書くことの重さ 作家 佐藤泰志の作品情報・感想・評価

書くことの重さ 作家 佐藤泰志2013年製作の映画)

上映日:2013年10月05日

製作国:

上映時間:91分

3.2

「書くことの重さ 作家 佐藤泰志」に投稿された感想・評価

中庭

中庭の感想・評価

1.4
芥川賞選考委員の選考会の模様を、再現VTRでここまでやるかという程にドラマに仕立てて映像化しているシーンが面白い。佐藤泰志の内面に迫る、というスタンスをとった時点でドキュメントは敗北してしまうが、その境目をぶれながら過去へ遡及する試みの、一つの豊かな例が垣間見える。
anapan

anapanの感想・評価

3.5
ショボい再現ドラマによる芥川賞の選考シーン。開口健、大江健三郎、丸谷才一、吉行淳之介などを再現するので豪華だという見方もある。

想像してたのとは違ったけど、興味深く観れました。
MatRic

MatRicの感想・評価

2.5
#映画 #twcn 函館の風景を観ると胃が重くなる。海炭市叙景を思い出して。芥川賞選考会の再現ドラマがコントにしかみえなくて老け役が似合わない顔の人ばかりになってんだなあ。