ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの作品情報・感想・評価

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ1999年製作の映画)

BUENA VISTA SOCIAL CLUB

上映日:2000年01月15日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.7

あらすじ

キューバ音楽の古老たちとアルバムを作った友人ライ・クーダーのキューバ再訪の旅に、ヴェンダースは撮影クルーを伴って同行。老ミュージシャンたちを撮影する。全編にキューバ音楽の魅力あふれるドキュメンタリー。映画の最後、カーネギーホール公演のために、彼らは初めてアメリカへ……。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に投稿された感想・評価

本能で音楽をしている感じが、たまらなく良かった。譜面にそって演奏するのではなくて、血が騒いでいるよう。
miholy

miholyの感想・評価

2.9
なんとなく見始めた…というか聞き始めたけど、雑然として汚れてて眩しくてのんびりダラダラしてるようなハバナの光景と、楽しげに音楽をやってる老音楽家達には何故か癒される。もちろん音楽にも。
「太陽が今日はサボれと言っている」という国って感じ。
呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

3.8
再見。

人を簡単に観ているようでいて社会(政治的次元も含めて)がバッチリ背景にうつってるのに気づく、ヴェンダースはそういう動きを観客につくるのが上手。

自由の女神をみて「あんなに小さいわけがない」とピアニストが言うところ、聖人と母の杖を説明するボーカルの話し方、ピアニストの周りで飛ぶ子どもたち、が絶品。

ヴェンダースがやるカメラぐるぐるが一番キマってるのはこの映画だと思う、具体的にはまわりこんでコントラバス奏者の背中を撮ってるところが素晴らしい(プンクトゥム的な次元でそう思った)

ヴェンダースが車大好きなのがよーくわかって嬉しい。

ちなみにあまり寝てなかったので映画館で船を漕ぎながら観た。
エイジ

エイジの感想・評価

3.9
立て続けに音楽ドキュメンタリー映画を観てみた。

外国なら、どこにでもいるようなおじさん、またはおじいさんなんだけども、演奏し始めたらめっちゃカッコいい!


特にパーカッション系がたまらなくカッコいいね。

この音楽家たちが完全に忘れ去られていたとは…。しかし、ライクーダーが甦らした。やはり、プロデューサーがいかに重要かって事なんだと思う。

日本のプロデューサー達は、そんな気概があるのだろうか…。
キューバに行く前に鑑賞。

内容はよくわからなかったけど
おじいちゃん達がキラキラしてた。

なんで、歳をとると輝かしい時は無かったことのように忘れられてしまうのか。

いつだって、いつまでだって
音楽は楽しめるし、楽しませることができるんだなと思った。

少しでもキューバ音楽の予習になったかな!
mmm

mmmの感想・評価

4.0
打楽器とリズムのパターンは中南米がルーツなんだと改めて思った。
声やグルーヴが身体に染み付いているかっこいいミュージシャン達が生きていることは
音楽好きにとって幸福なこと。
腰が曲がっていても、ひとたび楽器を前にすると堂々と演奏する姿は素敵だった。

もういまはみんな亡くなってしまったかもしれないけれど
受け継がれてまた新しい音楽がつくられていくことを楽しみにしたい。
生き様がかっこいい
本当に音楽しかない人たちのドキュメンタリー
キューバ行きたくなっちゃう。楽器を演奏してる時、歌を歌ってる時、踊っている時、生き生きと輝くメンバーたち。素敵です。
今まで彼らによって演奏された音楽を、顔も名前も知らないまま聴いていた。
やっと会えたわね。

ベッドでごろごろ、たばこを吸って、外から車の音がしてキューバで走っていた車の音と混ざった。
ずっとちきゅうやのことを思い出していた。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
このところ、日本列島は災害の嵐だ。。。

全米オープンの錦織圭とチリッチの試合を真夜中に見ていたら…
ラインで、北海道の仲良し友達が被災したと連絡あった…
停電だが、彼女はプロパンなんで
ガスは大丈夫らしい…
ご飯を土鍋で炊いている写真を送ってきた…

何故 こんなに災害列島になったんだ???


話は変わって
この映画は先に
『ブエナ ビスタ ソシアール クラブ アディオス』を見てからの 映画だった為
続編の方が ワタシ的には好きなんだが…
また、彼らに会えた事に喜びを感じた。。。

あのイブライムの声が胸に響く。。。

被災地にも 届けたい様な
しみる声だ〜🎵🎵
>|