旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランスのネタバレレビュー・内容・結末

「旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

後半部分で、現在75歳のレイモン・ドゥパルドンがフランスを車で走り回りながら「もっと外国へ行って撮ればよかったかな」(ニュアンス)と言う。彼は、これまで長い間様々な国へ足を運び、精神病院や警察、裁判所等フランスの内情を取材し記録してきた。しかし、ここ最近はフランスの田舎を中心に写真を撮っているらしかった。きっとフランスだと探し物とは違う何かが見つけやすいのだろうと思った。慣れている場所だから目新しさや物珍しさが際立つことはないし、過去や大切な人のことを思い出しやすい。つまり、明確な目的もなく移動する「旅」、本当の意味での「旅」ができるということだ。
これからも写真を撮っている方々の執念にときめいていたい。
「フランスを撮るということは、車を走らせるということだ」
「砂漠×女性=官能的」
・非凡を知っている人が撮るからこその平凡の貴重さ
・写真家が撮る映像は、物語になり得ない歴史を記録する唯一の手段になるのではないか
・ラテン語派の耳馴染みの悪さ、酔った。
・ビューカメラ(中盤カメラのこと?)欲しいな。
・ドキュメンタリー映画を見に行く時は、相手の情報をきちんと入れていかないと。猛省。