かぐや姫の物語の作品情報・感想・評価

「かぐや姫の物語」に投稿された感想・評価

Do

Doの感想・評価

-
テーマ、絵から食わず嫌いしていました。監督の死をきっかけにようやく観るのではなく、きちんと公開時に観に行けば良かった。
誰もが知ってるラストですが、全くすっきりする話ではありません。
思えばこの物語、日本中に知られる昔話ではありますが、登場人物の誰か1人でも幸せになれたかというと、疑問が残る話ですね

このレビューはネタバレを含みます

高畑勲監督がかぐや姫を再構築。
手書きの線の暖かさとキャラクターの魅力で誰もが知っている話ながら最後まで見せる力があります。

月が映る水面の揺れ方、翁が何度も烏帽子をぶつけるシーン、5人の貴公子のコミカルな動き、牛車からかぐや姫が飛び降りた後に踏台を持ってくる業者など、細かい演技力は流石です。特に捨て丸がかぐや姫と駆け落ちしようとした直後に子供に呼ばれた時の何とも言えない返事が最高です笑

また、ラストの月の民の表現など、高畑監督の宴のシーンはぽんぽこ同様何回でも見たくなる魅力があります。

かぐや姫のためと言いつつ翁のエゴが強くなっていき、そんな生活に嫌気がさしたかぐや姫が月に迎えを願ってしまうという設定や、かぐや姫が地球に落とされたのは禁断の地である地球に憧れた罰であり、そこで過ごした記憶は忘れてしまうが歌を聴く度に胸に残った辛さを思い出してしまうという設定が切ない。。きっと、かぐや姫の涙を見た月の若者がまた、地球に憧れてしまうんでしょう。

この作品のおかげでかぐや姫という日本に昔から伝わる物語の面白さや日本の古い慣習を海外の人に知ってもらえることも嬉しく感じます。
おみそ

おみその感想・評価

3.5
とにかくアニメーションがすごいなあと思います。
月の使者のシーンが特に凄かったと思いました。
切ない別れの場面、物語のクライマックスに、あの音楽。


自分の価値観を押し付けないこと。
相手にとって何が幸せかなんて誰にも分からない。
shimana

shimanaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

昔から知っている話だし、本当に面白いのかなと思っていましたが、涙が止まりませんでした。
月に連れて行かれる時、かぐや姫が涙を浮かべて地球を振り返っていたシーンが忘れられません。最後は悲しい別れの話ですが、全体的に絵が綺麗で素敵でした。
ねこ

ねこの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

よく考えたらかぐや姫の話知らなかったなって思った。
知ればそういや悲しい話だったなと思った。最後ちょっと泣いてしまった。。。
あじゃ

あじゃの感想・評価

4.5
野山の美しさ、そして自然に抱かれて生きる喜びがひしひしと伝わってきた。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.5
竹取の翁の話しをここまで綺麗にかつ、かぐや姫の成長過程を描いていて良かった。翁の思い込みのせいでかぐや姫の顔が曇っていって悲しくなった。

この頃の女性は本当に生きたいように生きれなかったのかもしれない。
Mee

Meeの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

線の1つ々々、全てが美しい!
名付けの宴から抜け出すシーンなんて荒々しさの中に美しさや生命力を感じて目が離せなかった。
勘違いアゴ帝の後ろから抱きしめるシーン、突如かぐや姫が現れてヒェッとなってるシーンが笑いが止まらなかった(笑)
なんかもう可愛い(笑)
捨丸兄ちゃんと飛んでるシーンで、月に近付いていくので原作とは違ってそのままいっちゃうんか?と思いきやなんかめっちゃ下に落ちてくから一緒に観ていた母が「え、土に還るの?」と言ってたのが笑いのピークだった…
月に帰らないなら土に還るのか(笑)
てゆか捨丸お前妻子持ちのくせに一緒に逃げたらダメだろ…最低か…
公達のかぐや姫に花あげた人もイケメンだしいいなーと思っていたら只の女たらしで良い男1人もいなかったな。
自分にはコメディ映画のようにも感じられたけど、この話を平安時代に成立させた人凄い。
人間の知能レベルは原始に完成されているんだなあ。
KJ

KJの感想・評価

3.3
心臓をぎゅっと掴まれるような生命力を、なんども感じたという映像体験
竹取物語ってこういう話ではあるんだけど、脚本は、これじゃなくてもよかったかなと思う

線が荒いけど美しい
無駄がないという感じ
春の芽吹きと、それぞれの気持ちの温度と、泥臭い感情は匂うようだ

月はどうなんだろう
いいところかね?
迷いも戸惑いも感動もない世界は楽しいのかね
時子

時子の感想・評価

4.0
金ロにて
観る前は御門のアゴがwという話か聞いておらず、あとはまあジブリ作品なんだろうなとしか思っていなかった。
観てみたら確かに噂に違わずアゴwとなったが、それ以上に色々と心にキツイ映画だった。
>|