宇能鴻一郎の濡れて打つの作品情報・感想・評価

宇能鴻一郎の濡れて打つ1984年製作の映画)

製作国:

上映時間:55分

3.8

「宇能鴻一郎の濡れて打つ」に投稿された感想・評価

ロマンポルノ好きの女の子におススメを聞かれ、同僚が面白いと言ってた本作を勧めた。勧めた責任上、自分も観る。自室モニターUnext。
青い三角定規の名曲が使われている時点で傑作。歌謡曲好きの金子修介ならではのチョイスかな?エースをねらえ!を知ってから観るべきだったと後悔しつつもめちゃくちゃ楽しめた。
エレベーターの空間を色んな角度から撮って実験している感じ。

眼鏡割れてからのカメラ小僧、本当に男前に見える。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.7
 『エースをねらえ』のエロパロディと言われてもそもそも元ネタをあまり知らないからなぁ(「だけど、涙が出ちゃう。だって女の子だもん」ってのは『エースをねらえ』だっけそれとも『アタック№1』だっけどっちだっけ?のレベル。)『デスノート』の監督のデビュー作。テンポはよいし60分以内で納めてくるあたりはとっても偉いし神業。ボールが陰部に当たったりなんかしたら痛くて気絶しそうだけどな笑。
クソおもしろエロい
わたし宇宙遊泳しているような気持ち...。
なるき

なるきの感想・評価

4.2
金子修介処女作。

とでも言わないと、ただエロ映画観てると誤解されても困るので。

恋をするなと”お嬢様”に言われた主人公がコーチの”注射”で足腰が鍛えられてしまい…
最後はお嬢様のオマンマンにスマッシュを放ち、巨根童貞と結ばれたかと思いきや、コーチも加わり3Pして、皆で星眺めて終わる。

…何の映画やねん‼︎笑
素晴らしい後期ロマンポルノ
時代性ギャグ性あいまっていい
テニスは腰でするものです。
剛

剛の感想・評価

3.9
初めてロマンポルノを見ましたが、当たり前にエロいですね笑
劇場でどんな気持ちで見れば良いのかどなたかご指南を笑
皆さん言及していますが『肉棒注射』というパワーワードの素晴らしさ。
公開当時、男子中学生の間では流行語だったのではないかと想像します笑
ヒロインの大真面目な下品台詞や唐突な映像テク。
俳優たちの絶妙な大根具合など全編通して妙な滑稽さが不思議と楽しかった。
ヒロインの「好きです!肉棒注射!!」という台詞が出色。
mingo

mingoの感想・評価

3.9
まず「エースをねらえ!」に顔面が土にめりこむくらい土下座してほしいが、パロディなんかなんのその、とにかく爆笑必須の金子修介デビュー作。

55分間という短い時間の中に若き情熱、やりたいことすべてぶちこんだロマンポルノの傑作。部活の可愛い子にあんなことしたいなんて妄想したことは青春野郎なら誰もがあると思うのだが、あれよあれよとテンポよく進み、最後にコーチの沢田が「俺にもやらせろ」といって終わる演出には、観客の気持ちそのままの感じで笑わずにはいられなかった、

本作をみるとポルノとコメディは相性が良いというのが実感できる。ロマンポルノのポップ化。全編にわたり嫌味がなく元気がでるこんな作品だからこそ、未だに根強い人気があるわけだ…登場人物全員キャラクターが可愛いのも朗らかになる。
>|