ポッピンQの作品情報・感想・評価

ポッピンQ2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:95分

3.0

あらすじ

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこと…

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている“同位体”だった。伊純が迷い込んだ場所は“時の谷”。ポッピン族は、様々な世界の“時間”を司る一族。ところが、その“時間”がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。“時の谷”には、伊純と同じく“時のカケラ”をひろった少女たちがいた。勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。みな悩みを抱えたまま“時の谷”へとやってきていた。そして伊純と同様、その傍らには“同位体”のポッピン族がいた。彼女たち“時のカケラ”の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで“時の谷”を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。だが5人目の少女、沙紀はみんなと踊ることを拒絶する。「私は元の世界になんか戻りたくないから」。その言葉に伊純の心はうずく。「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」-。

「ポッピンQ」に投稿された感想・評価

nIa

nIaの感想・評価

3.2
作品自体は一旦置いておいて、僕の好きな小澤亜李の映画デビュー作として大道あさひちゃんは申し分なくキュートなキャラで、それがとっても嬉しかった
いと

いとの感想・評価

2.5
卒業式を控え、部活にも私生活にももどかしさを感じる中学3年生の伊純はある日気がつくと異世界に居た。そこで世界の危機が迫っていると知り…。
一部に熱狂的なファンがいるので鑑賞。世界の危機をダンスで救う以外は割と順当な青春モノ。それにしても駆け足すぎるような…。
シズヲ

シズヲの感想・評価

3.0
TVアニメの総集編みたいな映画。女児向けアニメの系譜のようで微妙に何処を狙っているのかよくわからない作風だけど、まあ気軽には楽しめるかな。

主要人物は5人ともキャラが立ってるしデザインも可愛らしいのに、話がトントン拍子で進むので掘り下げ不足感が否めない。フラグの積み重ねの弱さも目立ってて、全体的に感情移入しづらいのも痛い。ダンスを主軸にしてる割には変身ヒロイン物要素の主張も激しいし、1時間半弱でテンポが早いのに何となく纏まりが無い印象。

ダンスシーンそのものはよく動くし、キュートで良かった。ファンタジー世界でやたらアイドルっぽい曲が流れるのは笑うけど、ツッコミは無粋なのかもしれない。

主要人物達がそれぞれ捻くれた悩みを抱えていたのは味が出てて好き。そのへんの掘り下げや成長の過程をもっとじっくりやってほしかったし、どうせなら尺に余裕のあるTVアニメとして作ってほしかったなあと思う。
すごい。
日常パートをぼんやりと眺めていたら突然質の良いCGアニメのダンスのオープニングがはじまる。中間テスト開始10分で後ろから触手のようものに殴られたみたいな衝撃。
物語が進めば、この世界を救うにはダンスが必要なのだとキャラが説明する。確かに巫女的なことを思い浮かべれば踊り、なるほどとなるがポッピンQのダンスはそうはいかない。テレビ番組やMVみたいな、観客やカメラを意識したようなダンスに、ファンタジーな世界とはかけ離れた曲がどこからともなく流れ出す。わけがわからない。
どこもかしこもちぐはぐで、ほんわかとした衝撃の連続で驚きでした。
おもしろかったです。
もうちょっと細かくキャラの魅力とか努力描写に勢いのあるカタルシスめいたものがあって、ダイジェストっぽさがなかったら好み。次回作楽しみ。
ピッピ

ピッピの感想・評価

3.1
かわいいプリキュア映画でした❗️🙆続くん❓
宮原直樹『ポッピンQ』2016
レンタルにて。なんだ、全然悪くないじゃん。てかおもしろい。ダイジェスト的なつくりは気になったが、ファンタジー世界と踊りの繋ぎ目の違和感がこの映画を非凡なものにしている。そのせいか、メッセージ部分も愚直で突き刺さった。
確かに東映アニメの伝統を引き継いでいるのに、どこかがおかしい作品。しかも東映アニメの中でもクレヨン王国とか明日のナージャとかを連想させる部分が多いのね。でも主要人物たちは「東映らしからぬ」ひねくれ方をしている。そのアンバランスさが個人的には忘れ難くさせている。
ただ、その複雑さを描くには95分は短かったのかも。110分くらいなら案外世評も高くなっていたかもしれないと思えてくる。そのくらいのことを真面目に考えたくなるくらいには好きな作品。

このレビューはネタバレを含みます

キャラクターは非常にかわいい。
子供向けに作られたとかいう話も聞いたので細かい設定はなく踊りで解決!
みたいなお話。
前半のプリキュア的なストーリーと後半の辛辣な人生の辛さを語る敵さんとのアンバランスさがどうにも中途半端。
主人公を間違えたのでは? とおもうほど1人の子のストーリーがキーポイントすぎるのが非常にもったいない。尺の問題か。

そして単発映画ではやってしまったバトル展開の予告……。続編は作られるのか作られないのかはっきりはまだしておらず、これで終わり? みたいな感じです。

でもかわいい。(´ᴗ`)
歳を取るとこういう作品は抵抗がある…店員さんに、この人こんな趣味が?
まぁ子供が見ていたんで、観賞しました。
率直に普通ですね。
もっとファンタジー要素が強く、戦いがあるのかと、思っていたので肩透かしにあった感じですな。
プリキュア?アイカツ?を彷彿させるような設定、何で自分はそんなこと知ってるかって?子供がいると色々と見る作品の視野が広がるのですよ☺
最後は、汚い終わり方❗
続編あるのかな???
リコ

リコの感想・評価

2.4
思春期真っ只中、卒業式を目前にした女子中学生の葛藤や悩みを盛り込んだ、ダンスと冒険ストーリー。

キャラクターやダンスは可愛らしいのだけれど、ストーリーはワンクールアニメを総集編にしたような荒削り感があり残念。

なんだか色々惜しい作品。
いけるだろと思って見に行ったけど

さすがについていけなかったなー
>|