イット・カムズ・アット・ナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

「イット・カムズ・アット・ナイト」に投稿された感想・評価

ちょる

ちょるの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
この主人公の人の「ギフト」に雰囲気似てる。
なんか、最初から2/3ぐらいまでとくに展開ないのに集中してみれる感じ。
最後は自分ひとりじゃ理解できないから解説をしらべて次の日もこの映画のことをずっと考える。そんな映画。
ポスターだけを見て、ホラーとか思いきやしっかり何かを問いかけてくれる。
良かった。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

俳優のジョエル・エドガートンが主演、製作総指揮を務めた心理スリラー作品とのことで、内容としては、得体の知れぬ"謎の感染"から逃れようと外界との接触を断ち、森の奥深くの一軒家に暮らす、ジョエル・エドガートンが演じるポールら一家と、そこに助けを求めて転がり込んできた、クリストファー・アボットが演じるウィルら一家を軸に、正体不明の恐怖に追い詰められていく様が映し出されるわけなのだが、今作は正体不明の何かに焦点を当てたものではなく、ケルビン・ハリソン・ジュニアが演じる、ポールの17歳の息子・トラヴィスがこの状況下でいかにして精神が壊れていくのかが描かれていて、謎が解明されない点はモヤモヤとするのだが、それでも最後まで飽きずに視聴の出来る作品だとは思いますし、決して悪くはないかと。ただ、17歳のトラヴィスが純粋すぎると言いますか、この状況下で暮らしていれば過敏な反応を示すのだろうが、事柄と症状の結びつきがわりと安易で単純なものだったので、どこか物足りなさを感じてしまった。

このレビューはネタバレを含みます

厳しめの評価が多いけど俺はだいぶ楽しめた

アンドリューからトラビィスか
トラビィスからアンドリューか
An

Anの感想・評価

3.0
んー、ずっと疑念。
私も終始疑ってた。

ウィルスより人の方が怖い
adonai

adonaiの感想・評価

3.3
未曾有のウィルス危機に瀕して〜という筋書きが現状にハマってしまった結果、後からリアリティがもたらされることとなった本作。
感染者か、否か。
非合理な思考や暴力性、不安、焦燥をテーマにしているのに「IT」が何なのか?に主眼を置くタイトルやあらすじの構成が良くない。
YUUU

YUUUの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

内なる狂気、恐怖。

久々に余韻が残るホラーを見た気がする...
結論めちゃくちゃ面白かった。
死を招く「それ」が蔓延する世界の中、人間の心理だったり葛藤が上手くホラーに落とし込めていたと思った。
後半のポールの「夢遊病か?」という発言から身近に該当する人がいると考えて、トラヴィスに繋がり、あの夢の描写から大体の人は後半の真相が分かったはず。
それの正体を描かないのも正解だと思う。
まぢかぁー……
なんとなく分かってはいたけど……
結局はそーなるよねー😑


人間って生き物の疑心暗鬼と恐怖感だけでお安く映画が作れるって凄い😳🤔😱笑
なんだか分かんないことは観てる人が考える😂笑
訳が解らんのはハプニングとかも同じだし、そう考えると……やっぱ怖いよな😱

でもこれは…ゾンビを何かに置き換えた感じのTWDって感じで超簡単に教えてくれてる感じがした😂1番怖いのは人間😱

でも、今、実際コロナの見えない恐怖があるせいか その辺はリアルに怖く感じた🥺それが何であっても🥺
とみ

とみの感想・評価

2.4
家の構造とテレビの位置が悪いのと、終始画面が暗いのとで、映り込みがひどく、それと戦いながら観賞。

私にとってITとは、紛れもなく「映り込み」でした…………

ひどく疲れた(笑)
entrof

entrofの感想・評価

3.2
「外には恐怖、内に狂気」このキャッチャーコピーよくできてると鑑賞後に思う。「それ」とは、それでもあり、それでもある。それによってそれが生まれる。そんな感想…。題名のITはホントのところで何を意味するのだろう。
観た人それぞれに答えがありそうな作品。じっくり観るとそれなりに楽しめる人間ドラマ。それなりに…。
ひろ

ひろの感想・評価

2.6
このコロナ禍の今だからまだ見れた感じ。
普通のホラーとかを期待して見ると大きく裏切られるやつ。
御多分に漏れずA24作品と言うことで期待して見た口なのでちょっと違う感は否めなかったけど今だからちょっとわかる恐怖感があった気がする。
>|