書くことの重さ 作家 佐藤泰志の作品情報・感想・評価

書くことの重さ 作家 佐藤泰志2013年製作の映画)

上映日:2013年10月05日

製作国:

上映時間:91分

3.2

「書くことの重さ 作家 佐藤泰志」に投稿された感想・評価

athihe

athiheの感想・評価

-
http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/13149
QTaka

QTakaの感想・評価

3.5
人の生きる姿を書き続けた作家佐藤泰志を追うドキュメンタリー。
『きみの鳥はうたえる』公開の前にチェック!
.
函館出身の作家佐藤泰志を、その著作を紐解きながら、41年の生涯を追ったドキュメンタリー映画。
回想シーンでは、多くの友人、知人、関係者が証言が撮られている。
さらに、再現シーンとしていくつかの場面が演じられてもいる。
そして、在りし日の映像には、本人の姿も有る。
.
昨今、佐藤泰志の小説が立て続けに映画化されている。
いずれの映画も見ごたえの有る映像と、役者たちの姿に打たれるものが多い。
その原作者、佐藤泰志の生の姿を含めて、これら作品がどのように紡ぎ出されたのか、その一端をかいま見ることが出来る。
.
4つの章からなる本作の最初に取り上げられるのが小説『きみの鳥はうたえる』のエピソード。
初めて芥川賞候補作品に選ばれた本作。
その選考会の最中、発表を待つ函館の家で、記者たちに囲まれたシーン。
長く努力してきた末の、ひとつの到達点だったかもしれないその時を描いている。
そこで語られている中に、この小説の風変わりな題名について述べている。
「ビートルズの〝and your bird can sing〟を聞きながら書いていたので。」
「何でも持っている。何でも知っている。何でも出来る。
そんな君、君は何も見えていないんだよ。何も知らない。
そんな君もいつか気付くだろう。自分の姿に。
そんな時、傍らに居てあげるよ。」
今、この小説が映画になって公開されようとしている。
すごく楽しみだ。
どんな、函館がそこに有るのか。
どんな、人々のドラマが表現されるのか。
そして、見終わった私は…
.
第2章から4章は、時系列で、幼少期、青年期、そして作家としての苦悩まで描かれている。
その中で、いくつかの小説が紹介されている。
中には、昨今映画化された
『オーバーフェンス』
『そこのみにて光輝く』
そして最後の小説になった
『海炭市叙景』
が紹介されている。
いずれの作品も、まさに作家本人の命を削って紡がれたものと言うのが分かってくる。
そんな作品たちを、今、映画を通じて、あるいは小説を手に取って、じっくり味わいたいと思う。
中庭

中庭の感想・評価

1.4
芥川賞選考委員の選考会の模様を、再現VTRでここまでやるかという程にドラマに仕立てて映像化しているシーンが面白い。佐藤泰志の内面に迫る、というスタンスをとった時点でドキュメントは敗北してしまうが、その境目をぶれながら過去へ遡及する試みの、一つの豊かな例が垣間見える。
anapan

anapanの感想・評価

3.5
ショボい再現ドラマによる芥川賞の選考シーン。開口健、大江健三郎、丸谷才一、吉行淳之介などを再現するので豪華だという見方もある。
MatRic

MatRicの感想・評価

2.5
#映画 #twcn 函館の風景を観ると胃が重くなる。海炭市叙景を思い出して。芥川賞選考会の再現ドラマがコントにしかみえなくて老け役が似合わない顔の人ばかりになってんだなあ。