パパロッティの作品情報・感想・評価

パパロッティ2012年製作の映画)

파파로티/MY PAPAROTTI

上映日:2014年12月13日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「パパロッティ」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.0
「自分が叶えられなかった夢を教え子に託す」…上手くいきすぎるし、読める展開だけれどもほろっとくる作品。実話を基にしてるそうだけど、どのくらい実話なんだろう?

イジェフンがオペラ歌うシーン、声吹替えられているのだけど、私はそこまで違和感なく見れた。
セッション系を少し期待したけど学園コメディ強めのベタなやつだった、無理な話だろうけど歌が口パクなので大事な歌唱シーンであんまり感動できなかった
maiko

maikoの感想・評価

-
ジャンホめっちゃ素直で可愛いやつやん思った。はじめの先生のコンプライアンスに 反しすぎてる行動逆におもしろかった、コメディ要素あったけど最後感動した!よかった!
ヤクザ抜ける時のボスの演技だけちょっとん?ってなった
みみみ

みみみの感想・評価

3.5
普段は絶対に見ないジャンルだし先も読めるけど
感動しました!劇中歌が好き。
ふらい

ふらいの感想・評価

3.0
あらすじで想像していたのとちょっと違った。声楽に打ち込むのがメインのお話かと思ったら、割とコメディで学園物だった。

イジェフン氏がヤクザな高校生だけど素直でかわいらしかった。チョジヌン氏も、もちもちして愛らしかったな。
唯一の肉親を亡くしヤクザに拾われた高校生がやさぐれ音楽教師と出会い、夢だったオペラ歌手を目指すお話。
実在のオペラ歌手キム・ホジュン氏と恩師をモデルとした実話というのが驚き。

不協和音でしかなかった二人が、ぶつかり合いながら少しずつ変わっていき、本物の師弟愛で固く結ばれる過程に目頭が熱くなる。
劇中の歌うシーンはプロの吹き替えだけど、そんなことはどーでもいいくらい鳥肌感動モノ。
トゥーランドット『誰も寝てはならぬ』は本当に素晴らしい。
IPPO

IPPOの感想・評価

3.7
あれ、なんか思ってたよりも、他の方々のレビューより良かったぞ。
駄作なのかとひねくれていました…反省。

途中井筒監督の作品みたいな展開になって
おやおや?でしたが…ハートフルで良い作品です。

今まで見たイ・ジェフンの作品の中で一番役柄が魅力的。憎たらしくて可愛い、こんな生徒居たら世話焼きたくなるよ。
そしてハン・ソッキュのツンデレ具合も突っ込みたくなるほどいじらしい。
刑事役じゃないソッキュ氏もなかなか良いのですね。

チョ・ジヌンが珍しく良い人役なので、そこも見所かと 笑。
チョ・ジヌンとイ・ジェフンってやけに共演が多いなぁ…。
映画自体が
実話をベースにしてます。
2人とも軽やかにお芝居する
俳優さんです。

環境が悪くて全く声楽の世界なんて縁がなくてもおかしくない少年がなぜか声楽に惹かれ、声楽の才能がある。

それだけで奇跡の様な偶然。

求めよ、さらば開かれん。

ストーリーはテンポよく割と深刻さを出さないで進んでいきます。
顔で笑って心で泣いてって感じです。

きっと全ての事柄が事実ではないでしょうけど(^_^*)
才能に惹かれて救いたいと
本気で思った教師と
誰にも守られた経験がない少年が
師と仰いげる大人に出会えた奇跡。

コテコテだけどいい映画です。
吹き替えとわかっていながらも
声楽のシーンは胸に響きます。
いつもと違いハンソッキュ氏の清潔感もいい。あまり日本では評価されてないみたいですが…

落ち込んだ時など励まされる作品
と思います。
某

某の感想・評価

3.9
強引な展開がありつつも、実話を元にしているという事も加味されて、感動できるストーリーだった。
だからこそ、肝心のオペラ歌唱シーンが口パクで無ければ、もっともっと良かった。仕方がないのも分かるけど…。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.0
イ・ジェフン目当てで観賞。
実話ベースって事なので、こういう仕上がりなんだと思うんだけど…キャストが豪華な割に話が単調。ちょっと退屈だったかな。

見せ場はコンクールのシーンだけだと思います。ただ、そこのシーンは最高でした。
まあ、全体的には普通。