パージ:アナーキーの作品情報・感想・評価

パージ:アナーキー2014年製作の映画)

The Purge: Anarchy

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:103分

3.4

「パージ:アナーキー」に投稿された感想・評価

Lionel

Lionelの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1よりはおもしろかった!
最後のオチが参加者が少ないからしゃーなしでやってる人もいるんだよっていう。。
Quboy

Quboyの感想・評価

4.0
前作同様、パージが始まる前のドキドキ感がたまらない。ただ前作のインテリパージ集団の方が今作のリッチパージ会やNFFAよりも狂気を感じ、インパクトもそこまでなかった。飽きてきたのかな。
個人的には一作目の方が好きだった。大統領令もそのうち見よう。
おっかないわあ。

フランクグリロの兄貴のおかげで安心して鑑賞。

ワケあり急造パーティーでパージしたりパージされたりラジバンダリ。

金持ちが裏オークションみたいなことしてるのはよく見る設定。

最後なんかよくわからず散らかしたまんま終わったけど楽しめたかな?
tomoko

tomokoの感想・評価

3.9
人種によって役割が決まっていた。特に捻りは無く、生存者は簡単に予想出来た。
レオが強すぎて惚れる。
前作と違い舞台は貧困層が住む街中でとても治安が悪い。貧困層の中でも女性が真っ先に狙われているのを見て憂鬱になった。
Akinori

Akinoriの感想・評価

4.0
ハラハラドキドキの展開の連続で観てるこちらはあっという間でしたが、主人公たちはすごく長い夜だったんだろうなと…
よくある殺しが多い幽霊系のホラー映画より面白いと思います。
TAKAたか

TAKAたかの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

バトルロワイヤル系

前作の設定そのままを自宅から舞台を街全体に広げ、逃げ回る。うーむ、前作よりお金をかけたようだけど、なんかチープ感が拭えない。

舞台を管理社会といういかにもヤングアダルト小説風設定の大風呂敷を広げている割にB級感いやC級感になってしまっている。終わりも何故復讐するためにこのパージを利用しようとしたのに、前作を引き継いてしまっている。設定が面白いのになんかもったいない。
深夜に友人宅で観賞。

現実世界でこんなことが起こったらと思うと恐ろしいし、どこかでお金と命の取引は実際至るところで発生しているんだろう。

平和ボケしている日本人だからこそ、考えさせられる映画なのだと思う。
Makoichi

Makoichiの感想・評価

4.2
前作とは全く別の主人公達で、今度は街中が舞台。

さまざまな事情でパージ中に外に出てしまった人達の苦難が描かれていて前作よりもパワーアップ感があって「いいぞ!もっとやれ♪」って感じw

ちょっと主人公格のレオが強すぎて安心感がでちゃうのはマイナスかもしれないが、腐った世界観にはこれくらいのヒーローがいてもいいかもw

とりあえず観たかった外の世界が観れて個人的には満足でした~♪
依緒

依緒の感想・評価

3.0
パージ1作目を見てないのに、テレビをつけたらアナーキー始まって、ついつい見ちゃった。

パージシリーズ、気にはなってたのよね。
設定が面白そうだもん。

結果……
面白かったねぇ!
理不尽ってこういうことだよねー。
殺人を含む犯罪OKな12時間て、どんだけ怖いかと。
バカでしょ?!(笑)
けど、主人公の気持ちが分かるだけに、応援しちゃう気持ちも。

まさにサバイバル。
ハラハラドキドキ感は結構いい感じ。

なによりラスト5分が良かったぁ。
1年に12時間だけあらゆる犯罪が合法になる日が制定された近未来のアメリカのお話。

まぁ、911も湾岸戦争も大平洋戦争も自作自演でなされた巨大な犯罪だと考えれば、それを猿でもわかるようにするとこうなるのだよという映画なんでしょうか。

その犯罪のほとんどが殺人で人間の中の獣を解き放す魂の浄化だそうだ。

日本のSF作家がその昔に考えていそうなストーリー。

人間の内には凶暴性とその真逆の両極を持っているわけでそれをわかりやすく富裕層と貧困層に分類したのは現代のグローバル世界の見方としては間違ってはいないと思う。

怒りや復讐心を燃やしても救われる魂はないということか。

暇な午後に観るにはちょうどいい軽い作品だった。

エンドロールに挟まれる「アメリカ、アメリカ🇺🇸」の歌はまさに911の時の雰囲気。

あの時は異常だったよねとようやく言えるようになったかな?
>|