ザ・テキサス・レンジャーズ​の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・テキサス・レンジャーズ​」に投稿された感想・評価

kimmysky22

kimmysky22の感想・評価

3.7
主演ケヴィン・コスナー。相棒役にウディ・ハレルソン。派手なアクションはないものの二人の渋い演技が良くて見応えがあった。評価はあんまり良くなかったみたいだけど、ケヴィン・コスナーって何を演じても、どこかに正義感と実直さが漂うのが魅力。歳を重ねてもカッコ良かったです。
ケビンコスナーとウディハレルソンだから観た!

そんな作品です

二人の渋さがひたすらいい!!

それ以外は地味、ほんまに地味笑

たまにはそんな見方もありやんなー^ ^
ケビンコスナーの重い図体の素晴らしさ。イーストウッドには出せない感じ。ボニーアンドクライドを乗せた車までもトロトロしてる。疾走を禁じられているといってもいいかもしれない。パブリックエネミーズの1年後に設定されている
ほり

ほりの感想・評価

3.5
色々な歌詞や物語の題材にされるボニーとクライドの事件を追う側の目線で描いた作品。こちら側には派手さは必要無いと思う。ケヴィン・コスナーとウディ・ハレルソンの演技が渋く、淡々と追い詰めていく様子が現実味を帯びさせる。
結末を知っていても楽しめた。

ヨタヨタ歩くウディ・ハレルソンなんか見たくねぇよ…。(トイレのシーン良かったマジで)
runedoll

runedollの感想・評価

3.6
昔は腕利きガンマンだったけと今じゃ腕もパワーも落ちたおじいさん2人がイケイケボニーとクライドを泥臭く追う。
最期のボニーとクライドが若すぎて、善悪が片寄った報道のメディアに踊らされている一般人の熱狂がすごくて、、、そこが一番怖い。
その

そのの感想・評価

3.7
"僕たちに明日はない"を鑑賞してから観るものだったかな?
もっと軽い感じかと思ったけど、思ったより重くて普通に面白かった

主人公たちがかなり優秀だからこその、現場検証シーンでさすがだった

本当にあった話だからこその、ラストでなんかゾクっとした、死体を触りまくってるの気持ち悪かった…

2020年366本目
donk

donkの感想・評価

3.5
『俺たちに明日はない』で、有名なボニー&クライドの捜査官視点での追跡劇。

強盗や警官殺人を何度も犯しているにも関わらず、貧民のスターとして国民からも熱狂的な人気を誇り、むしろ追う立場の捜査官が非難の目を浴びるし、捜査に協力しない人たちも多い。中盤でクライドの父親と、主人公が直接会話するシーンが印象的で、単純な追跡劇と違った見応えがありました。ケビンコスナーかっこよし。
 「俺たちに明日はない」のボニーとクライドを追いかける元テキサスレンジャーの老いた二人 華やかで、奉り上げられド派手に散ったボニーとクライドに対して、こちら側の老兵は地味に黙々と彼等を追う… 当然ストーリーには抑揚が乏しく退屈に感じるかもしれないが…
 KコスナーとWハレルソンの味のあるバディは見応えが充分ありました 微妙な正義感の違い、老兵ならではの経験やカン! 10人以上も殺害した殺人鬼を応援してんじゃねー!と諭すシーンにはハッとさせられます…「俺たちに明日はない」を観た人達は、ほとんど彼等を悪のヒーローにしてしまってるでしょうから…
 
 あのラストシーンは実際に二人が撃たれた場所で撮影してるらしい……この作品の視点では、ただ悲惨で残酷なだけです…「俺たちに明日はない」のそれとは全く違う描写です…何故か…悲しくなって……浮かれた記者に「恥を知れ!」と吐いたウディの言葉で、意味がよく分からん涙が溢れでてきたのは、まだ自分の中では、ボニーとクライドは、悲しき悪のヒーローなんでしょうか…
bungchang

bungchangの感想・評価

3.0
コスナー、ハレルソン共に渋い。邦題は良くないと思う。
1930年代に既に女性の州知事がいる事に驚かされる。
みゆ

みゆの感想・評価

4.4
2020.09.29(199)
Netflix・字幕


映画 俺たちに明日はない の反対側の物語。

引退したおっちゃん2人が、ボニーとクライドを捕まえるべく奮闘するお話。

ケビン・コスナーとウディ・ハレルソンのコンビがとても良い。2人とも演技が素晴らしくて、特にウディ・ハレルソンの細やかな演技に感動する。コミカルさと味わい深さが絶妙。

これ実話なんだからすごいよな。最後に当時の写真が出てくるんだけど、キャシー・ベイツ演じる知事も実在していて、この当時に女性が知事を務めたこともすごいなと思った。



【フィルムカメラメモ】
Kodak Brownie Target
他にも大判カメラが沢山。
>|