AURA 魔竜院光牙最後の闘いの作品情報・感想・評価・動画配信

「AURA 魔竜院光牙最後の闘い」に投稿された感想・評価

尺が足りてないのか脚本が悪いのか知らんけどキャラクターの感情の流れがあんまりわからない
作品を通してやりたいことはわかるんだけど…
dune

duneの感想・評価

2.0
原作ライトノベルはフィルマークス換算で4.5くらいの作品ではあるのだけど全然ダメ。話にならない。ダメダメダメ。
田中ロミオのセルフリメイクのアニメ化

●良かったところ

アニメーション
キャラクター

●気になったところ

ダイジェスト

●まとめ

田中ロミオが企画した『ユメミルクスリ』というゲームを、ライトノベルに落とし込み、それを映画化したもの。田中ロミオらしく、生きづらさを抱えた登場人物を優しく包み込むような作品になっているが、正直、「なぜ劇場アニメに?」と思った。いや、悪くないんですけどね。どうにも既視感が。あれだ、某厨二病アニメと被るんだな。
tomtom

tomtomの感想・評価

3.1
資料のためにみた。
本読んでたはずだけど、映像にしたら痛さが結構わかってよかった。
りょうこちゃんかわいかった。はなざわかなさんのこえもかわいい。
田中ロミオの作品が映画化しているってことで胸熱でした。
中二病でも恋がしたいってアニメが似てるらしいけど、そうなのかなぁって感じ。
そんなかんじ。
原作未読。ファンタジーなんかじゃない、とっても息苦しい現実の話。まぁ中二病美少女ヒロインとのロマンスはファンタジーみたいなもんなんですけどね。かわいいは大事。自分も現在進行形で中二妄想してる人間なので響くものがありましたよ。アニメとしてはまぁまぁかな。画的には悪くない。泣けそうで泣けなかったが、とにかく彼らがフィクションに対して出した答えには嬉しくなった。
黒歴史、中二病、妄想好き(下じゃないよ)、呼び名は違えど誰しも一度は通っているかもしれない道。

しかし、いつかは現実との摩擦に直面することになる。
特に高校生という大人に成りかけの時期には…。

そんな諸々を凝縮した青春劇。

現実と夢の葛藤が上手い具合に秤にかけられていて面白い。
学生時代あるあるの人には結構刺さるのでは?
ヒエラルキー、グループの感じが妙にリアルで良かった。
意図しなくても、不思議とできるものよね高校時代って。

主人公格二人のやり取りは見てるこっちがムズがゆくなるというか、恥ずかしくなるというか(笑)。
甘いねぇ。

まぁ、ちょい悪イケグループの言い分も間違っちゃいないが、まずその髪型と胸元を直してからにしようぜ!
女子グループ怖い、なかなかの外道っぷり。

机建築は匠の技だったなぁ。
mms

mmsの感想・評価

3.5
田中ロミオ作品
絵とか話をもう少し丁寧に作りこんで欲しかった
狭量だから、世界がのシーンは好き
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.0
あらためて京アニの凄さが判る(笑)

内容としては悪くは無いが、絵柄と展開が雑に感じるのは、やはりアレがあるからだろうな〜。
アルコ

アルコの感想・評価

4.0
ごく普通の少年が不思議な少女と出会って世界の危機に巻き込まれていく…
的な典型的セカイ系かと思いましたが、違いました。
鑑賞後にサブタイトルを読むとものすごく沁みます。原作も気になる。
平田一

平田一の感想・評価

4.3
痛々しい作品だけど、袋小路に迷いそうな人に是非とも観て欲しい。

主人公は被害者だけど、加害者でもある一面。鬱蒼とした学校に中二病という鎧。妄想が現実に生きる力を与えてくれる、これはテリー・ギリアム映画を知ってる人ならグッと来る。ボクも気持ちが分からなくはないからだからこそ痛い(ボクはアニメや映画を観ていて、不登校を防いでた)。

ある種彼らはセルバンテスのドン・キホーテとポンチョみたいで、イカれてるけど、でも真面目。だからこそ胸が痛い。

でも戦士を甦らせる一郎には感動したし、姉ちゃんが一郎庇って、親に激昂するのも良い。折り合いをつけることが出来た勇者になったから、だからあんなに前を向いて誇って歩ける顔が良い。

テリー・ギリアム映画好きにこれはちょっと観て欲しいし、学校に居場所を持てない学生たちにも観て欲しい。

現代のドン・キホーテとポンチョに何かを感じてほしい🙋

あなたにおすすめの記事