ワン チャンスの作品情報・感想・評価

ワン チャンス2013年製作の映画)

One Chance

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

子どもの頃は、デブで歯並びの悪い典型的なイジメられっ子。大人になっても、恋人も友だちも持てない、冴えない携帯電話販売員。彼の名はポール・ポッツ。シャイで謙虚、自信の欠片も持てずにきた彼の、誰にも言えない夢は「オペラ歌手」になること。数々の挫折を繰り返すも、恋人ジュルズという初めての理解者を得、背中を押され、夢の舞台に一歩ずつ近づいて行くポール。遂に憧れのパヴァロッティの前で歌う機会を得るが、「君…

子どもの頃は、デブで歯並びの悪い典型的なイジメられっ子。大人になっても、恋人も友だちも持てない、冴えない携帯電話販売員。彼の名はポール・ポッツ。シャイで謙虚、自信の欠片も持てずにきた彼の、誰にも言えない夢は「オペラ歌手」になること。数々の挫折を繰り返すも、恋人ジュルズという初めての理解者を得、背中を押され、夢の舞台に一歩ずつ近づいて行くポール。遂に憧れのパヴァロッティの前で歌う機会を得るが、「君はオペラ歌手にはなれない」と一蹴され、すっかり自信を喪失する。しかし、愛する妻や友達の励ましに、くじけそうな勇気を奮い立たせ上がった最後の舞台、オーディション番組。緊張に体が震え、何度も逃げ出したくなるポール。ステージか非常口か──迷うポールに、運命を分けるメールが届く──。

「ワン チャンス」に投稿された感想・評価

tomo

tomoの感想・評価

3.7
イギリスの人気オーディション番組「ブリテンズ ゴット タレント」出演し優勝したことをキッカケに携帯電話販売員から世界的オペラ歌手になったポール・ポッツの実話を基にしたお話です(^-^)


わたくし思わずポロリとしちゃいました!

幼い頃からぽっちゃりでいじめられっ子、正直冴えない男子のポッツ(苦笑)でもとってもピュアでオペラ愛がすごい!!メル友からガールフレンドに、そして奥さんになるジュルズとの恋愛はとにかく2人とも純愛でキュートで見ていて微笑ましかったです(*^_^*) ポッツはジュルズに出逢ったことはすごくラッキーだったんじゃないかと思います。夢を叶えたポッツももちろんすごいですが陰で支えていたジュルズも讃えたいです(笑)

人生って本当に山あり谷ありですよね、たまに山続きだったり、谷にかなり落ちてしまったり…(笑)
ポッツも大きな挫折を味わいました、いろんな不運も重なり大好きなオペラを歌う自信がなくなった時もありました。でも自分自身が自分を信じられなくなってしまった時でも信じてくれる人が周りにいてくれることは大きな力や支えになりますよね。

ストーリーは映画によくあるようなサクセスストーリーかもしれません。多少映画用に脚色されているかもしれません、が、これが1人の男の人生だと思うとやっぱりすごいなぁと思います(^-^)
伊月

伊月の感想・評価

-
プラダを着た悪魔の監督作品だったから観た。
実話が元になってるらしいので、マニアックウケ良さそう。

ストーリーの進みがゆっくりで、少し退屈に感じてしまった。
主人公に訪れる困難が小さすぎだし、その描写がわざとなのか少し雑で、ネタ要素に感じてしまった。
ネタだったのかも…。よくわかんない。笑

でも、ラスト20分くらいが面白かった。
オーディションシーンと父親と和解するシーンが良かった。

バイト先の店長と主人公の奥さんのキャラクターが好き。

もう少し年齢が上がったら違う面白さを見つけられそう。
楽行

楽行の感想・評価

4.0
オペラ歌手を目指す男のお話。

キャッチコピーは「その歌声に、世界は息を飲んだ――。」

この人のことは知っていたので、安心して見れた。

主役の男もいいのだが、嫁さんやバイト先の店長もいいです。

いい意味でいい加減なんですよ(笑)

嫁さんも美人でもなくブスでもない所が良く、夫を支えるところが良い。

最後には、あぁみて良かったってなりますよ。
mii

miiの感想・評価

4.2
愛しすぎる主人公!!
見終わった頃には彼の魅力を語らずにはいられない
Ben

Benの感想・評価

2.8
ジェームズコーデンは完全に司会者イメージなせいか、あまり入って来なかった。。
意外に、何回かこの人チャンスあったんだなと思った。
くまこ

くまこの感想・評価

3.5
実在するイギリスの歌手、ポール・ポッツの半生を描いた伝記的映画。
「はじまりのうた」でキーラ・ナイトレイの友人役を愛らしいキャラクターで演じていた、ジェームズ・コーデンが主役。
「はじまりのうた」では明るくお茶目な役柄であったが、本作では自分に自信がなくいじめられっ子という、正反対な役どころ。
しかしピュアで愛らしい彼の魅力は健在で、恋人とのシーンは癒し。
彼を嫌う人は少ないだろう。

一見する価値あり。
私は知らなかったのだがポール・ボッツという人の実話。
天は二物を与えずとまさしくこの言葉通り人並外れた歌声の持ち主。そして歌が好きな主人公。
あがり症で鈍臭かったのが災いして何度もチャンスを逃す。
だが彼の才能を信じた素敵な彼女をゲットできたお陰で彼の人生も変わる。
人は周りの人間の影響を大きく受ける。
人との繋がりは本当に大切だとつくづく思った。
映画は音楽が素晴らしいだけに盛り上がる。
荒川静香も思い出す。
れいこ

れいこの感想・評価

3.1
ま、さ、に、Britain's got talentをリアルタイムで観ていたから最後のオーディションのシーンは鮮明に覚えてる、、
からこそイギリスのイケてる司会者とのギャップ、、、
nam

namの感想・評価

3.8
「二人三脚で夢を掴み取った感動の実話」

ポール・ポッツの実話を題材にし、監督は「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル監督という事で期待しつつ鑑賞。

結末は分かっているからこそそこまでをどう描くのかと気になってありましたが、
上手く描かれていたと思います。

彼の半生を描く形で彼の人生の浮き沈みを描き、それでも夢を諦めなかったという姿につい感情移入してしまいます。才能はあるのにチャンスを掴めないでいるというフラストレーションは観ている側にもあり、その反動が終盤の盛り上がりに繋げてくれます。

そして今回忘れてはいけないのはその夢は孤独なのものでなく支えてくれる人の存在の大切さも教えてくれます。特に彼の歌声が好きで貧乏生活も支えてくれた奥さんは本当に素晴らしいです!

見た目が冴えない、ただのオペラオタクのポールを受け入れ、そして信じ続け健気に支える奥さんという役柄を演じたアレクサンドラ・ローチがピッタリとハマっており献身的すぎて、こんな奥さん結婚したいなと思ってしまいました。

終盤のオーディション番組のシーンでは鑑賞後に実際の映像を見て気づきましたが、審査員は実際の番組の映像をそのまま使っているようでした。そのため当時のリアルな審査員のリアクションが観れます!あの表情はたしなに再現できないですもんね!

二人三脚で支え合い、そして夢を掴んだ夫婦の話でもありました。前向きで結末のカタルシスもあるのでサクセスストーリーなので安心して観れます。
pannacotta

pannacottaの感想・評価

3.3

テンポよくてちょいちょい笑えた

なんか若干物足りなさを感じたけど普通に面白かった

店長と奥さんがとにかくいい人
>|