

「最低。」に投稿された感想・評価

Reeee

Reeeeの感想・評価

2.0

重ため映画。
淡々と進んでいきます。
途中から退屈でした。
女達の見た目の雰囲気とか話し方とかが似てていま誰の話をしてるの?となった
何かを探したり掴み取る過程としてAVをやるという流れは現実でもよくあるけど、なんか好きなんだよな。ただエロが好きでやってるのもいいけど

紗倉まなとか戸田真琴とか、言葉にするのが上手だし聡明な人たちはこういうものを作れて書けてそれだけで魅力的なのに、ちゃんと性的に消費されていくの超人生で好きだしそんな世界でもっとこういう作品生み出してほしい
面白くなさそうと思って観てみた。
思ったより、それぞれの事情の話があって暗めだけどよかった。
だけど、誰の話をしてるのか分かりにくい。
missu

missuの感想・評価

3.6
なんか…感動した。
AV女優の裏側。これが全てじゃないけど、もっと、なんて言うか、、、AVにも、重みがあって欲しいなと。 
同じ女性として。簡単には片付けられない事なんだと。
ヒナ

ヒナの感想・評価

2.9
原作が大好き過ぎて映画をあまり覚えてない。私はずっと女の子たちが性的コンテンツによって汚い大人たちに搾取されるのが耐えられない、綺麗事だし私も出来てないけど好きな人とだけ体を重ねて欲しいな。

AVで救われる人は何人いるんだろう
かおん

かおんの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

はっきり言って暗いです。でもなんとなく続きが気になって最後まで見てしまいました。笑
この物語は3人の女性をAVの仕事を軸にして描いています。
北海道から上京し学校を休学してAVに勤しむ女性、既婚ながらAVの仕事を始める女性、かつてAVをしていた母に育てられる女子高生。
それぞれが葛藤を抱きながらも生きる姿が描かれており、バラバラに見えた3つの物語が最後に交わります。
見ていて思ったのは、3人とも自分をずっと探している。そして認められたいと思っている。その方法のひとつが多分AV。
AVはマイナスで捉えられることが多いんだけど、よく考えるとそれも不思議だなーと思ってしまいました。なぜ、性欲は3大欲求のうち、唯一恥ずかしいものと考えられるのだろう?人間の本能的な欲求を満たしてなにが悪い?そしてそれを見せることを仕事にしてなにが悪い?大食いなんてテレビで大々的に放送されているし、それと何が違うの?そもそも裸を見せることを恥ずかしがる必要があるか?などなど色々と考えてしまいました(あ、現行法では外で裸を大々的に見せると罰されるので注意してくださいね。笑)。
alfas

alfasの感想・評価

2.8
ストーリー・構成:集中できる?感動的?驚き? 0.6
演出:CASTING、俳優の演技、映像の見せ方、音楽の聴かせ方 0.6
独創性:この映画でしか味わえないか 0.6
印象:印象に残っているか 0.5
時代性:今の時代でも色あせてないか 0.5

好み・特筆点:一部はダメとかここだけでもいいとか ±0
その道では有名どころの女優、紗倉まなサンの原作にして、かつてはピンク映画四天王の一人とまで言われた瀬々敬久監督の手によって映画された本作。
うまい具合にそれぞれの年代の女性たちが持つ心の移ろいをしっかり描いているのは本当に良い。

タイトルは「最低。」だけど、多くの女優さんたちに支えられて描かれた本作は「最高。」だと思います。
うば

うばの感想・評価

1.5
AVにまつわる女性の映画。
そういう風に見られることあるよなーとか、そういう悩みもあるよなーとか、予想がつく事ばかりでそれを解決するでもなく終わってしまった。
f

fの感想・評価

1.8
なんか群像劇なのはいいんだけどいまいち顔が似てたりどの物語なのかわかりづらくてわたしは微妙だったかも
>|

あなたにおすすめの記事