ポッピンQ(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:95分
    監督
    宮原直樹
    原作
    東堂いづみ
    キャスト
    瀬戸麻沙美
    井澤詩織
    種﨑敦美
    小澤亜李
    黒沢ともよ
    島崎和歌子
    小野大輔
    羽佐間道夫
    あらすじ
    春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている“同位体”だった。伊純が迷い込んだ場所は“時の谷”。ポッピン族は、様々な世界の“時間”を司る一族。ところが、その“時間”がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。“時の谷”には、伊純と同じく“時のカケラ”をひろった少女たちがいた。勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。みな悩みを抱えたまま“時の谷”へとやってきていた。そして伊純と同様、その傍らには“同位体”のポッピン族がいた。彼女たち“時のカケラ”の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで“時の谷”を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。だが5人目の少女、沙紀はみんなと踊ることを拒絶する。「私は元の世界になんか戻りたくないから」。その言葉に伊純の心はうずく。「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」-。

    「ポッピンQ」に投稿された感想・レビュー

    地球へ
    地球への感想・レビュー
    2日
    3.7
    異世界へ飛ばされた5人の女子中学生が世界を救う物語。

    中学卒業を目前にした、悩める5人の女子中学生が主人公。
    それぞれ悩みを持っているが、お互い面識もなく共通点もない。
    何故このメンバーなのか?
    5人の悩みは?

    異世界と元の世界は共に「時間の崩壊」寸前の危機に陥っていた。
    そしてその危機を救うために5人が心を合わせて「ダンス」を踊る。
    何故ダンス?

    また、この異世界には奇妙な生き物(妖精?)が住んでいて、この生きもと少女たちはそれぞれ同位体(ペア?)とのこと。
    何それ?

    いろいろと説明不足であるが、世界を救うために彼女たちは踊る!
    ダンスと歌ありきで物語が展開していく。

    消化不良ではあるが、ダンスと歌が楽しいのでそれなりに楽しめました。

    エンディングの後で・・・
    もしかしたら本作品は Episode 0 だったのでしょうか?

    上映時間は95分なのでもう少し延長して、個々のキャラスターを深く掘り下げても良かったのではないでしょうか。

    ところで続編は?
    ご存じの方は教えて下さい、続編が気になります。

    キネカ大森の名画座にて、「虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜」と2本立て鑑賞。
    たくみ
    たくみの感想・レビュー
    2日
    1.0
    キネカ大森の名画座で「虹色ほたる〜永遠の夏休み」と同時上映だったので、大して興味はなかったがせっかくなんでついでに観た。結論から言うと「虹色ほたる」だけで帰っておけば良かった。ひとかけらの感動も共感も得られず、途中で帰りたくても通路に立ち見客が居てそれも出来ず。これだけ人気があるんだから作品がつまらないのではなく、自分の感性の問題なんだろう。スコアは最低が1.0だから1.0にしたけど心情的にはもっと低いです。ファンの人、観てしまってごめんなさい。自分が居なければ立ち見の人が一人座れたと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいだ!
    HarnaKonis
    HarnaKonisの感想・レビュー
    6日
    -
    2017(50)
    女の子が集まるとかわいいよね
    みやこ
    みやこの感想・レビュー
    2017/04/16
    3.4
    すごくよかったし続編も楽しみ!女の子はみんな可愛いしダンスも楽しい!
    卯月草
    卯月草の感想・レビュー
    2017/04/16
    4.0
    記録。
    KWINA
    KWINAの感想・レビュー
    2017/04/07
    4.8
    初めは何もかも違ってバラバラな五人。ダンスを通して協調性が育まれ、ともに成長していく…素晴らしいじゃないか。
    服部だった何か
    服部だった何かの感想・レビュー
    2017/04/03
    2.9
    東映アニメーション60周年記念作品、との事でしたが全体的に空回り感が否めない。
    黒星紅白の可愛いキャラデザはアニメファンには響くだろうし、個人的にセルルックCGは嫌いだがそれを抜きにしても作画で特に手を抜いているようには見えない。
    なんというか幅広い客層を拾いにいってどっちつかずになっているような。青春時代の成長を描くにもそれぞれのエピソードが浅く大人としては深く考えさせられるほどではないし、かといってプリキュア等を見る世代にはまだピンとこないのでは。
    プリキュアを引き合いに出したのは無論原作者が同じなので。歴史ある東映アニメーション、確かに幅広い世代に人気だろうが一つのオリジナル作品を作るに際してターゲットは絞りきった方が良かったんじゃないかなぁ。
    アンディアンダーソン
    アンディアンダーソンの感想・レビュー
    2017/04/02
    3.5
    思ってた以上に面白かった。
    ダンスシーンやら何やらには興味なし。
    思春期の少女の成長物語として、シンプルで良かった。
    もうちょっとストーリーをこねくり回したらもっと良くなったかなと。
    5人が実は全員違う時間軸とか。
    こぬき
    こぬきの感想・レビュー
    2017/03/20
    -
    とにかくストーリーが悪い。
    予告見ての期待値があったが、残念!
    結局、アニメ上のバーチャルアイドルにダンスさせたいだけの映画だった。
    時の城とか、敵とか、ストーリーに全く関係ないこじつけだったな。
    続編作る気だったな。エンドロールの後に続編の予告が結構長く流れた。
    もうちょっと脚本が何とかならんのか?と思ってしまった映画。
    はげあたま
    はげあたまの感想・レビュー
    2017/03/20
    2.8
    黒星紅白キャラに可愛い衣装着させてプリキュアダンスを踊らせたいだけという極めて業の深い映画でした!
    円盤何枚買えばニチアサ4クールになるんですか!!!?
    ある意味で最高の映画なんだけど、刺さる客層が読みづらい作りとマーケティングで、本当にもったいない。
    女児向けオリジナル劇場版として割り切って大きいお友達がレイトショーで観に行くみたいな流れで良かったのでは……
    >|