恋のトルティーヤスープの作品情報・感想・評価・動画配信

『恋のトルティーヤスープ』に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

娘たちがみんな軽率で父親は大変だな~と思っていたら父親も結構思いきったことをする人でした。メキシコ料理をほとんど知らないので作り方も器の選び方も新鮮。印象に残ったのは、料理に限らず楽しい色使い。

経験があっても味覚障害があるとシェフの仕事ってできるのかな?とちょっと疑問。
味が分からないと作る気もおきない気がするけれど‥最後は自然と?味覚障害も治りみんなでテーブルを囲むハッピーエンドでした。
オヨヨ

オヨヨの感想・評価

3.2
アメリカのメキシコ移民の家族の話。
父はレストランの元料理長。手際よく作る料理が美味しそう。

三姉妹のそれぞれの恋愛。やり手で派手目な印象の次女がラストは意外だった。
家族そろっての夕食の席で色々と揉めつつ、最後は大団円。
言いたい事言って揉めるけど、結局また一緒にご飯を食べてるのって、家族ならではだなぁ

アン・リー監督の「恋人たちの食卓」のリメイクとの事。こちらは過去鑑賞済み。監督の「いつか晴れた日に」とか「ブローク・バックマウンテン」が好きだったので観たのだが、あまり記憶に無い…
出てくる料理が色とりどりで素敵。

出てくるキャラクター全てのそれぞれの愛の話
りーぼ

りーぼの感想・評価

4.0
お父さんの作る料理、作る仕草が本当に美味しそう
この時代の色使いが好き
いぃ〜い話だ。
三姉妹それぞれ個性がバラバラだがどの娘も美しくおしゃれで笑顔がいい。父親も頑固さと優しさの匙加減が丁度いい。娘の彼氏達も決してかっこいいわけではないが好感度がめちゃめちゃ高い。
色々問題が起こるしそれぞれが悩んでいるんだけど、どこかカラッとしている。関係が上手くいっていない時でも根底に愛情があるのがしっかり見えている。
そして度々登場する調理シーンと食事シーン。香りが届いてきそうなくらい美味しそう。思わず最寄りのメキシコ料理の店を検索してしまった。

観終わった後明るい気持ちになること間違いない作品。
タナカ

タナカの感想・評価

4.3
メキシコ料理を交えたヒューマンドラマで、とても素敵な良い映画だった。

出てくる料理や調理風景、食器等、見ているだけで楽しい気持ちになれる。

メキシコ料理には玉ねぎや香草、ハーブやスパイスなどをよく使うのかな、といった印象。トルティーヤスープをはじめ、メキシコ料理が食べてみたくなった。

この映画を見ながら料理をすると捗りそう。
シェフの父と3人姉妹、メキシコ移民家族のロマンティック・コメディ。父の手料理が並んだディナーは毎度誰かの爆弾発言で親子喧嘩が始まり、そのテーブルには次々新しい人が参加して家族が増え、最後はみんな集まったお祝いのディナーで父から爆弾発言が飛び出す。とてもシンプルにそれぞれの恋、変化の時を一家のディナーが物語っていく。
紳士だけど娘には頑固な父と喧嘩しながら仲の良い姉妹を中心に、舞台LAのラティーノ・コミュニティ自体が一つの大家族だ。レストランや学校も娘の恋人もラテン系ばかり。父からスパングリッシュを禁じられもするが、コロニアル様式の家でラテンのスタンダードナンバーを歌う、明るく開放的なムードはアメリカ映画の中では珍しいほど。監督もスペイン人、ラティーノのアンサンブルが盛り合わさって作り出すのは気張らない家庭の味。ヘクター・エリゾンドがモテモテだし、エリザベス・ペーニャは隠しきれない美しさ。
とにかく出てくる料理が美味そうで、調理の手さばきもカッコよく、メキシコ料理が食べたくなること請け合い。赤や緑の色彩が食欲そそるんだよね。あと、皿割りたくなるかも!
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.3
シェフの親父と三人の娘の話。
味覚障害あるシェフ父は毎日娘達の為に美味そうな食事をつくり食べさせる。
奔放に育った娘達はそれぞれ悩みがあり父に打ち明けるも、そっけないかえしにいらだったりして、なんだか歯車があわない日々を過ごす。
それでも顔を合わしていればいい時もあったりして前を向く日もある。
ちょっと退屈な時間もあったが、ほんわかした気持ちでみれた。
kazun

kazunの感想・評価

4.0
「夕食は大切な時間」
家族が集まりお父さんの手になる料理を囲むと「報告があります。」
色々な問題が起こります。姉妹三人三様で楽しいです。

でも一番長女が好き!めちゃめちゃ間がいいです。
「痔の薬を目の周りに塗るとシワが取れるわよ」の場面爆笑しました。
実際に試してるところも声出して笑いました。

ホルテンシアの勘違いは置いといて、そもそもお父さんとヨランダのなれそめがよくわかりませんでした。離婚が成立したのが最近のことみたいなので
いつから親密にしてたのか?と思いました。
abernathy

abernathyの感想・評価

3.0
料理に興味がない自分が料理をしたくなるくらいに見事な料理っぷりだった。
>|

あなたにおすすめの記事