チャタレイ夫人の恋人/オリジナル完全版の作品情報・感想・評価

「チャタレイ夫人の恋人/オリジナル完全版」に投稿された感想・評価

Grace

Graceの感想・評価

4.0
イギリスの小説家D.H. ロレンスが書いた小説をTVドラマ化し、イギリスのBBCで放送された作品。

日本の劇場公開版を最初に鑑賞、次にオリジナル完全版を鑑賞してから小説を読みました。日本の劇場公開版はカットされているシーンが多く所々のストーリーしか分からず面白みがなかったので、カットされているシーンが観たくてオリジナル完全版を観ました。日本の劇場公開版を鑑賞した時よりも好きな作品になりました。小説はオリジナル完全版よりもシーンが多く、より官能的な恋愛小説でした。

出演者は役柄と合った俳優を起用していて良かった。チャタレイ夫人役を演じたジョエリー・リチャードソンは美しい。森番のオリヴァー・メラーズ役を演じたショーン・ビーンはセクシーでワイルドな感じの森番でかっこよかったけど、男性が演じると恥ずかしいシーンを体当たりで演じていました。アメリカのTVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』やアクション映画に出演しているショーン・ビーンのイメージと違うショーン・ビーンが観れる。チャタレイ夫人の夫役を演じたジェームズ・ウィルビーは戦争での戦により重傷を負い下半身麻痺になった障害を持つ難しい役柄ながら上手に演じていました。

全裸になるセクシーなヌード・シーンがあるが、チャタレイ夫人と森番メラーズとの情熱的な愛を感じ、チャタレイ夫人とチャタレイ夫人の夫と森番とのやりとりや関係がどうなっていくのかと思い楽しみながら観ました。花や木が生い茂り自然溢れる森の風景が、この作品をよく魅せていて綺麗。身分の違う男女の不倫が描かれ、原作と違う演出になっていたので、好き嫌いが分かれてしまうような作品だと思います。

『チャタレイ夫人の恋人』ノーカット ヘア解禁全長版のDVDパッケージが出演している俳優ではない女性でソフトポルノっぽいイメージにしたのがおかしい。この作品のイメージとは全然違っていて、なぜこんなパッケージにしたのか疑問。劇場公開版のDVDパッケージはジョエリー・リチャードソンとショーン・ビーンの2人が写っていて、この作品のイメージ通りのパッケージになっていて、劇場公開版のDVDパッケージの方が良い。
『チャタレイ夫人の恋人』は、映画やドラマ化された作品が何作品かありますが、今まで観てきた中で、ケン・ラッセル監督版の『チャタレイ夫人の恋人』が一番好き。
torakoa

torakoaの感想・評価

3.8
このショーン・ビーンが一番好きかもしれない。何かかわいい。返事とか。朴訥さのあるイケメン美声(本人も吹替も)森番。吹替は大塚明夫さん。凄い美声のややエロ台詞で何か笑ってまう。といってもその方面に期待しすぎないほうがいいと思う。割とあっさりめで、えっもう?ってなる。『アンナ・カレーニナ』でもそんな感じだったので、彼にとってちょっと不名誉な印象を持ってしまっている。本人のせいではないが。

主演女優は美しくて品と愛嬌と儚げな魅力にやや崩れた色気と隙もあって、手が届かなそうで届きそうな絶妙な感じ。現実離れしてるけど現実離れしすぎてもいない美貌というか、程々に現実味のある「夢の女」感で、手に入れたくなるのも手放したくなくなるのもわかる。そして案外純愛。
夫のジェームス・ウィルビーもよかったし、無駄にサスペンスぽい雰囲気の未亡人もよかったし、連続ドラマで尺あるから結構じっくり描かれてる。妙な夢の場面とか要らんとこもあったけど何だかんだで好きな作品。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.2
この頃の身分違いって、ほんと天と地ほどの違いだったんだなと改めて感じた。発行本が当時禁止されたのも、不倫ものだからってだけじゃなくて、すごい身分違いの道ならぬ恋ってところが許せなかったポイントなんじゃないだろうか。

何より印象的だったシーンが、下半身不随の夫が、男としての見栄もあって完全な本音ではないとしても、奥さんが誰かと不倫して子供をもうけた事に対して、わざわざ自分と家のために跡継ぎを作ってきてくれた、あなたは本当の貴婦人だ、みたいなこと言って喜び感謝した後、どこの貴族の子か聞いて、誰の子か分かった途端、怒り狂ってアバズレ呼ばわりし出したところ。

夫人と森番は真摯に愛し合ってるし、2人の関係にいやらしさは感じなかった。
ショーン・ビーンが好きな友達に無理矢理観させられたエッチなやつ
庭師がエッチな奥様(確信犯)をチラチラみて……そして…………
aca

acaの感想・評価

3.5
ケン・ラッセルにしてはお上品だと思ったけど、若い頃のショーン・ビーンを見るだけでも眼福でした。それにしても、ジェームズ・ウィルビーはこういう役が似合うなぁ。
身分の違う2人の不倫映画!

夫人の、スタイルは
サイコー!

陰でコソコソ会う恋は
確かに燃え上がるよね〜(^-^)/

フフフ!
Timmy

Timmyの感想・評価

3.5
結構有名なのか、タイトルは知っていましたのでGYAOで観ました。

戦争で半身不随になった夫に対して不満を抱いていた主人公のお嬢さんが、森番の男とイイ感じになる、というお話。

クールな森番さんカッコイイですね。身分違いの恋は素敵です。

ただかなり長い。
あかり

あかりの感想・評価

2.4
官能映画以外の何者でもない。
女が、男の激しさに惹かれる所には共感。
KSat

KSatの感想・評価

1.1
初ケン・ラッセル。
美術といい、音楽の使い方といい、ジョエリー・リチャードソンの顔といい、これがケン・ラッセルらしい作風なのか知らんが、下品極まりない。というか、これをテレビで堂々と放送したBBCは凄い。

唯一、ショーン・ビーンはセクシーで渋くて好き。こういう映画で女優より男優に目が行くのって、なかなかないと思います。
言うまでもない有名小説の映画化。貴族で幸せな結婚をした女性が、戦争で半身不随となった夫を愛しながら森番との情事に溺れ、それが次第に愛情へと変わって行くという話です。
ケン・ラッセル監督の映画は無条件にといっていいほど好きです。彼のBBC時代に撮られたテレビ用の映画も素晴らしいものばかり。本作は、もともとはテレビシリーズで、それを編集して繋げた物だと思います。
ショーン・ビーンのいかにもな訛り具合がたまらない❤
雨の中をすっぽんぽんで無邪気に走り回るジョエリー・リチャードソンとショーン・ビーン。ははは❤微笑ましい^^;。
夫人が貴族である夫人の姉にこの森番という下僕を愛人として引き合わせるシーンで、夫人に恥じない堂々とした1人の男であろうとするメラーズのひた向きさ…凛々しくありながらなんとも愛しい… うーむ❤ 萌え… このシーンがなぜかたまらなく好きです。
ケン・ラッセルの作風は個性が強く好き嫌いがハッキリと分かれると思いますがハマったら古さなど感じる余地などないほどの個性的でパワフルな映像世界とストーリーテリングの虜です。

あなたにおすすめの記事