アメリカン・ギャングスターの作品情報・感想・評価

「アメリカン・ギャングスター」に投稿された感想・評価

AriKeita

AriKeitaの感想・評価

4.5
非常に丁寧に制作されていて、最後の最後までしっかりと観ることができる作品。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

4.0
My man! にはいろんな意味が込められてること 知りました
NY

NYの感想・評価

3.8
ラッセル・クロウにデンゼル・ワシントン、
長い映画だけど実話を元にした
飽きずに十分に楽しめる世界観!
悪と正義の対比をリドリースコットと
主演2人がうまく、渋く
描いていてカッコよすぎる。
リョウP

リョウPの感想・評価

3.8
なぜかいつも内容を忘れては見返して「あー!そうだった!」と思い出す映画。
最後は痛快。
前から気になってたけど高純度の青い薬ってブレイキングバッドのブルーメスの元ネタなのかな。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.5
簡単な善悪の戦いではなく、黒人に対する警官の差別がある。ギャング側は家族愛に溢れているけど、警察側はドロドロしている。対極にいる2人の男のアンバランスさがうまく、そういう対比が面白かった。正しい事だけが人を幸せにするとは限らない矛盾を感じました。
逮捕のシーンがカッコ良すぎる。
Y

Yの感想・評価

4.2
前知識無しに見ると登場人物多いし、シチュエーションがぶっ飛び過ぎてて最初何が何だかわかんないけど、終盤にかけて二項対立になってくるから理解しやすくなるので諦めずに見て欲しい。

この映画はストーリーはもちろんだけど、それに劣らないファッションや音楽もいい。戦争や差別への風刺から、ファミリーを大切にする人情味のある麻薬組織のボスフランクと妻子に逃げられる麻薬取締組織のリッチーの対比も楽しめる。確かに欲張りすぎな気もするけどこの雑多な感じが映画の雰囲気似合ってると思う。

これが好きな人は映画「日本で一番悪い奴ら」、映画「凶悪」も見て欲しいね。
nehneY

nehneYの感想・評価

4.0
118ほんめ
実話なんだねー!!
ハーレムを仕切ってて、麻薬のお話なんだけどこのころすんごくて。ベトナム戦争してるときだったから、ベトナムから仕入れて、軍用機で運んでるはずだけどそれが見つからなくて、隠してある場所がすごく意外だったし、なによりそれをつきつめた刑事がすごい!!!!、
なんで車に入ってた現金そのままもっていったらだめだったのかわかんないけど笑
見応えがすごいあった!2時間半があっちゅーまでした。
フランクめっちゃ悪人なのにデンゼルワシントン良さでかっこよく見えちゃう。。リッチーの正義感!フランク逮捕するまで緊張感あり、フランクとリッチーの会話シーンすき。
フランクの弟役にコモン、麻取捜査役にRZAが出てた!流れる音楽も最高!

🥫🥫🥫
マル

マルの感想・評価

2.0
序盤がだらだらとつまらなすぎて、話が盛り上がってきても感情移入がしにくい
ゴットファーザーより良い点は、ジョシュブローリンがかっこいいことくらい
実話を基に、麻薬で成り上がった男の成功とその生き様を描いた作品。

主人公の生き様はカッコよく、家族を愛し、街を愛した一人の男。
麻薬の密売や殺人、様々な悪事を働いた人間なのに、憎めない。
むしろ好感すら持てるのは、家族や街に対する思いが本物だったからではないだろうか。

一方でその主人公を追い詰めていく刑事にもかなりのスポットが当てられており、並行して物語は進んでいく。
街に蔓延る安価で効果が絶大な麻薬により中毒者が急増し、正義感に満ち溢れた刑事は徹底的な麻薬捜査を断行する。

マフィアと麻薬、警察の汚職が横行していた時代に、時代を背景に成り上がった男と時代に負けなかった男の二人がとても対照的で面白かったです。
いくら時代背景としてリアルタイムであったとはいえ、ベトナム戦争が過剰なくらいにフォーカスされていた理由は納得のいくものでした。

150分を超えるだけあってとても丁寧にストーリーが進んでいった。
麻薬の元締めであるD・ワシントンの物語と、刑事として街に蔓延る麻薬を断とうと捜査するR・クロウの物語、交互に進んでいく物語はかなりの長尺でしたが、飽きることなく最後まで鑑賞することができました。


R・スコット監督作品。
D・ワシントン、R・クロウ主演。
J・ブローリン、I・エルバ、C・イジョフォー、コモン、C・グギーノ共演。
意外と有名なキャストが多くて驚いた。こんなに出演していたとは。
>|