ポッピンQの作品情報・感想・評価

ポッピンQ2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:95分

3.0

あらすじ

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこと…

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている“同位体”だった。伊純が迷い込んだ場所は“時の谷”。ポッピン族は、様々な世界の“時間”を司る一族。ところが、その“時間”がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。“時の谷”には、伊純と同じく“時のカケラ”をひろった少女たちがいた。勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。みな悩みを抱えたまま“時の谷”へとやってきていた。そして伊純と同様、その傍らには“同位体”のポッピン族がいた。彼女たち“時のカケラ”の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで“時の谷”を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。だが5人目の少女、沙紀はみんなと踊ることを拒絶する。「私は元の世界になんか戻りたくないから」。その言葉に伊純の心はうずく。「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」-。

「ポッピンQ」に投稿された感想・評価

joujim

joujimの感想・評価

4.0
普通に面白かったです。各キャラの能力も特徴あったと思いますし。ストーリーに無理が...という意見もあるようですが、そんなのは初期プリキュアとかに比べれば全然おっけー(と、個人的に思いました)。とはいえ、妻は「(異世界やダンスで解決やサポートキャラなどが)子供向けすぎる」と言っていたので、劣等感を抱えたキャラクターがそれを克服するというストーリーと、いかにも女児向けアニメな設定がアンバランスだったかもしれません。
カピ吉

カピ吉の感想・評価

3.2
技術的には素晴らしい。
それぞれのパートは最高の仕事。
ただ、誰に向けての作品かわからない、盛りすぎた観光地の毛ガニラーメンみたいな作品。
❝心がちょいとポッピンする🎵❞

中学生がダンスで世界を救おう!!というお話を各キャラクターの内面を掘り下げてダンスも盛り込み、かつ90分でうまいことまとめてたのが良いと思います🎵🕺💃🕺💃"

プリキュアの作り手ということらしいのですが、ダンスシーンなどが好きであれば、より楽しめると思いますな。

個人的に好きな点は、高知県が舞台ということで高知出身の声優小野大輔さんと島崎和歌子さんの土佐弁が新鮮でした🎵🗣️ニャー‼

あと東映アニメーション記念作品ということなのか声優さんがかなり豪華で、声優ファンは嬉しいところ🎵

とくに石塚運昇さんとか羽佐間道夫さんとか新井里美さんなどなど。

という訳で最後にひとこと…❗

❝踊り狂えぇえ!!!!!!!🖐️(๑⊙ロ⊙๑)🖐️✨❞

(※劇中にそんなセリフは一切出てきません〜というかバイきんぐのネタから抜粋しました。)
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.0
⚠良い点だけ述べます。悪い点はコメント欄にネタバレにて🙇

東映アニメーション60周年記念のプロジェクトとして制作されたオリジナル劇場アニメ。
プリキュアシリーズなど数多くの東映アニメの作画に関わってきた宮原直樹が長編では初の監督を務めた作品。

この映画は公開当時から知っていたのですが、ネットで爆死アニメと話題になっていたため、逆に興味が湧いた思い出があります。
月日は流れ、レンタルは遂に旧作に。
もう待つ必要はありません!

とりあえずキャラクターは可愛い。
異世界のキャラクターも悪くはない。
ダンスシーンのレベルはやはり高い。
毎回感じてしまいますが、最近のアニメーションは凄いなあと感動しますね。

以上です。良い点があるからこそ、勿体無いなと感じざる得ない点は下記にて。
やろうとしてることはなんとなくわかるが、いろいろちぐはぐな印象
キャラも活かしきれてないのがメインに二人ほど

ダンスは良かったので2.1にしたけど

あと、あのエンドロール後は……
企画があったのか、なかったのか
どちらだろうね?
2018年31本目

全部が中途半端過ぎ。ファンタジーだから仕方ないのかもしれないけど、ダンス要素必要なかったと思う。小澤亜李が出てなかったらスルーしてた作品。
あらら

あららの感想・評価

2.0
かわいいけどコンパクトにまとまっているけどもっとあってもよかったと思ったりした😢
みのる

みのるの感想・評価

2.9
なんとなく気になってたから観たんだけど、なんだかなぁ。

それぞれのキャラは立ってたからいいんだけど、それぞれの抱えている問題が解決したかといえばしてなくて、モヤモヤした。
解決したの結局、主人公と沙紀だけだろ?
全員解決したら、それぞれにもっと感情移入できたのに……
でも、尺の関係上仕方ないよなぁ

ダンスシーンはキレキレで良かった。
設定もまぁ、ありがちな「ファンタジーの世界に迷い込んで、その世界を救う」系だったから、分かりやすかった。

個人的に次回作あるよ感満載の予告は、好きくない、これに関しては。

この一作だけでスッキリしたかったよ
hiroro

hiroroの感想・評価

2.4
ポッピン族のダンスが可愛かった。次回予告のような話の方が面白そう。
これはどこの層を狙って作ったんだろう?
絵だけなら低年齢層なのだが、内容的にはそこそこの年齢まで楽しめそう。

だが、残念ながらヒットする作品かと言われるとそうでもない。
どこ向けに作るかって点がぶれている印象しかない。
そのため、ポスターの段階から子供向けなのか大人向けなのかよくわからない。
ターゲットは子供で親も見れるようにっていう配慮なのかな?
>|