イット・カムズ・アット・ナイトの作品情報・感想・評価

イット・カムズ・アット・ナイト2017年製作の映画)

It Comes at Night

上映日:2018年11月23日

製作国:

上映時間:92分

あらすじ

「イット・カムズ・アット・ナイト」に投稿された感想・評価

keeper7

keeper7の感想・評価

1.8
なかなかそそられるタイトル。
予告も悪くない。
そして只ならぬゾンビ ものの匂い。
ホラーファンなら間違いなく興味惹かれるタイプの作品。
に見える。

結論から言おう。

はあぁあ〜?!
ホラー好きにはとんでもない詐欺映画だった。

これ以上何か言うと配給会社の営業妨害になりかねんし、ネタバレになってしまうので以上にするが、それにしても、、

あえて良い部分を挙げるなら、物語の見せ方、テンポと構成はいい。
もしこの監督がモンスターやゴースト、ゾンビなどを扱ったちゃんとしたホラーを撮ったらそれなりに面白いものを作りそうではある。

まだまだ言いたいことはあるが以上!

もう一度 はあぁあ〜?!
ジョエル・エドガートンがこういうホラー好きなのは、すごくよくわかる。
aaaaki

aaaakiの感想・評価

1.5
意味がわからなくて、消化不良。
彼らの目的がハッキリしないまま話が進んで、結果それですか。って感じ。

でも監督の意図が、各々のにストーリーを感じ取って欲しいってことと言う意見を聞いたら、終始、謎に描いてるのもまあ納得。
COAGIL

COAGILの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビやパンデミックな作品と思って見てみると、ありゃりゃw

これは期待ハズレとなるのだが、もし ゾンビが出てきたり、ウイルスに感染したりしていたならば平凡な作品になっていたので、
心理サスペンス作品と割り切って見れば、それなりに楽しめる‥

しかし、最初からゾンビも出てこなければパンデミックも起こらないと分かってしまうと、それはそれで面白さが半減‥
Kayococo

Kayococoの感想・評価

3.0
ちょっと期待しすぎた感が半端ないけど、、、緊張感が漂う中で起きる事件って、信頼感と落ち着きがすごく大事だなぁって思った。
BABY

BABYの感想・評価

3.3
机越しのカメラワークと画の美しさに惹かれる作品。じんわりじんわりと不吉感を漂わせる演出がうまい。終わり方はかなり辛い感じだが、2つの家族の結末がそれぞれ違っていてどちらの方がマシなのか比べてしまう。
あの赤い扉が生者と死者を分ける役目を果たしていたのか…
ぱるち

ぱるちの感想・評価

1.5
ポスターや売り文句からホラーを期待する人は回れ右。
絶対肩透かしされる映画です。

正直、ホラーでもテラーでも、スプラッタでも無い。

じゃ何かって?
ドリームです。
komblog

komblogの感想・評価

3.0
前から気になってて、iTunesで99セントだったので見たけど、The 低予算ホラーという感じ。基本的にワンアイディアというか設定で一本とっている感じなので細かいことはネタバレを避けるために言わないけど、なんかこんなミステリー小説あったなぁ…🤭

この手のものに何を期待するかによるけど、おれ的にはこの手のものとしては良作と思う👍
ShowgoBond

ShowgoBondの感想・評価

3.5
‘It Comes at Night’ was directed by Trey Edward Shults and stars Joel Edgerton as a man who lives in a very secluded and uneasy shack with his wife and son after a mysterious apocalypse left the world with few survivors. A few days after killing and burning his wife’s father who was infected with a highly contagious unknown disease, they confront and capture a man who was breaking into their house at night. Convinced that he was just trying to save his famished wife and son by doing it, they allow his family to stay with them in a house. However, something creepy keeps happening in their house at night...

I thought this movie was a really horrifying and freaking one like something or someone would possess the residents and the possessed residents go crazy and that sort of stuff. On the contrary, there’s almost nothing scary and nothing freaked me out but this movie gave me creeps until the end of the film. I was actually waiting something like ghosts to come out of the blue just like stereotypical American horror films but nothing really happens where something scary was supposed to happen so this movie kinda freaked me out in a different way. It has not that many dialogues, just really quiet, very creepy even though it was not like other horror films. Although I had no anticipation or no ideas what the movie was about, this movie had such an interesting idea and I liked the way this movie was directed, shot and edited and also all of the cast performances were so nice especially the other family members who are the one that makes this movie really weird and creepy in a very good way cos it’s very uncertain whether they were good or bad people. We cannot really be sure what their intentions were. Anyway, It was really good that all of those cast fit in each character. And I like the poster where a dog is staring at something in a very dark forest. It feels like that something which only animals can see is lurking in a dark forest...we can see this scene in the movie so perhaps you can see what the dog was staring at...perhaps not. I reckon that it’s already finished showing this movie in cinemas in most countries, but I assume few people have seen this movie so if you have time, why don’t you see this movie at night like before going to bed? You might have some nightmares after that though...

Thank you for reading my brief review of ‘It Comes at Night’!
m

mの感想・評価

4.7
ねっとりとした緊張感に包まれた厭な91分。タイトにまとまった尺の中で、よくあるジャンル映画のようで実は全く違う、ジャンル映画の世界で起こるリアルで小さな極限の心理劇が精密に描かれる。
冒頭こそゾンビ的感染物のように始まるが、事態は定番に沿いつつも絶妙に違う境地へとじわじわと向かっていく。

この恐ろしく地味だが観客の精神を侵食する心理サスペンスを支えているのは、ジョエル・エドガートンら達者な俳優陣、そして静かに優雅に緊張感を高め続ける演出・撮影・照明・音響の優れたスタッフワークだ。カメラワークの独特のセンスに惹かれた。

主演だけでなくプロデューサーも兼ねたジョエル、さすが「ザ・ギフト」を監督した男だけあってやっぱりこういう厭な映画が大好きらしい。

画面のアスペクト比がどのタイミングでどのように変わっていくのかにも御注目を。

それにしても、本当に厭な映画です(褒めてます)。
>|