ポッピンQ(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:95分
    監督
    宮原直樹
    原作
    東堂いづみ
    キャスト
    瀬戸麻沙美
    井澤詩織
    種﨑敦美
    小澤亜李
    黒沢ともよ
    島崎和歌子
    小野大輔
    羽佐間道夫
    あらすじ
    春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている“同位体”だった。伊純が迷い込んだ場所は“時の谷”。ポッピン族は、様々な世界の“時間”を司る一族。ところが、その“時間”がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。“時の谷”には、伊純と同じく“時のカケラ”をひろった少女たちがいた。勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。みな悩みを抱えたまま“時の谷”へとやってきていた。そして伊純と同様、その傍らには“同位体”のポッピン族がいた。彼女たち“時のカケラ”の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで“時の谷”を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。だが5人目の少女、沙紀はみんなと踊ることを拒絶する。「私は元の世界になんか戻りたくないから」。その言葉に伊純の心はうずく。「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」-。

    「ポッピンQ」に投稿された感想・評価

    ダンスシーンをプリキュアのチームが手がけててさすがの安定感!何かを守るために戦う女の子はいつだってかっこいい、最後の予告的な部分がとても楽しみで仕方ない、
    PLAYER
    1.5
    ていうか続きあるんかーい。

    LWAロストがショックで替えになるかと思いきや、出来の悪いプリキュアだった。
    ダンスで世界を救う→異世界バトル物に豹変。敵ステータス表示とか、なろう異世界転生かよ。
    少女たちのキャラも弱く、悩みが上位カーストすぎて独りよがり。持たざるものが一人もいない。
    黒星紅白さんの絵がいいぐらいしか褒める点がない。
    映画で複数人に焦点を当てると失敗するいい例。
    AdBalloon
    3.1
    公開当時結構気になっていたけど、上映館数が少なく、また偶然金欠時期と重なってしまったこともあって見れてなかった本作品、レンタルでようやく鑑賞!

    ***
    構成に難あり。キャラの良さは出ているけど、視聴者の理解のため・ストーリーのために深く掘り下げるべきところ(少女たちのバックグラウンドやポッピン族についてなど)を放置している一方、どんどん新たな展開へ目まぐるしく進んじゃうから、なーんか色々やりたいことがあるんだろうけどそれを上手く尺にまとめられていない感。そもそもこの作品は、一体どんな人をターゲットにしているのでしょう?ちっちゃい女の子向けなのか、主人公たちと同じくらいの中高生向けなのか、はたまた大人向けなのか。個人的には、そのどれもを的にしようとして、その結果不釣り合いな、チグハグ感が滲み出てしまっていたんじゃないかなとか思う。

    でも、瀬戸麻沙美、小澤亜李といった個人的にアツい声優が出ていて、それに合った大変かわいらしいキャラを眺められたので全然OK。満足。特に大道あさひちゃんが優勝すぎて、小澤亜李の劇場デビュー作がこんな可愛い子なんだぁって何か嬉しくなった。
    黒猫式
    3.0
    Cパートの驚きを喜びに変えてくれるような続編が公開されない限り、この作品を東映アニメーション60周年記念作品と呼ぶことに全力では賛同しかねる。
    ただスティーブン・セガールも驚くかもしれないような合気道の動きは大好きですw
    saki
    -
    ダンスシーンで足音とかは正直いらない
    kana
    2.9
    うーん色彩とかキャラデザはやはりさすがの黒星紅白さん素敵だったけど、話の展開とかダンスの入りはちょっと仰々しくて例えるならプリキュア、、、
    ミュージカル的なものを期待していたからか、ちょっとがっくし。でも可愛いからまあ、、、
    1412
    1.4
    くそつまらんかった
    きの
    2.6
    プリキュアやんと思ったら案の定、東堂いづみ。
    gonだい
    2.7
    高幡不動が出たからおまけ
    nero
    -
    これは・・・・絶句  ひどい  ストーリーにすらなっていない

    ダンスを違和感なく踊らせられるくらいCGのスキルが上がったのは分かるが、それだけ 
    コンテンツとして市場に出す以上は、入場料なりディスク代なり取れるくらいのものには仕上げて欲しい  エンドロール後の数分が一番マシって、企画時点で方向性間違ってるとしか思えない 東映動画どうしちゃったの? 


    時間を無駄にしました
    評価対象外
    >|