テイク・イット・イージーの作品情報・感想・評価

テイク・イット・イージー1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:108分

3.4

「テイク・イット・イージー」に投稿された感想・評価

北海道の西部劇のような町にバイクに乗って現れた民川裕司は地元クラブ歌手の名取裕子を口説いてるところ 暴走族のような集団と乱闘になる。その後も雨の中のキス、監禁場所からの救出、民川から名取へのパーパンチと『ストリート・オブ・ファイヤー』のようなシーン続出の怪作。

「若者はなにかといえば世界が自分を待っていると言うがそんなもの誰も待っちゃいない!夢と幻想とは違うんだよ」丸山昇一はこの3部作で毎回同じようなセリフ書いてるなぁ。