夫婦フーフー日記の作品情報・感想・評価

夫婦フーフー日記2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

3.0

あらすじ

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソ…

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソウルフードのハンバーガーだった。その数日後、ヨメは他界してしまう。そんなおり、ダンナのブログに書籍化の話が持ち上がり、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、彼の心が見せる幻影?なのか、死んだはずのヨメが現れ・・・。原稿をまとめたいのに、ヨメのちゃちゃが入り、いつしかふたりで、夫婦として過ごしてきた日々を振り返っていく。そこから見えてきたのは、あの時伝えられなかったそれぞれの想い。やがて、ブログには書かれなかった真実が明らかになる——。

「夫婦フーフー日記」に投稿された感想・評価

サトソ

サトソの感想・評価

3.7
深くはない。でも感動とはちょっと違うけど泣けた。永作さんの可愛らしさは異常。54
亡くなった嫁との思い出を日記と共に振り返る。嫁が亡くなったという悲しい現実があるものの、作品自体はコミカルで面白おかしく振り返ってるはずなんだが、中途半端なんだよなぁ。
悲しい訳でも面白い訳でもない。どちらかに寄せてもよかったのかなぁなんて。
物語がたんたんと進んでいくので何も考えずに観られたのはよかったけど。
最終的に感動しました。
けど、よくわかんなかったです。

自分が産後なので、
つい重ねてしまうと考えさせられる
部分もたくさんありました。
自分ならあんなに強くなれるかなって
旦那さんがウソを混ぜながら書いた
ことに救われる気持ちも分かるかも。
【36-223】前田弘二監督作の中で観逃していた一本。
映画全体のトーンが性に合ったので、それほど湿っぽい感じにもならず良かった。いや、良い。
きなこ

きなこの感想・評価

4.0
思いがけずサブカル要素もあり、
人の感情なんて白黒つけられない、
悩み続けて、そうだ、これがリアル。
楽しんで、観させてもらいました。
みなさんあんまり評価高くないみたいですが、私的には涙なみだ。

コミカルな描き方とと共に
末期ガン患者の想いと
その周りの辛さがよく描かれてる。

闘病日記。
闘病にはそれぞれドラマがあって、それぞれの心情を考えると涙なしには見れない作品。

身内にガンで亡くした人には、辛い作品かもやけど、佐々木蔵之介が希望を持って演じてるのに救われる。
NISHI

NISHIの感想・評価

3.1
「とりあえず、みんなと会えて、良い。」

癌で亡くなった妻と、幽霊になった妻が見える夫。そして、子供のぺー。
子供の名前に、ペー、斬新。

癌と戦ってる夫婦の姿を明るくコメディータッチで書かれてる出版用の原稿みながら、2人で回想するシーンは、夫婦漫才みたいな掛け合いで面白い。

幽霊になってハンバーガー食べてる永作博美が可愛い。
まい

まいの感想・評価

3.1
邦画続きで。

夫婦フーフー日記

これ当時から気になってたんですよー
悲しい話をコミカルに魅せる映画ってなかなか観ないので
これは新しい世界だなぁと思って予告でも期待値上げてたんですが




んー。なんだろうこの腑に落ちない感。

実際にあったブログを元に作られた実話?みたいなんですが


如何せん時系列が解り難い...

話のテンポが物凄く...悪いわけじゃないんですが

兎に角解り難い。

真っ暗フェードアウトからの

え?もうそこまで話飛ぶの?!

と思ったらそこからまた時系列辿って現実に戻って時系列辿って...

現実と過去の繋げ方が少し間が悪いというか何というか。



主演のお二方も良かったですし
その周りの方々の気持ちの現れ方なんかも良かったんですが


何故か腑に落ちない


シックス・センスかよ!
なんてクダリありましたけど、むしろその展開の方が良かったんじゃないか
と思ったりはしましたが、実話ベースなんでそうゆう訳にもいきませんわな。(笑)


嫁さんが終始元気でニコニコハキハキしてるのは印象的でした。

配役も良いですよね。永作博美さんの笑顔がまた可愛いんですよ。ええ。

もっとひょうきんな明るいお話をイメージしてたのですが
自分が思ってたより暗かったなーといったイメージです。

永作博美さんの笑顔がこの映画の柱になってるような印象の映画でしたー。んー不完全燃焼!
んー。
最近妻がなくなった夫の話ばかり見ている気がする。
女より男の方が悲しみは深いのかな?
実際にあんなにハンバーガーばかり食べていたらガンにもなるわな。
って思ったりして。
一番感じたことは
子供を置いて逝かなきゃならない辛さかな。
大切なことは生きているうちに伝えなきゃ。
monja

monjaの感想・評価

3.0
大事な人の死の悲しみを幽霊としてポジティブに捉えるとは斬新。
これといった感想は特にないけど、ただただ永作博美は可愛いおばちゃんで、小悪魔キャラなのか素なのか。
>|