食べる女の作品情報・感想・評価

食べる女2018年製作の映画)

上映日:2018年09月21日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

とある東京の古びた日本家屋の一軒家、通称“モチの家“。 家の主は雑文筆家であり、古書店を営む・敦子(トン子)。女主人はおいしい料理を作って、迷える女性たちを迎え入れる。今日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女たちの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まる・・・。

「食べる女」に投稿された感想・評価

mittsko

mittskoの感想・評価

-
オッサンのボクにも楽しめました(。・ω・。) 幸福と不幸の間にある8人の女たち、幸せがやや強く浮上するときと不幸せがやや強く頭をもたげるときと、二つの波にもまれながら それぞれが孤独孤高にゆるやかだけど、温かなつながりの中で生きている。その群像を優しく描く

劇の初っ端から、リア充系の欲望がかなり強めに走らされており(全てではない) 最近の邦画界は、非リア女子を描く快作を多く生み出しているので 本作のような異性愛物語は逆に新鮮だった。

なお、壇蜜親子が某所を突然来訪するシークエンス、監督の演出が冴えてた! ほんわか柔らかな雰囲気の中、素晴らしいスパイスになっえいた。
おみそ

おみその感想・評価

3.4
女性のための映画、と言えるけど男性にも観てもらいたい映画。
特別大きな何かが起こる訳ではないけど、確かに何かは変わっているような、心がほっこりする日常系。
ご飯を作るって大事だなって思わせられた…(自分はだいぶ怠けてるので)

登場人物が少し多いようにも感じた。サブエピソードとしてさくっとしてる部分も多かったけどもう少し狭めても良かったかも?
けど各登場人物の絶妙な繋がりは良くて、あまり削れないなとも思う…。

トン子さん(小泉今日子)が姉御的にいい女でめちゃめちゃ可愛いのと、美冬さん(鈴木京香)の見守るような愛情と着物+割烹着の破壊力がすごい。最高。
あと美女がご飯を美味しく食べる姿がたくさん観れるので良い。たまごかけご飯は食べたくなったなあ。
kamo

kamoの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

つまらな過ぎてビックリした。
どうしてこうも浅くなるのか。

キョンキョンと食に関する映画ですごく興味があったのに。残念過ぎる。

トン子さんを中心に。って感じでも無いし、ゴハンは美味しそうだけど丁寧な感じが足りなく見えるし。
午前中に「あん」の丁寧な所作を観てしまった後だからか?

周りの女性もだらしないならもっとダメな感じ出してほしいのになんだか中途半端、、、。
シャーロットが演じてた女性も、冷凍食品からの和食が飛躍し過ぎてるし。レベル高過ぎやろ、、、とか。
皆んなのセリフが安っぽいし。「今良いこと言いましたよね?私。」的な。

俳優陣めっちゃ良い人使ってるのにやっすいドラマになってしまってて、残念過ぎる、、、残念過ぎる‼️

女性達へのエールのつもりかもしれんが、女性舐めんな‼️って変な怒りを覚えてしまった。

夜ゴハンは手羽先食べましたけど💦
Yui

Yuiの感想・評価

3.2
どってことない話を映画にするのって難しいんだろうな・・・

劇中のご飯はどれも美味しそうで、映画観終わった後その足で年下の女友だちとワインをごくごく飲んで、ご飯をパクパク食べました。(ムニエル食べたいなと思ってたら、鰯のムニエルがあったの!!美味しかった〜)

「すっごい良いセックスするのとすっごい美味しいご飯食べるのは同じ位の快楽だけど、セックスは相手がいないとできないから、女はご飯を作ることを怠けちゃだめなんだよ」的な言葉には、ふむふむと思いました。怠けっぱなしですけど。
観終わってすぐには入って来なかったんだけれど、家に帰ってご飯作ってシミジミ。
食べることへの有り難みとか、料理をすることの大切さに改めて気付かされて、自分に、誰かに真心を込めるって事を大事にしようって思った。
大人で、男も観てって欲しい作品。
Reo

Reoの感想・評価

-
共感できるところはほとんどないけど、美味しそうなご飯と理想的な空間の連続でいい映画だった。沢尻エリカが間宮兄弟の頃の感じに戻ってきた気がしたのも本当によかった。
しみず

しみずの感想・評価

2.9
好きとか嫌いより無に近い。
何であんなに台詞で全部言わせるんだろ。
言ってることもピンと来ないし。
女性の感想聞いてみたいなー。
あれだけ実力のある役者さんたくさん揃えてどうしてあんな下手っぽく撮れたもんかね。
広瀬アリスちゃんがとっても可愛いという発見があったのでプラス0.2ポイント。
Runa

Runaの感想・評価

3.5
ちゃんと作ったご飯を食べて、
泣いたり笑ったり恋をしたりする素晴らしさ。

冒頭無音の演技が心地よくて思わず目を閉じた
登場人物が多めでそれぞれがそれぞれの食事を通して、成長したり泣いたり。
基本ゆるいのでメッセージ性は無いけれど、
卵かけご飯食べながら土曜の夜に観たい作品🥚

それにしてもこれを見る限り、
味覚と性が密接に関わっているのは本当かも。
どちらも粘膜を通して通じるもので、
美味しい〜っていう恍惚の表情と、
すきーっていう表情はどこか似てる気がした。
あとは広瀬アリスが良い感じにださ残念で好感。
ひき肉女、新しい。
あやか

あやかの感想・評価

3.0
内容はステキだけど映画館で見る必要性をそこまで感じない作品かも
samiam

samiamの感想・評価

2.5
キョンキョン観たさに観賞。
キョンキョンらしい役どころで良かったのではないかと。
猫の演技がグッド。😊

この映画は仕事帰りに一人で観る予定が、他に合うスケジュールの映画が無く、かみさんと観賞。かみさん速攻で爆睡状態に入ると思いきや、思いがけず最後まで楽しまれたようで良かった!
>|