ホームランが聞こえた夏の作品情報・感想・評価

ホームランが聞こえた夏2011年製作の映画)

글러브/G-LOVE

製作国:

上映時間:144分

ジャンル:

3.7

「ホームランが聞こえた夏」に投稿された感想・評価

スポ根韓国映画。
細かいことは気にすんなと言わんばかりの映画。

主役の子のフォームがあまり野球経験者に見えない。
キャッチャーが左利き??
海水にグラブつけんな!!

ツッコミどころ満載でした。

このレビューはネタバレを含みます

 落ち目のプロ野球選手が聴覚障害の高校生たちにビシバシ鍛えて強豪チームと戦う話。

 問題ばかり起こして野球界を追放されそうな主人公が最初はやる気なくて、適当に弱小野球チームを教えるけど。昔の自分の野球に対するパッションや生徒たちの頑張りを見てしだいに変化して高校生を鍛え上げていく。という王道の展開は熱いです。
 ただこの内容で140分はチト長くて、主人公がやる気を出して高校生たちを鍛えるまでのセットアップが長くてダルかったです。それに高校生たちが、ピッチャーの子くらいで他に描き分けしているキャラクターがそんなに描かれなかったのが残念でした。

 それにトレーニングも精神論はさすがだと思いますが、どうして弱かったチームが強豪チームと互角に戦えるようになったのかがわからなかったです。海岸で水に濡れながら練習してましたが、海水に野球用具濡らしたら絶対ダメだと思ってしまって乗れなかったです。
 肝心の野球シーンも結構静かに淡々と描かれるので盛り上がりに欠けました。

 とはいえ、あんだけ頑張ってのクライマックスを経ての決着のつけ方は結構感動してしまう映画でした。
mats5050

mats5050の感想・評価

3.3
これも前から見たくてやっと見つけた
内容はベタだけど 韓国映画っぽくて 好き
g

gの感想・評価

3.8
聴覚障害者の野球部に、問題を起こしたプロ野球選手がコーチとして雇われて全国大会一勝をめざす
実話が元?わからないけど、
典型的な泣かせにくるスポ根ものってかんじ。もちろんすごくいい話なんだけど、
まぁよくあるって感じかな
むしろ、過剰な演出のわざとらしさがちょっとつらかった笑
負けた後に走らせて道路で叫ばせるシーンは良かった。あと、主人公超いいコーチだな
【昔なつかしの青春ドラマ!】

日本の「ひゃくはち」を観たときにも似たような感じがありましたが、野球ってやっぱり題材にしやすいんでしょうね。あまり難しいことを考えずに観ると面白い映画ですよ。

ストーリーはいたって単純。ハンディがあってもひたむきに頑張る野球部員達だが、中々結果もついてこない。ちょうど時を同じくして問題を起こしたプロ野球選手が、一時的な身の置き所として彼らのコーチを任される。なかなか双方相容れない部分もあるが、いつしか気持ちは一つとなり・・・的な。

悪くは無いです。スポーツ系の感動がわかる人ならきっと好きだと思います。ただストーリー的に都合が良過ぎる部分もあり、演出的にもちょっと過剰かな・・と思える部分もあるので、そこは評価の分かれ目だと思います。

「頑張ればいつかきっと!」は全員にあるわけではなく、やっぱり勝者がいて敗者がいるという構図は必然です。でも頑張った分だけ「きっと」という希望を持つ権利があります。実話という部分では、本人たちの努力はこの映画の数十倍数百倍だったかもしれません。そこを汲んだ上で、多少の過剰演出は多めに見つつ、爽やかな青春映画としてみてはいかがでしょうか?
あーほんと良い映画だった!!
プロ野球界のスター選手。だが酒に酔って暴れたり問題行動ばかり。
球団も世間もクビにするしかないような状況で友達のマネージャーがかばってくれなんとかクビはまぬがれる。
世間の目のために聴覚障害者の学校でコーチをして点数を稼ごうとする。
もちろんいやいや来てるので態度も悪い。
だけどだんだんと。。。。

まあかなりベタな設定のスポ根ものです。
だけど韓国映画特有の大げさでわざとらしい演出なども手伝ってもう感動しました。

生徒と先生、友情など素晴らしい映画でした。
景色もきれいだしクスクスとなっちゃうところもあったりBGMもいい感じで盛り上げてくれました。いい映画!
韓国高校野球の障害者チームの挑戦を描くスポ根物語。

韓国プロ野球の花形選手が度重なる不祥事の為、永久追放になってしまう。選手のマネージャーは冷却期間と考え、障害者高校の野球部のコーチの仕事を見つけて来る。荒れた生活をしていた選手は全くやる気を起こさなかったが、一人の生徒の隠れて投球練習を見て気持ちに変化が生まれて来るが・・・・。

ストーリーは良くあるスポ根物語の典型的なパターンですが、コーチが障害者選手を諭すシーンは流石に涙線が緩んでしまう。コーチと女性教師のやり取りにユーモアを交えて、結構楽しめました。
takashi

takashiの感想・評価

4.4
細かく観れば色々とケチはつけられるかもしれないけど、粗さがしなんかできないぐらい心洗われます…
しかも、アレを最後に持ってくるとは…ズルい(笑)
聴覚障害を持つ野球少年たちと素行の悪さで干されたプロ野球選手の熱い交流を描く。「声は耳だけで聞くんじゃない。ここ(心)、ここだ!」チョン・ジェヨン鬼コーチのクサくて熱いセリフが純粋に胸を打つし、感動に繋がる伏線の張り方も上手い。韓国スポ魂映画、期待を裏切らないなぁ。

15/09/13
gm

gmの感想・評価

4.2
とても好きな映画。もう何度も観ているけれど、久しぶりに。
実話に基づいているらしく、展開はベタかもしれないけれど、子供たちの流す汗と涙は何度見てもジーンとします。
そして何より、チョンジェヨンが素敵。この映画で走る姿にうっとりするたびに、普段は、「チョンジェヨンて運動とかしなそうだよなー。得意なスポーツとかプロフィールに書いていそうもない。」って思ってるよなーって思う。失礼! 絞って、日焼けしたビジュアルは文句なしだし、おちゃらけない役もすごく良い。本当にカッコいいわー♡
この映画にチンギョンが出ていることに今日初めて気づいたかも!
>|