夫婦フーフー日記の作品情報・感想・評価

夫婦フーフー日記2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

3.0

あらすじ

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソ…

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソウルフードのハンバーガーだった。その数日後、ヨメは他界してしまう。そんなおり、ダンナのブログに書籍化の話が持ち上がり、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、彼の心が見せる幻影?なのか、死んだはずのヨメが現れ・・・。原稿をまとめたいのに、ヨメのちゃちゃが入り、いつしかふたりで、夫婦として過ごしてきた日々を振り返っていく。そこから見えてきたのは、あの時伝えられなかったそれぞれの想い。やがて、ブログには書かれなかった真実が明らかになる——。

「夫婦フーフー日記」に投稿された感想・評価

ウタ

ウタの感想・評価

2.8
映画化に当たりドラマを持たせないといけないのは分るけど、ちょっと微妙でした。

題材はいいのに、料理方法がイマイチというか…。
手巻き寿司の中にお菓子を入れちゃったとか、パフェのベースを味噌汁にしてみましたというような、単品だったら美味しいのに、掛け合せを間違えた感じ。

結婚してすぐお嫁さんが癌になって…というのは何作品かあるから差別化を図ろうとしたんだろうけど…。

個人的に夫が妻の事を「嫁」というのが好きではないので、それもひっかかったのかもしれません。
一つの夫婦の形として見るには好かったです。
ザン

ザンの感想・評価

3.9
いいよね永作博美。あの可愛さは反則。福島東京広島は遠いな。でもいつも高速バス移動なのね。友だちや家族があたたかい。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.3
別にブログなんか本当のことを書く必要なんかないし、自分がそうしたいんならいくらでも嘘くらいつけばいいと思う。改めてそんなことを思った映画。妻が死ぬ映画は数あれど、ものすごく湿っぽくもないし泣かせようとしてる感じもなく、ただ淡々と、父親になって一人になった男の立ち上がり方を描いている映画はそんなにないだろうと思う。好き嫌いは別として。佐藤仁美が良い。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
20代前半の佐々木蔵之介、永作博美など、キャストにムリがある。芝居もナレーションも臭い。監督、スタッフはなぜこの程度でOKを出すんだろう!?
ほのぼの気軽に観られて、すこしホロッとできる。主役の2人はもちろん、キャストが映画の雰囲気にぴったり。
重くないけど、印象も薄い。いまひとつ物足りないような。
snowgold

snowgoldの感想・評価

4.0
当たり前に過ぎていく日常には、実は沢山のかけがえのないものが詰まっている。家族であっても本当の気持ちはわからないもの。二度とともに同じ時間を過ごすことができないから伝えられることも生きている時には、明日は気がついてくれるかなと期待して本当の気持ちを全てさらけ出すことはない。あんな風に過去を振り返れたらたとえ苦しいことさえ愛おしい思い出として心に刻むことができるのだろう。実際に死んだ後、登場することはできないが、誰かの思い出の中に登場出来るような人生を送りたいと思った。
サトソ

サトソの感想・評価

3.7
深くはない。でも感動とはちょっと違うけど泣けた。永作さんの可愛らしさは異常。54
亡くなった嫁との思い出を日記と共に振り返る。嫁が亡くなったという悲しい現実があるものの、作品自体はコミカルで面白おかしく振り返ってるはずなんだが、中途半端なんだよなぁ。
悲しい訳でも面白い訳でもない。どちらかに寄せてもよかったのかなぁなんて。
物語がたんたんと進んでいくので何も考えずに観られたのはよかったけど。
最終的に感動しました。
けど、よくわかんなかったです。

自分が産後なので、
つい重ねてしまうと考えさせられる
部分もたくさんありました。
自分ならあんなに強くなれるかなって
旦那さんがウソを混ぜながら書いた
ことに救われる気持ちも分かるかも。
【36-223】前田弘二監督作の中で観逃していた一本。
映画全体のトーンが性に合ったので、それほど湿っぽい感じにもならず良かった。いや、良い。
>|