夫婦フーフー日記の作品情報・感想・評価

夫婦フーフー日記2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

3.0

あらすじ

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソ…

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソウルフードのハンバーガーだった。その数日後、ヨメは他界してしまう。そんなおり、ダンナのブログに書籍化の話が持ち上がり、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、彼の心が見せる幻影?なのか、死んだはずのヨメが現れ・・・。原稿をまとめたいのに、ヨメのちゃちゃが入り、いつしかふたりで、夫婦として過ごしてきた日々を振り返っていく。そこから見えてきたのは、あの時伝えられなかったそれぞれの想い。やがて、ブログには書かれなかった真実が明らかになる——。

「夫婦フーフー日記」に投稿された感想・評価

チィ

チィの感想・評価

2.9
消える消える消えるん〜〜消えない!
話の大筋は日常を綴ったもので、一度スイッチが切れたら飽きるかもしれない。という爆弾スイッチを片手に、淡々と佐々木蔵之介と永作博美のコントを見ている感覚に襲われた。おもしろいと寒いは隣同士で、映画の根底を覆しかねない嘘をサラッと言い、うそなんかーい!のツッコミで一瞬でネタは過ぎ去る、もうお笑い芸人のコントの感想じゃん!ニューお笑い芸人じゃん!と思ったら悟りを開くので不思議な作品。
てぃだ

てぃだの感想・評価

1.8
 そうか。「トイ・ストーリー3を見たかったのに見る前に死んじゃった人」っているんだなぁっていう当たり前のことをしみじみ思った。ワタクシはこれからもいつ死んでもいいように毎日できる限り映画を見て行こうと思った。この映画自体は残念ながら非常につまらなかった。「シックスセンスかよ!」とか「カズオイシグロかよ」とかいちいちツッコミが寒い。永作博美も今回はかわいいなぁというよりも痛いなぁと思った
さとゆ

さとゆの感想・評価

3.0
永作博美がめちゃくちゃかわいくて、ハンバーガーもぐもぐしてるところがよかった。
佐々木蔵之介さん見たさに見たのだけど、闘病している妻を目前にして何もできない無力さの演技が本当に凄くて、演技力にグッときた。
どこか自分の経験と重なることがある人の方がハマりやすいのかなと思う。

見ていくうちに、永作さんの豪快さと妙な冷静さと軽やかさにちょっとずつ惹かれていった。

こんな深刻な状況でも笑うことを忘れない夫婦の姿はとても素敵だったし、家族の暖かさがにじみ出るいい映画だった。
miffy

miffyの感想・評価

3.0
ひゃー、永作博美さん かわいいなぁー。
ハンバーガーに おっきな口でかじりつき、もぐもぐ食べる姿が
もう めちゃくちゃかわいい!
永作さんみたいな かわいいおばさん(失礼)になりたいよ〜。
男勝りな役どころも ぴったりだったなぁ。

愛するひとが、死んだあとも 一緒にいてくれるとか
ほんとに こんなことが起こったら
ちょっと素敵だなぁ とか思ってしまった。
闘病ものっていうより、
あたたかいファンタジーっていう感じの作品だったなぁ。
出会いから17年、やっとこさ結婚して妊娠して…という時にヨメ、ユーコに直腸癌が見つかってしまう。必死の治療も虚しく結婚生活1年9ヶ月でユーコは旅立ってしまう。しかし、お葬式の日ダンナ、清水浩司の前にユーコが幽霊になって現れる。そして2人はダンナのつけていたブログを読み返しながら様々な出来事を振り返っていく。

実際のブログが元となっている映画で、全体的にコメディ風で時々ほろりとなる演出が見ていて暗くなりすぎずちょうどよかった。

ヨメを永作博美が、ダンナを佐々木蔵之介が演じていて、2人の空気感がとても暖かくて良かった。ヨメの男前だが可愛い性格が永作博美のイメージにぴったり合っていた。こんなに声を出して号泣している佐々木蔵之介、初めて見たかもしれない。

ブログはだんだんとダンナにとってただの日常を描いたものではなく、時にはウソを書くことによって自分自身を励ますためのものになっていく。そして、当然のようにブログに書かれなかった日常にも必ずドラマがある。ヨメの父親が病院の廊下で娘は私の誇りです、と涙するシーンは胸を打たれるものがあった。

誰かが亡くなった時、そこで終わりなのではなくて残された人にはまだ時間は続いていく、そんな当たり前なことにブログを通して気づかされる、そんな現代風なメッセージ。これからどうしていくか、どう生きていくかが大切なことなのだ。
べべ

べべの感想・評価

2.8
男前な奥さんだなぁ。 はっぱかける感じとかサッパリしてるけど愛情あってよい。
短い手紙の内容も、置き手紙も可愛い。
ハンバーガーの食べ方と音だけチョッと豪快すぎたけど…。
やっぱ、別れは悲しいな…。
その後があるからほっこりするけど、切ない。
santasan

santasanの感想・評価

3.6
主演のふたり、特に永作さんがいいなぁ~。こんな楽しい奥さんだったらいつまでも出てきて欲しいかも。ファンタジーではあるけれど、ところどころの何気ないひとことがよかった。
fumiko

fumikoの感想・評価

3.3
ほっこり、じんわりと温かく染みる映画。夫婦の日常的なやりとりが可愛らしくて癒される。でも時系列がバラバラで、過去の話なのか、過去を客観視している現在の話なのかこんがらがる場面もあった。可愛らしいお顔で男前な永作さん、最高です。

追記。書棚に中島らも、みうらじゅんがあり、チラッとゆらゆら帝国のCDが見えたのでウハッとなった。
赤ちゃんを残してガンで亡くなった嫁が幻影として現れ夫に話しかけるお話
>|