ソウル・キッチンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ソウル・キッチン」に投稿された感想・評価

眠れぬ夜にさっと観たい。シェフみたいなよだれダラダラではなく大人向けかな。結構好き。ドイツの食堂、ギリシャ系の主人公。腰痛の体操ちょこちょこやってるのツボだった。音楽もよかった。
2020/056

まさかの ほとんど料理はなし。笑
ラスト20分ぐらいで ドン底に落ちる主人公。
でも笑えちゃうのが映画の良さ。
なかなかのコメディでした。
無茶苦茶やな!とつっこみどころ満載だったが、軽く楽しめてよかった
yuri

yuriの感想・評価

3.4
記録👯‍♀️

ノイマンとお兄ちゃんが
ほーんとにくずでやだった☺️
彼女も世間知らずの
お嬢様って感じだし😊

魂の料理と音楽◎ヤーマン🤞
momo

momoの感想・評価

2.7
なんか終始よくわからへんかったけど
結局最後まで見てしまった
でもよくわからへんかった
miyabi

miyabiの感想・評価

-
ナナナンデスカこれは
金曜日ロードショーで21時台に上映されていたというから驚き。プチブルの少年は父母と食卓からこれを見て、エビフライを落っことしたとかナントカ。

建物の規模が良いね
mii

miiの感想・評価

2.5
何から何までツイテナイ男。
ヘルニア患っちゃうわ
彼女は心変わりしちゃうわ
葬儀は台無しにしちゃうわ
部屋を火事にしちゃうわ
ここから どうやって這い上がるのかと思った。

「ソウルキッチン」と言うからには
さぞ 魂を込めた料理の作品かと思いきや
冷凍食品をフライにしたものだった(笑)

兄も 賭け事で全財産を賭けるとか
馬鹿げてるよ。

媚薬入りのデザートを食べてからの
皆の悪のりが ひいた。
レストランで 食事をするテーブルの上で踊っているのが
解せない。

そんな中でも
整体師の教えで 時たまヨガのポーズをするのが 愛らしい。
あと ちょっと見えた 兄弟愛。

フランスのコメディは 両極端だ。
ダメなのは とことんダメなのが分かった。
は

はの感想・評価

-
こういう映画の給仕の女だいたいいい女でいいけど美味しそうなご飯あんまり出てこなかった
ヤーマン!

ご機嫌なナンバーに乗せて、倉庫を改造たダイナー“soul kitchen”のダメダメオーナーのお話。兄は受刑者で、彼女は名家の特派員、従業員は外国人とぶっ飛んだ設定も、ドイツ映画だけあって手堅い作り。🎬『50年後の僕たちは』の監督なのか。
最近体を痛めてて、痛みを押して動き回る様に、観てて自分まで疼いてくる。僕はトルコ人の整骨院には行きません。
美味いもの食べて、いい音楽で踊って、飲んで。こんな店で密になって騒ぎたい。そんな日はいつになるのか。
霖雨

霖雨の感想・評価

3.6
なかなか良かった。
しょうもないけど。

シェフ戻ってくるんかな。

お兄ちゃん役のモーリッツ・ブライプトロイはちょこちょこ見かける気がする。
>|