ポッピンQの作品情報・感想・評価

ポッピンQ2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:95分

3.0

あらすじ

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこと…

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。このままでは東京へ転校なんてできない。伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。 卒業式当日、ふらりと辿りついた海で“時のカケラ”を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている“同位体”だった。伊純が迷い込んだ場所は“時の谷”。ポッピン族は、様々な世界の“時間”を司る一族。ところが、その“時間”がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。“時の谷”には、伊純と同じく“時のカケラ”をひろった少女たちがいた。勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。みな悩みを抱えたまま“時の谷”へとやってきていた。そして伊純と同様、その傍らには“同位体”のポッピン族がいた。彼女たち“時のカケラ”の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで“時の谷”を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。だが5人目の少女、沙紀はみんなと踊ることを拒絶する。「私は元の世界になんか戻りたくないから」。その言葉に伊純の心はうずく。「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」-。

「ポッピンQ」に投稿された感想・評価

歳を取るとこういう作品は抵抗がある…店員さんに、この人こんな趣味が?
まぁ子供が見ていたんで、観賞しました。
率直に普通ですね。
もっとファンタジー要素が強く、戦いがあるのかと、思っていたので肩透かしにあった感じですな。
プリキュア?アイカツ?を彷彿させるような設定、何で自分はそんなこと知ってるかって?子供がいると色々と見る作品の視野が広がるのですよ☺
最後は、汚い終わり方❗
続編あるのかな???
リコ

リコの感想・評価

2.4
思春期真っ只中、卒業式を目前にした女子中学生の葛藤や悩みを盛り込んだ、ダンスと冒険ストーリー。

キャラクターやダンスは可愛らしいのだけれど、ストーリーはワンクールアニメを総集編にしたような荒削り感があり残念。

なんだか色々惜しい作品。
いけるだろと思って見に行ったけど

さすがについていけなかったなー
Yosy

Yosyの感想・評価

4.5
ストーリーはワンクールアニメを無理やり総集編にした感じ。
キャラが最高にかわいい
2頭身ダンス好き
大人のアニメかと思いきや、子どもも大人も楽しめる絶妙なバランスのアニメ!なぜ雲隠れしてしまったのか?

子ども→魔法・ダンス・妖精などわかりやすいモチーフ。1時間半という尺なので、だらだらしない。むずかしい構図がない。歌はE-girlsやミラクルチューンズのような明るいダンス!

大人→人には挑戦しなくちゃならん時がある、卒業はスタートライン、子供と大人の狭間の中学生を通して見えてくる世界観。
作画の熱量、トゥーン調のCG、流し見しようと思ってたけどみどころたくさんでした。

ポッピン族の音、ぱにぽにしていてかわいかった。

エンドクレジット後、がっつり続きますので止めないで!
anna

annaの感想・評価

3.7
内容は普通に面白いかな
めっちゃまではいかない

ダンスの話だから、CGとかの現代の技術って凄いなーって思った笑
ナック

ナックの感想・評価

3.3
それぞれのキャラはとって良くできてる
ファンタジーの世界はちょっと、行き過ぎ感があった。
彼女達の現実世界で映像化希望
あかぎ

あかぎの感想・評価

3.3
評価がわかれる作品だとは思う
自分は好きでした
5884

5884の感想・評価

2.5
タイトルだけ見てもっと不思議な話かと思ったのに残念
カスタムメイド感
続編は厳しそう
普通に面白いと思います…
>|