トワイライト ささらさやの作品情報・感想・評価

トワイライト ささらさや2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:114分

3.4

あらすじ

のどかだけど、どこか不思議な町“ささら”で、生後間もない子供を抱いて途方に暮れていたサヤ。人を疑う事すら出来ない頼りないサヤの事が心配で心配で・・・、ユウタロウは成仏出来ずに彷徨い、時に他人の体を借りてサヤを助けに現れる。 落語家の師匠、ささら駅の駅員、言葉を失った子供、旅館の女将...。ユウタロウと“ささら”の人々の優しさに支えられ、サヤは母親として強く成長してゆくのだが―――。この物語の夫…

のどかだけど、どこか不思議な町“ささら”で、生後間もない子供を抱いて途方に暮れていたサヤ。人を疑う事すら出来ない頼りないサヤの事が心配で心配で・・・、ユウタロウは成仏出来ずに彷徨い、時に他人の体を借りてサヤを助けに現れる。 落語家の師匠、ささら駅の駅員、言葉を失った子供、旅館の女将...。ユウタロウと“ささら”の人々の優しさに支えられ、サヤは母親として強く成長してゆくのだが―――。この物語の夫婦役で、今作で初めて母親役を演じる新垣結衣と、演技派俳優として不動の地位を確立した大泉洋が初共演。 原作は、ファンタジーとミステリーを見事に融合した加納朋子のベストセラー小説「ささらさや」。監督は、『神様のカルテ』『60歳のラブレター』の深川栄洋。ちっぽけな町“ささら”で繰り広げられる人と人とをつなぐ人情と絆。やがて訪れる本当の別れ...。 最後に待ち受ける“奇跡”とは―― 切なくも温かい、涙あふれる感動の物語。

「トワイライト ささらさや」に投稿された感想・評価

憑依されたお婆ちゃんの演技に0.5、新垣結衣に0.5、大泉洋の顔芸(1部)に0.2

つまらぬ…撮影方法も何故それにしたのかとか、登場人物のキャラクター設定とか、色々意味が不明。詰め込み過ぎて何も描けなかった作品。
【2014 アーカイブ】

今日はTIFFの間でプレミアを見に行けなかった「トワイライトささらさや」を見てきました。

この映画、大泉洋はおいしいところしか出てきません。いきなりガッキーと◯◯◯なシーン! にもかかわらず、全編大泉洋が出ずっぱりな感じもする不思議な映画。

死んだ大泉洋扮する落語家ユウタロウが、残した妻(新垣結衣)と息子が気になって、気になって、気になって…成仏できず乗り移る相手の演技が見もの。

富司純子や小松政夫などのベテランが見てびっくりの大泉洋的演技を披露。笑えます(^^)。わたし的には小松の親分さんが見れたので大満足。また伊東四朗とのコンビで見たいな〜。

もちろん最後は泣けるさわやか感動作。エンドロールに流れるコブクロの「Twilight」もいい曲です。
後半の後半でようやくググッとくるところはあったけどそれまでが特に何かあるわけでもなく少し退屈だった。

ガッキーと赤ちゃんが超絶可愛かった!

自分が産まれた時どれだけ周りの人が喜んでくれたか、どれだけ親が大切に思ってくれてたか、そんな事を少し考えて想像でしかないけど今よりもっと親孝行して周りの人に恩返ししていきたいと思った。

あとはそこにメッセージ性はそんなに出てないけど、いつ死んでもいいように悔いなく生きたいなって思った。

見るタイミング変われば良く感じるのかな、、、?オススメ出来るほどでは無かった。
ワラ

ワラの感想・評価

2.5
特別何もないただの大泉洋とガッキーのTVドラマという感じ
まつへ

まつへの感想・評価

3.2
半分くらいガッキー目当てだったけど、やっぱり美しい。目の保養。

でもなんかキャラクターにパンチがなくて、もったいないなぁとも思ったり。
序盤の不思議な夫婦のやり取りは今ひとつピンとこなくて、うーんうーんって軽く見てたけど
後半の親子愛は良かった。
終盤に向かうにつれ良くなる作品。
上手くまとめあげたな〜って脱帽でございます。
とり

とりの感想・評価

3.0
コメディタッチの「ゴースト」的な?
ガッキーがかわいいです。

▽きろく
なんとなく手にとって、なんとなく観たんだけど、
途中ちょっと飽きて、最後は結局泣いた笑
ガッキーてなんで老けないんだろうね??
今も昔も全然変わらない可愛さ。
泣いた。
洋ちゃんが落語口調で話すし、ちょっとしたコメディで通すかと思いきや、富司純子やら心くんやらなかなか楽しく観れるところと、父親との感動話とかのメリハリがあって最終的には泣く方向で。
売れない落語家(大泉洋)と結婚した妻(新垣結衣)は赤ん坊を授かるが、夫は交通事故で死んでしまう。しかし、亡くなった夫は、成仏しきれずに、自分のことを見える人達に乗り移って、妻のもとに現れる。
…という感じの物語であり、まぁまぁ楽しめる娯楽作であった。

ときどき映される「ミニチュアのような風景(神社の鳥居、田舎を走る列車など)」が印象的であった。
時々風景などがミニチュア風になります。それはそれで田舎感が出てるのかも。ストーリーはあまり凝って無くてテレビのドラマ程度かな。落語家なのに最後にオチが無いのが残念。
>|