ソウル・キッチンの作品情報・感想・評価

「ソウル・キッチン」に投稿された感想・評価

みーる

みーるの感想・評価

3.5
ソウル・キッチンを守るために奮闘するけど、どこか残念なジノスがをはじめとして、どっか抜けてる登場人物が憎めなくて可愛くて面白い。
テンポよくストーリーが展開して、無駄がなくて良かった。
どのシーンでも腰が痛そうなのが締まらない感じで好き。
クラブで1人だけ腰痛に効くヨガみたいなんやってて笑った。
テンポよくどん底に突き落とされて行ってどうなることかと思ったけどラスト良かった。
音楽も良い感じ。
Tボーン

Tボーンの感想・評価

3.2
じいさんも兄さんもどうしようもない人間なのにちょいちょいかわいさをひけらかしてくるから憎めない。
授業で一回見て印象的だったから再度鑑賞。笑いがシュールすぎて、めっちゃ好み。腰やった後の体操とかマッサージのシーンとか特に好み。ロックな音楽と軽快なテンポのストーリーも最高の組み合わせ。ドイツ映画って本当に質が高い。
雰囲気が好み。音楽やキャラクター、テンポ、シュールな笑いもよかった。腰痛に効くマッサージ!
aymm

aymmの感想・評価

4.0
オープニングから、ラフなオシャレ感が漂う。
音楽良し。舞台良し。役者良し。
これは面白そうと思って観始めたら、予想以上にコメディ寄り。それも大人向け。
主要キャラの兄弟だけでなく、周りの人もクセがあってそれぞれ可愛い。
調理シーンや料理が出てくるパーティシーンのテンポが良く、観ていて食べたくなるし楽しい。
ラストは、そこだね。と言った感じ。

「女は二度決断する」と同じ監督だと後から知ったけど、とても同じ監督の作品とは思えない。良い意味で驚いた!
兄はもちろん、主人公も救いようがなくて終始イライラ。
ただ音楽はとてもよかった。ベルリンまた行きたくなった。
anfuji

anfujiの感想・評価

3.5
クラブのシーンで流れてる曲がドイツテクノ
だったことしかおぼえてない
Ricola

Ricolaの感想・評価

2.4
仮出所した兄との再会によって、主人公ジノス(アダム・ポウスドウコス)は人生のどん底だった状態から自身の店のソウル・キッチンを立て直していく物語。


全体的にごちゃごちゃしていて何が何だかと思うところが多かった。この映画のテーマは人生のリスタートというところだろうか。

あと、あんまりはっきりした伏線がないのになんとなく結びつけた感が否めないところもあった気がする。

だけど人気が出てきてからのレストランの料理が美味しそう。
apollo

apolloの感想・評価

3.0
最初に出てくる料理本当にまずそう(笑)
レストラン映画ノルマ、シェフがクレーム客にブチギレるシーンもしっかり入ってる
>|