悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲の作品情報・感想・評価

「悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲」に投稿された感想・評価

troy

troyの感想・評価

3.0
言葉の練習をするレザーがかわいいのと、ケンフォリーが出てる!あとイケメンを楽しむだけの映画です!1と2が好きだからガッカリだ!ガッカリだああああ
D

Dの感想・評価

-
見所は何と言っても、いけにえファミリーに加入しているヴィゴ・モーテンセン。そして、「ゾンビ」のケン・フォリーVSレザーフェイスが死闘を繰り広げる、対決ものとしても、価値が高く見逃せない。特典の別エンディングのが断然好き!!
Mountain

Mountainの感想・評価

2.5
個人的には
ちょいとイマイチだなぁ…と思った3作目。

知ってる人は知ってる
3作目のティーザートレイラーは
クソほどカッコ良いのです。
池の中からチェーンソーがシュパーン!
レザーフェイスがキャッチ!ドヤ!
みたいなやつw
全く本編に関係無い作りの予告編なんですけどねww

その予告編で期待値を上げておいて
本編は良くも悪くも無難。
相変わらず、チェーンソー持って走り回ってるなぁ…てな感じ。
若き日のヴィゴ・モーテンセンがレザーフェイス一家にいるなぁ…とふと思ったり。

今ひとつパンチに欠ける
悪魔のいけにえ3作目でした。

4作目は若き日のレニー・ゼルヴィガーが出てるようなので見たいのですが、日本でDVD化してないんだよなぁ…。
自動車でテキサス・ロードを走行中の男女が、その土地を縄張りにしている猟奇殺人ファミリーの標的にされてしまう。過去作の骨子を引き継ぎながら、新たな仕切り直しを目指している、人気シリーズ第3弾。

前2作品の内容を組み合わせたような作劇になっており、尚且つレザーフェイスのファミリー構成が新設定に替えられている。トビー・フーパー謹製の珍妙なテンションは後退しているが、ファミリーのキャラクター像はなかなかどうして見応えあり。

新家族では、人形遊びに興じている幼い少女が印象鮮烈であり、「残酷なことをする少女フェチ」にはたまらないシーンが続出する。一方、ヒロインの味方となるレンジャーを演じているのは、ゾンビや殺人鬼を相手に取ってばかりの俳優ケン・フォリー。致死量の攻撃を受けても、何度も救出にやって来るのが笑える。

レザーフェイスが幼い子供の知能指数であることがしっかりと描かれており、新しい玩具(チェーンソー)を与えられる場面と知育用の単語ゲームで遊ぶ場面が白眉となっている。演出面は凡庸なスラッシャー映画の型に収まっているが、「悪魔のいけにえ」を観ている感覚はそれなりに保たれている。
Joker

Jokerの感想・評価

1.6
カリフォルニア州からフロリダ州まで旅行中のミシェルとライアンは、テキサス州のガソリンスタンドに立ち寄った。しかしそこはソーヤー 一家の住処だった。
しばらくすると、行く手に人皮マスクをかぶってチェーンソーを振り回すレザー・フェイスとそのファミリーが現れた。
ライアンは彼らに切り刻まれて死んでいく。ライアンの虐殺される姿を見てミッシェルは絶叫した。近くにいたベニーがその声を聞きつけ、ベニー、ミッシェル、レザー・フェイスファミリーのサバイバル戦が始まる。
ShinoOta

ShinoOtaの感想・評価

3.0
再鑑賞
グロさとテンポの良さは◎
構成は一般的なホラームービーって感じで観易い
ヘザーが可愛いdeath
(絶対って言う程エロシーンがあるのがホラームービー)
きゅう

きゅうの感想・評価

2.8
この映画に少女が出演するとはって感じですね。しかもあの家の。少女だけでなくイケメンが一家に追加されててびっくりした。
KEIYA

KEIYAの感想・評価

3.5
まぁ色々変わってるだろーけど
なかなか楽しめました!

夜、森、罠、チェーンソー

最悪ですね
ニッケ

ニッケの感想・評価

2.0
経験上この手の映画の3作目はだいぶ鬼門なんだけど、やっぱりダメでした。キャスティング以外に見所なし。セルフパロディにもなってない焼き直し。ミスマッチなハードロック風劇伴が虚しく響きます。
eto

etoの感想・評価

3.3
なんか色々設定変わってる…ので2同様またまた戸惑った。面白くて見てるのか意地になってるのか何なのか 自分でもよく分からなくなってきましたが、このままシリーズ全作いきます。