桜、ふたたびの加奈子の作品情報・感想・評価

桜、ふたたびの加奈子2013年製作の映画)

上映日:2013年04月06日

製作国:

上映時間:105分

3.1

「桜、ふたたびの加奈子」に投稿された感想・評価

angelica

angelicaの感想・評価

2.6
映像がとても綺麗
母親役広末の狂気、それを押し留めようとする夫稲垣吾郎、良かった。
kirokuyou

kirokuyouの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

番組説明にヒューマンドラマって書いてあったから観たのにホラーだった!騙された!ちょっと観てみて!と母に言われて鑑賞。

精神的に脆くなった妻を夫が支えて二人で乗り越えていく…のかと思いきや、まじで生まれ変わり?やたらめったら○が出てくるのは輪廻転生を意識してたのかな…
で、極めつけに最後、どっから通報してんだよ…

うん、これはホラーと言われてもしょうがない。

てゆーかまだそんなに年数経ってないのに、幸せになろうとしない人と一緒にいるのは…みたいな感じで離婚を切り出す夫も結構酷いと思った。

感動よりも、音楽や演出も相まって怖いって印象の方が強くて、子供を亡くした辛い人の様子をホラーっぽくするのはどうなんだろうと少しもやもやした。
tamu1616

tamu1616の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

これ、ホラーです。
最後全部繋がってゾッとした。
賢一君、本当の生まれ変わりじゃん。
賢一君の両親の心情が複雑だよね…。
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラーです。すげー嫌な気分になります。生まれ変わりというより子供がイタコ。不安定な広末がハマって上手く見える。
新津きよみの小説「ふたたびの加奈子」を映画化。

幼い娘を亡くして心に傷を負った妻と彼女を支える夫を描く、重くて辛いファンタジー。
凄くリアルな描写がちょっと怖さを感じる。
また、それに合わせた弦楽器の奏でるメロディ?効果音?も映像に合っていた。
広末涼子の演技が素晴らしい。
おぎ0

おぎ0の感想・評価

3.4
レビュー点数も低めで気楽に見始めたら意外に泣かされた
新津きよみの他の小説読んだことあるけど原作者の作家性雰囲気は良く表現出来てると思う 特にオチ
幸

幸の感想・評価

3.0
切なくてホロっとくるとこもあったけど、まぁ、現実にはありえないよねぇって、どこか冷めた目で見てしまう。

子育ては大変だけど、元気でいてくれることに感謝。という気持ちにはなったかな。

日本映画専門チャンネル
録画鑑賞
みゃー

みゃーの感想・評価

3.3
以前観たので記録として。
内容は良かったと思うし、広末涼子さんの演技力が凄かった記憶。
つよ

つよの感想・評価

2.0
子供をなくした母親が妄想やおかしな考えに。
ホラーっぽいのは苦手。
音楽が合ってない。
感動しちゃうようなシーンもあったけど、それありなのかと思ったり。
>|