ダーク・ブラッドの作品情報・感想・評価

「ダーク・ブラッド」に投稿された感想・評価

町田

町田の感想・評価

3.0
9月3日鑑賞。よく分からないままに終わった。裁判後の妻の行動がほんとに理解不能だった……。撮影って時系列順じゃないんだな〜
のんchan

のんchanの感想・評価

3.3
リヴァー・フェニックスの遺作‼️
1993年にリヴァー主演で制作が進んでいた矢先、リヴァーの急死により撮影続行不可能でお蔵入りしていたが、監督の余命が僅かとなった時、監督の奮起により様々な問題をクリアして、リヴァー没後20周年を迎えた2013年に公開にこぎ付けた、曰く付きの作品。

冒頭に監督とリヴァーが腕を組んでいる写真が映り、その経過を説明してから始まる。
途中で画像が止まり台詞だけが流れたりする箇所もある。
作り手も観る側も不満足と言うしかないけれど、リヴァーの最期に近い姿を観れるのはやはり貴重。凄く凛々しくてカッコイイ💫
ただ、髪の毛は黒くて短髪。ちょっと昔の矢沢永吉のM字型の髪型と同じに見えたんだけど😮


落ち目の俳優夫婦が週末旅に出掛けた途中の砂漠地帯で高級車が故障し、そこで出会った青年から助けてもらうが、23歳の青年が夫婦の妻に妙に執着する。身体を求める素振りも...部屋には若かりし頃の妻が下着姿でポージングする写真が貼られていて...ファンだったようだが...青年は離れ難くて夫婦を目的地へ乗せるのを拒み始めて事件が起きる...

夫婦役はジョナサン・プライスとジュディ・デイヴィス。
リヴァーと3人芝居のような感じ。

面白いかと言われると...ただ、貴重品ですね🌟
ノカ

ノカの感想・評価

2.6
未完の作品なのでストーリーのぶつ切りはしょうがないとして、話自体の胸糞は悪い。

リヴァーフェニックスの遺作ということもあり、しっかり完結したものが見れないのは残念。
Chiho

Chihoの感想・評価

-
リバー・フェニックス好きだから借りた
完成したのがみたかった
rio

rioの感想・評価

3.3
未完の作品ということで映画としては納得いかない内容だった。けど、亡きリヴァーの魅力が表れている映画だと感じた。
ボーイもハリーも色んな意味で狂ってるね。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

2.6
車で旅する俳優夫妻のハリーとバフィー。途中で車が故障し、砂漠の中で立ち往生する。そこで出会った青年に助けられるが、彼はバフィーに執着するようになる、、、。

万人受けする内容ではないと思いました。青年が徐々にバフィーに近づき、夫のハリーは青年に不信感を抱く。その先に待っていたのは恐ろしい結末でした。

1993年に撮影していたが主演のリヴァー・フェニックスが亡くなり、製作中止。だが監督が病気で余命宣告を受け、製作スタート。撮影できない所はナレーションで補う荒技。だけどそれはそれで良かったかも。
2012年 アメリカ 🤷?

未完の映画「ダーク・ブラッド」

最後の映画。
Yuzu

Yuzuの感想・評価

3.7
未完の作品な事が本当に残念。
普通に1つの映画作品としてとても面白かったと思う。

River Phoenix、卓越した圧倒的な演技力だった。
ラストシーンは一生忘れられないと思う。
ストーリーもさることながら、未完ゆえに少し不思議な作りとなっており、主人公とリバー自身の運命がシンクロしているようで、観終わった後の切なさが半端ない。
信じてたのに

リヴァーフェニックスの持つミステリアスな雰囲気が全面に出てる映画だった。
「ドッグ!!」って呼ばれいる犬が可愛い。
名前がないのが良い。

この映画を見れてよかったけど、
私の見たことのないリヴァーが減ってゆくのが寂しい。
>|

あなたにおすすめの記事