潮騒の作品情報・感想・評価

「潮騒」に投稿された感想・評価

原作の小説からは大幅にカットされていたような。そういう面で違和感があったけど、文章では分かりにくい空気、雰囲気を感じる事が出来て良かった。
カ

カの感想・評価

4.1
石山さんの頑固オヤジが凄い。
最後にしんじさんが海に向かうところからのクライマックスは鳥肌でした。
曲も好きです。
山口百恵バージョンを以前観たが、今度は吉永小百合バージョンを鑑賞。

この吉永小百合主演版は、何度も流れる「クラシックギター音楽」がとっても心地よい!!
名曲である。

伊勢湾にある神島の空撮から始まるこの物語、吉永小百合は舟を陸にあげる力仕事をしながら登場。

「その火を飛び越して来い!」は、あまりにも有名。
yuu

yuuの感想・評価

3.5
原作好き。ストーリーも王道なので安心して観れた。(個人的にはそこらの少女漫画よりキュン2する)
ただ音楽が本っ当に1パターンしかなくて、情緒のあるシーン、盛り上がるシーン、穏やかなシーン、怒りのシーン、全部あのギターの曲が流れて、またお前かよ!って感じは否めない。笑

吉永小百合は安定のド美人。火を飛び越えさせてからのおあずけはドS!( ̄▽ ̄)
mince

minceの感想・評価

3.5
川端康成原作だと思ってた。小さな島の恋物語。吉永小百合って神々しいところは無かった。純朴そうで清楚なイメージやったんちゃうかなぁ。もっと島の美しい絵も観たかった。「潮騒」ツカにて。「その火を飛び越えて来いっ」てほんまに言うてた。あかん、きょうは”凶悪”で消化不良起した。。。2013年12月3日
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.5
三島由紀夫の世界って、読んだことはないんだがやっぱ映像化がすごくむずかしいんじゃないのかな。「金閣寺」もなかなか辛いものがあったし。というわけで文芸作品というよりも「吉永小百合を見るためのアイドル映画」で結局終わってしまうのが勿体ないような。昔の人は映画をストーリーじゃなくて、オードリーとか吉永小百合みたいな文字通り銀幕のスターを眺めるために見てたみたいだからこれで大丈夫だったのかね
外丸優

外丸優の感想・評価

2.1
三島由紀夫の日本語の美しさを映画で表現するのは難しい。 できれば、原作を読むべき作品かと。
にこ

にこの感想・評価

3.4
その火を飛び越えてこい
百恵ちゃん、堀ちえみのを見ていて、やっとこさ吉永小百合ver.観れました。
百恵ちゃんはあのいもくささの中のかわいさがいいんだけど、吉永小百合はまじで美人!
ちょっと浜田光夫があまり好きな顔ではないので、ナイスコンビ賞はやっぱり百恵友和コンビに与えたい。

潮騒の好きな順位は
一位百恵ちゃんver.
二位吉永小百合ver.
三位堀ちえみver.
ですね。
その火を飛び越えてこいの艶っぽさは吉永小百合が一番ですけどね!笑
もうね、あんなんされたら新治ギンギ…………ゲフンゲフン
三島由紀夫の作品の中でも特異な一作。純粋な島人の姿は時代を感じる。吉永小百合が若い。
お母さんもいつも漁にでてるおじさんもいい人!あんな人に私もなりたい!
それに比べて初江さんのおじさん!ザ・頑固ジジイって感じ!
でも、微笑ましくみれた!
>|