パージ:エクスペリメントの作品情報・感想・評価・動画配信

パージ:エクスペリメント2018年製作の映画)

The First Purge

上映日:2019年06月14日

製作国:

上映時間:106分

3.2

あらすじ

「パージ:エクスペリメント」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

現在体調があまり宜しくないのであらすじ紹介は飛ばしまーす

パージの前日譚みたいなお話?
いかにしてパージが生まれたのか。という感じでいつものパージのアナウンスがちょっと変えられたりしてるから実験!初期って感じがするー!ってわくわく
最初は皆さん、あまり乗り気ではなかったのね。そりゃあそうだ
NFFAの地位が揺らぐからって傭兵を雇うなんて。今までのパージと違ってほとんどが政府からの犬だった。主人公達に襲い来る敵が。爆弾のトラップしてる一般市民は良い感じに狂って好き。
こうゆう日頃悪の奴等が、いざ危機が訪れた時に嫌われっ子が皆を守るヒーローになるって映画、大好物なんですよ💓
1よりはアクションあるけど続編と比べたら迫力が劣る印象。
終盤の階段で1対3のシーンは一瞬だけどワンカットアクションって感じがして、これはパージって忘れるほどの迫力。あの格闘シーンはパージシリーズの中でも屈指なんじゃないかな!
未公開シーンで全身タトゥーの男が、襲いかかって窓の外に蹴り飛ばされるシーンあるけど、カットされても仕方無いな
あれはカットして正解。その分、あの時の驚きと一瞬の興奮はすごい楽しめた
これからパージが始まるのであって、政府にはイライラしか溜まらず…。仕方無いけど心残りがありますwあいつくたばれー!w
Vin

Vinの感想・評価

3.4
今回のパージでもネジが2、3本飛んだイカれシリアルキラーがいました。毎度どんなのがくるか楽しみなんですよね。予想を裏切らず、ヤバいヤツがいて笑います。
今作はパージ参加者に記録用のアイコンタクトが配られるんですが、いざ計画がスタートした途端街の闇の中至る所に光る不気味な目。厨二心をくすぐる。カッコイイ。
ギャングがかの有名な至上主義非営利団体の衣装を着た傭兵をバッタバッタとなぎ倒すシーン、興奮します。
ゆこ

ゆこの感想・評価

3.0
久々にパージシリーズ見てみた。わかりやすくて良い。
でもさ、犯罪率下げたいからパージ法作るって謎じゃない?関係なくない?
あと賞金安すぎない?いくら貧困層だからってあんなに参加するのおかしい😵

洋画あるあるだけど、セクシー担当みたいな人この人が???セクシー???ってなる。アメリカ人的にはセクシーなのかな?🥺
シ

シの感想・評価

3.6
安定のパージって感じ
シリーズ4作ともシチュエーション同じやからマンネリ化するのは仕方ない
S

Sの感想・評価

3.9
『パージ』シリーズ第4弾。
今作は“パージ”のはじまりの物語。

低所得者層&島のギャング達 vs NFFA(政府)の構図が、低所得者層の苦悩や“パージ”の政治的な利点と共に描かれ、終始興味深く鑑賞できました。

とは言え、個人的にこのシリーズに期待しているのは“パージ”の発令中、暴力性と同時に変態性も解放するヒャッハー!な方々の暴れっぷりなので、その点でも期待通り楽しめました!!

ギャングのボスが強くて格好良い。
パージ導入前夜の話。

地元のヤンキー、実はいい奴ばかり説。

そこで傭兵がパージ円滑化のために、
盛り上げ役で投入。

パージ法自体が最早理論が崩壊しているというストーリー。

スケールもそこまで大きくないので、
やはりパンチに欠ける作品。
DJ料亭

DJ料亭の感想・評価

3.2
相変わらずマスク良い
暗闇に光るコンタクト
赤ちゃん人形マスクが1番キた
ケンドリック
ストーリーは面白かったですが最終的にはトップはあのまま黒が暴かれずの終わるのでキレイさっぱりとはいかないストーリー、エンドロールでその後どうなったかをやんわり教えてあげるよ的な感じで終わったのでひとつの世界としては弱かったです。

そして大事なパージのところですが、パージとしては少し過激さがなかったように思われます。人間の妬み嫉み劣等感と言った醜い部分がさらけ出されるような所があまり描写としてはありません、大部分が政府の陰謀という進め方、グロ描写もかなり少ない、一作品目のパージが好みだった事もありエクスペリメントはちょっと優しい世界で残虐さを求めて視聴するものではなかったです。
ois

oisの感想・評価

2.9
1番面白くなかった
パージで狂ってる人達が渋谷のハロウィンを彷彿させるの面白い
日本版もいけるか
めぐろ

めぐろの感想・評価

3.8
あのパージがどうやって始まったかが分かる
参加してみたさはあるけど多分すぐ死ぬ
>|