ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの作品情報・感想・評価

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ1999年製作の映画)

BUENA VISTA SOCIAL CLUB

上映日:2000年01月15日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.7

あらすじ

キューバ音楽の古老たちとアルバムを作った友人ライ・クーダーのキューバ再訪の旅に、ヴェンダースは撮影クルーを伴って同行。老ミュージシャンたちを撮影する。全編にキューバ音楽の魅力あふれるドキュメンタリー。映画の最後、カーネギーホール公演のために、彼らは初めてアメリカへ……。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に投稿された感想・評価

公開時、満員のシネマライズで観ました。それ以来のフィルム鑑賞。こんなにラフな映像だったけと驚いた。それぐらい記憶の中ではキラキラしている映画。キューバの活気に満ちた風景と素敵に格好良い爺ちゃん達がいつまでも心の中でキラキラしてるもんだから。

自分にとってはロックやポップスに限らない音楽嗜好の広がりをフジロックと共に決定的にしてくれた映画。自分や日本の音楽ファンに限らず、00年代以降のジャンルレスな音楽体験の礎のひとつとして世界中の音楽ファンに与えた影響も測り知れないのではないでしょうか。
忘れ去られていた老ミュージシャン達を再び表舞台にフックアップしたライ・クーダーとヴィムヴェンダースの功績はとてつもなく大きい。

そして、音楽映画というジャンルの枠組を越えて、人生や幸福に関しての映画。ヴィムヴェンダースの映画としても間違いなく観れる。
齢90近くにして6人目の子供を作っておると豪快に笑うコンパイセグンドは最高にイカしてるし、大切な思い出の写真を無造作にビニール袋に入れて持ち歩くルベーンゴンサレスがひとたび鍵盤に向かうと精密なソロを聴かせたりするのもクール。
「キューバのナットキングコール」イブライムフェレールの美しく柔らかい唄声は重ねてきた年輪を思わせる深さと太さ。

公開から20年が経ち、鬼籍に入られた方も。RIP.
でも、使い古された言葉ですが、爺ちゃん達は心の中で永遠に不滅。
爺ちゃん達みたいなイカした大人になる為に、日々大切に生きていきたい。
yayuyo

yayuyoの感想・評価

4.5
サントラを高校の頃に購入して、それから今に至るまでたまに引っ張り出しては聴いているので、個人的に思い入れの深い一作。

キューバ音楽の、陽気な中にも哀愁が漂うメロディが最高でずっと聴いていられる。
各パートのおじいちゃん達が、生き生きと音楽を楽しんでいるのがいいよね。
メンバーが公演のために渡米して、はしゃいでいるのがなんとも微笑ましい。
カーネギーホールで聴けた人たちが羨ましすぎる。
昔、ビデオレンタルで鑑賞して、久しぶりに、映画館で初鑑賞。
格好良いおじいちゃん達の、素晴らしい演奏が観れます。
ライ・クーダーがいなければ、実現しなかったのでしょう。
映画を見終わった後に、その後のメンバーを見たら、何人も亡くなっていました。
だから奇跡のような企画だったのでしょう。
大人の音感上映で観れて良かった。
ぽこし

ぽこしの感想・評価

5.0
キャスト....ライクーダーとキューバのおじいちゃん
ヘアメイク...
衣装...........おじいちゃんファッション
音楽...........サントラをすぐに買い、約20年経った今でも聞き続けています。

原作............
ストーリー..おじいちゃん、バンドやろうぜ!
SayakaJoe

SayakaJoeの感想・評価

5.0
どうしようもなく好きで、DVDを買ってしまった。孤独で、暖かく、穏やかなそのラテンのリズムに心地よく浸ってしまう🥃
見られて良かった。
良すぎた。
かっこよすぎ、それでいてチャーミングな人たち。
アメリカ来てきゃっきゃしてるシーン好き(笑)
hitomi

hitomiの感想・評価

4.2
音楽ってすげーよな!
って、もうこのひとことにつきる。
ってだけで泣ける。
刻まれたシワに豊かな音楽が染み込んでいる
歳を取るなら彼らのように

75907
おじいちゃんがカッコいい。ひたすらカッコいい。
生き様がカッコいいってすごい。
2018.1.8
毎回言っているが、スペイン語はズルい。なんであんなに情熱的でセクシーなの?!ズルい!だから、ひたすら情熱的でカッコいい音楽が聴ける映画。
>|