ポッピンQの作品情報・感想・評価・動画配信

「ポッピンQ」に投稿された感想・評価

foxtrot

foxtrotの感想・評価

2.5
「おジャ魔女どれみ」系統の作品か。「夢のクレヨン王国」とかもあったな~。あと「デジモン」か。いろいろよぎるな。

 モフモフ感がよかった。
NKY

NKYの感想・評価

2.0
マジで誰向けに作ったもので、何が言いたかったんだ?内容も薄っぺらすぎて、見た後頭おかしくなりそうだった
この映画の良さがわからないのは教養が足りないからなのか…!?
春賀

春賀の感想・評価

1.5
可愛いのに、百合も感じるのに、異種間のロマンスも感じようと思えば感じられるのに…90分間どのシーンをとってもダイジェスト。
ダンスシーンの力は凄いですけど、プリキュアでも見れるクオリティだから、この映画でないと見れないって程の凄さでもないっていうのが…。

話の内容も女の子達が抱えている問題を異世界での体験を通して解決していくっていうものなのに、しっかり解決しているのは伊純と沙紀だけ。いっそ最初から登場人物はこの2人だけにするべきだったとも思います。

蒼ちゃんは抱えている問題がちぐはぐだし、小夏ちゃんは異世界での活躍を見るとピアノじゃなくて声楽にするべきだったとも思うし、あさひちゃんに至っては全てが不透明でいっそ合気道も柔道もやりたくないってところまで振り切るべきでは?という根本的な設定に疑問も持ってしまいました。

全てが微妙で穴だらけなので、エンドロール後の映像も観た瞬間に「え、ちょっと考えが甘くない?」と思いました。
取らぬ狸の皮算用と言いますか…。
NORA

NORAの感想・評価

2.3
俺は萌えアニメを観に来たはずなのに、なんでこんなに気まずい思いをしなくちゃならんのでしょうか。いやまあ魔法少女ファンタジーかと思ったらダンス部活ものだったという需給ギャップはありますけれど。というかこれ、誰もが思うであろう感想として、明らかに尺が足りなすぎです。アニメの1クールでやるべき内容を90分に押し込めた結果、溢れ出るダイジェスト感とほとばしるご都合主義。5人それぞれの抱える葛藤や悩みがぼんやりとしか描かれないのでぜんぜん感情移入できない。とりわけ終盤の橋を渡るシーンは悪い意味で圧巻。キャラは可愛いし作画も良いしダンスシーンは素晴らしいので、普通に地上波1クールでやれば面白く観られたし人気も出たんじゃないかな?

このレビューはネタバレを含みます

卒業」を間近に控えた中学生5人が成長するストーリー。メルヘンチックな「ラブライブ!」という感じの内容。それだけでも楽しい作品なんだけど、この作品が「凄い!」と感じたのはラスボスの正体。正直意外だったけど、この作品のテーマを考えたら「これ以上ない」と思った。

不満を挙げるなら、主人公と沙紀以外のヒロインが自分自身を「乗り越える」シーンがなかったこと。時間を考えたら仕方ないのかもしれない…と思っていたけど、どうやら続編があるらしい。これは、楽しみが続くと前向きに捉えたい。ちなみに一番好きなキャラは蒼。
東映アニメーションのオリジナル劇場作品。
原作の東堂いづみは東アニが共同制作で使うときのペンネームなのでプリキュアと同じですね。


キノ旅などで有名な黒星紅白のキャラデザは今風でかわいく、背景美術も東映アニメーションとは思えないハイクオリティなのに…、
なのにどうしてこんなにつまらないんだ!?


そもそもどの層をターゲットにしているのかがわかりにくい。
プロモーションでちゃおや、ミキハウス、サンリオとコラボしている事からプリパラ世代の幼女時を狙っているのだろうが、それにしてはキラキラ感が足りないし、
(あの異世界での衣装、オタクは好きだけど子供にとってはダサダサのダサいでしょ)
かと言ってアニメ好きの大人には話の中身がなさすぎてまったく世界観に入り込めない。

プリキュアの秋アニメのノリで単独オリジナル劇場アニメを作られては困る。
あれは長年積み上げてきたプリキュアという歴史があるから成立している展開なのだ。


アニメ全体のクオリティは高いし、お金をかけているのも感じるのでもったいない。
顔夕

顔夕の感想・評価

2.9
中学生5人が異世界に飛ばされてダンスで世界を救う話。鬼のつまらなさ。
ダンスシーンが見どころらしいけどプリキュア、プリパラ、アイカツには遠く及ばない…
誰に見せたくて作ったのかわからん。
友人がDVDを持っていたので見せてもらったが退屈でほとんど寝てしまったのであとでもう一回観たけどなかなかひどかった。
あれだけ次回予告しておいて売れなかったから続編作らないとかないですよね?
村

村の感想・評価

2.8
ポスターや美麗イラストの数々を見て何これ面白そう!と思って蓋を開けたら残念でした。明らかに女の子達のキャラクターデザインはオタク向けなのに、中身が子供向けってミスマッチすぎんか…。敵の稚拙さと既視感があるようなテンプレストーリーでプリキュアの下位互換に成り下がってしまったのが否めない。
とはいえ絵のクオリティは期待以上であったし、ダンスシーンもぬるぬる動くから見てて楽しかった。
主人公が橋の上ダッシュするシーンは好きです。
ストーリーがもうちょいマシなら普通に高評価を得てたと思います。
続編を仄めかすような映像が最後盛り込まれたけど意外と面白そうなのが笑った。内山昂輝さんの演じたキャラの正体すっごく気になるんで続編やるんだったら見ようかな。
黒星紅白さんの絵がそのまま動いてる感があって大好きでした。
大好きな絵が動いてるだけで★4つけちゃう。
続編作ってほしいなぁ。
>|