ポッピンQ(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:95分
    監督
    宮原直樹
    原作
    東堂いづみ
    キャスト
    瀬戸麻沙美
    井澤詩織
    種﨑敦美
    小澤亜李
    黒沢ともよ
    島崎和歌子
    小野大輔
    羽佐間道夫
    あらすじ
    春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている“同位体”だった。伊純が迷い込んだ場所は“時の谷”。ポッピン族は、様々な世界の“時間”を司る一族。ところが、その“時間”がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。“時の谷”には、伊純と同じく“時のカケラ”をひろった少女たちがいた。勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。みな悩みを抱えたまま“時の谷”へとやってきていた。そして伊純と同様、その傍らには“同位体”のポッピン族がいた。彼女たち“時のカケラ”の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで“時の谷”を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。だが5人目の少女、沙紀はみんなと踊ることを拒絶する。「私は元の世界になんか戻りたくないから」。その言葉に伊純の心はうずく。「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」-。

    「ポッピンQ」に投稿された感想・レビュー

    ミハイル暁
    ミハイル暁の感想・レビュー
    13時間
    2.5
     卒業式当日、いきなり異世界に飛ばされた女子中学生達は、世界を救うため、ダンスを踊る羽目になった、という物語。
     何を言ってるのか分からないけど、でも本当なんだよ。2クールアニメの総集編みたいな映画。幾らなんでも端折りすぎだ。
     賛否両論も納得なんだけど、でも言われてるほど悪くない。言葉足らずだとは思うけど、女子中学生の成長をきちんと描いてるのは好感が持てる。
     うーん、これは実はTVシリーズとして企画されたけど、止む得ない事情で映画にするしかなかった、という風にも見えるなぁ。TVシリーズの企画だったと考えると、あのCパートの意表を突く展開というか、全力のやり投げっぷりも納得できる……出来るかぁ!w
     「これはどこの男坂だよ!!」と叫びたくなるCパートだけでも観る価値ありました。
     いや、マジでマジで。
    さささ
    さささの感想・レビュー
    1日
    5.0
    シンプルでストレートで胸に刺さる。挫折、そして再挑戦。それを味わったことのある全ての人に贈りたい物語。素直な気持ちで観て欲しい。
    中学生という大人でも子どもでもない彼女達だから出来た冒険。
    プリキュア的要素と王道ストーリーというファン層が掴みにくかったためかあまり視聴数が増えなかったのが残念でならない。
    玉置雄也
    玉置雄也の感想・レビュー
    3日
    3.8
    大事なことが伝わる良い作品。
    Silve
    Silveの感想・レビュー
    3日
    2.8
    限りなく中途半端で惜しい。
    さいぽおおおおおおおん
    さいぽおおおおおおおんの感想・レビュー
    2017/05/19
    3.4
    正直話作りはちょっと雑というか、練り不足といった感じ。でも個人的には好みです。続編あるある展開はちょっと、、、
    第1なかはら
    第1なかはらの感想・レビュー
    2017/05/04
    2.3
    オープニングだけ踊るんだなって思ったのにwwww
    勝手に魔法使いの話と思ってたけど、踊りで世界を救うって少し新しい?ね、良いね?って感じ。

    後半爆速で話進んだ気がする。
    ペース配分どうなんだ?は、cパート部分で納得できた。が、続編の情報が全然出てなくて悲しい。
    dvd、ブルーレイの売り上げ次第とかなのかな、、続編見たいけど、dvdはいらんな。。
    でも、もっと見たいと思った!買いたくはないけど!

    あさひちゃん可愛いいい
    るぴんがキャンチョメに見えてきて愛おしくなるね。
    声が聞き覚えあって、終わった後調べるのが楽しかった。
    ゴーヤ
    ゴーヤの感想・レビュー
    2017/05/04
    2.4
    宣伝から東映がかなり力をいれてたみたいやけど、おもいっきり助走つけて滑った感じ
    タナカ
    タナカの感想・レビュー
    2017/04/27
    -
    半分以上寝てしまった。
    手遅れ
    手遅れの感想・レビュー
    2017/04/27
    -
    主人公付のパートナー妖精が自己啓発本の一節みたいなセリフばっかり言う。
    やわらか
    やわらかの感想・レビュー
    2017/04/26
    1.5
    以下、そもそもこの映画の対象が自分じゃないってところを抜きにした場合の感想。
     
    -----------------------------
     
    今年ダントツの出来だった。悪い意味で。
     
    脚本が圧倒的にダメで、キャラの行動や心情の変化の理由が全く描かれてない。正直言って映画観てる間中、長い原作があって、それを短時間に詰め込んだダイジェスト版なんだろうと思ってた。ウィキペディア見る限り違うようだけど。
     
    あと、個々のシーンの会話では、台詞が全部わざとらしくて辛かった。シーンの切り替え前にお約束みたいな息をのむリアクション。主人公がほとんど標準語なのに一部だけ高知弁なのは何故?
     
    単語の選び方も最悪で、中3という設定以上に幼いキャラに「ハブ(HUB)」「同位体」「視覚化」とか、深夜アニメで使いそうな言葉をしゃべらせんなよって言う。
     
    たぶん最大の見せ場の筈のダンスシーンは、本編の絵柄から完全に乖離してて、流れぶった切りで違和感ありまくり。5人もキャラが居て、それぞれ特技や性格分けや色分けまでしてるんだから、ダンスにも個性を出そうよ。生気の感じられないあの動きで何を伝えたかったんだろうか?
     
    絵柄とかCGみるにそれなりに予算掛けた映画だったんだろうけど、いったい誰に向けて、どういう売り方したいと思ったんだろうか。そして、こんな出来で続編作って意味あるんだろうか?


    ・・・と、ここまで書いてきて、映画観た90分ちょっとより、このレビューで悪口書いてる時間の方が長いことに気づいた。もし周りに観た人がいたら、どこがダメかあと2時間ぐらいは語れる自信があるから、実は結構楽しませてもらった・・・のか?

    -----------------------------------------

    以下思いついたことのメモ

    ・何でこの5人が選ばれたの?
    ・何で卒業式の日だったの?
    ・何で人間があっちに行くと弱くなるの?
    ・スーツ着て強くなる(第1段階)という説明はあるけど、描写はなかった。その設定の意味は?
    ・全員のダンスシーンが見せ場なら、OPでネタバレ止めようよ。
    ・生徒会長と悪サキの関係は?
    >|