悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲の作品情報・感想・評価

「悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲」に投稿された感想・評価

ShinoOta

ShinoOtaの感想・評価

3.0
再鑑賞
グロさとテンポの良さは◎
構成は一般的なホラームービーって感じで観易い
ヘザーが可愛いdeath
(絶対って言う程エロシーンがあるのがホラームービー)
きゅう

きゅうの感想・評価

2.8
この映画に少女が出演するとはって感じですね。しかもあの家の。少女だけでなくイケメンが一家に追加されててびっくりした。
KEIYA

KEIYAの感想・評価

3.5
まぁ色々変わってるだろーけど
なかなか楽しめました!

夜、森、罠、チェーンソー

最悪ですね
ニッケ

ニッケの感想・評価

2.0
経験上この手の映画の3作目はだいぶ鬼門なんだけど、やっぱりダメでした。キャスティング以外に見所なし。セルフパロディにもなってない焼き直し。ミスマッチなハードロック風劇伴が虚しく響きます。
eto

etoの感想・評価

3.3
なんか色々設定変わってる…ので2同様またまた戸惑った。面白くて見てるのか意地になってるのか何なのか 自分でもよく分からなくなってきましたが、このままシリーズ全作いきます。
Haman

Hamanの感想・評価

3.5
なんか家族増えてる。
新品のチェーンソーを貰ってはしゃいだり、言葉遊びのおもちゃでイライラしてたり、あい変わらずレザーフェイスはかわいい。
テキサスのある荒野で死体が50体見つかっていた。そんなニュースをラジオで聞きながら父へ車を届ける道中に立ち寄ったガソリンスタンド。主人公は左目が白濁した男に銃で襲われる。命からがら逃げ切れたと思ったのだが……って話

ん〜微妙。1よりは話の構成がしっかりしてるけど、家族全員の狂気度や恐怖度がマイルドになってて結局ダメ。やっぱ悪魔のいけにえシリーズは個人的に合わないなぁー。
2はなかったことになっていた。

設定の粗がとても目立っている。キャラクターが無駄に多く、全然掘り下げられないので、愛着が湧かないまま終わってしまう感じ。

1作目よりも多い数の殺人鬼たちがほぼ1人の力で倒されてしまうことに、開いた口が塞がらない。ホラー面よりもアクション面のほうが目立ってしまっているので、「悪魔のいけにえっぽいものを観た」という感じになってしまった。
しがい

しがいの感想・評価

3.2
私はオリジナルよりも先にこの3作目を鑑賞した人なんですが、その時は「なんて策士家の家族なんだー」ってことと「お兄さんイケメンすぎる」っていう感想でした。
しかし改めて観てもほとんどそれだけの映画…。
2作目があれだけ濃いキャラクターのおかげで1作目とは異種の魅力を放っていただけに今作は個性が足りない感じ…。
グランパが完全に置物同然なのも悲しかった…。
女優さんも叫んではいるけれど泣けてませんでしたね。
笑顔の練習するババくんは可愛いけれど、女のあそこを食すのが好きみたいなイヤラシさは添えないで欲しかった(おこ
horahuki

horahukiの感想・評価

3.4
来月公開の『レザーフェイス』に向けて♫
1と2はすでにマークしてるし内容もだいたい覚えてるので、本作から見て行こうと思います!

内容的には2をなかったことにして、1の事件後のソーヤー家を描いてる感じですかね。でも1との整合性も怪しい気がするので完全オリジナルなのかな??

あらすじ…
WEソーヤーが処刑された。そんなニュースが流れる中、車を届けるためにアメリカあるあるなド田舎道を彼氏を助手席に乗せ運転してる主人公。テキサスに入り、給油のために立ち寄ったガソスタで怪しいおっさんに絡まれる。そこをイケメンカウボーイに助けられ何とか逃げ出すも、後ろから謎のトラックが追いかけてきて…。

家族構成が変わっとる(笑)
男だらけのソーヤー家に幼女とママが加わってます。そしてついにジジイが逝ってる…。もうあのハンマー振り下ろしの妙技が見れないのが悲しいですが、生き生きしてた2の方が謎なのでむしろ順当ですね。新キャラのママと幼女のキチガイっぷりもそれぞれのキャラ特有のものだから、男だらけだった今までとは違った嫌悪感がありました。

そして、ファンにとってはアルマジロの登場が嬉しい。ソーヤー家が待ち受けるまさに異界に足を踏み入れたことを表す象徴として出てきます。

序盤は田舎道でのチェイスでワクワク。そしてそのあとは真っ暗な森の中でのサバイバルバトル。もちろんソーヤー家にもお邪魔します。途中で武器をもったサバイバル好きで強そうな男と合流したり、生き残りの女が出てきたりで面白くなりそうな様相を呈しつつも、それぞれがバラバラで動くのみなので、キャラクターをうまく動かせていたようには思えず勿体無い印象。

ソーヤー家での食卓も一作目ほどのインパクトがない。人間としての常識が一切通用しない、この世のものとは思えないまさに地獄のような絶望的異空間を表現していた一作目ですが、本作はそれと比べると割とマトモ。いや全然マトモじゃなくてキチガイだらけなんだけど、比べるとどうしても現実的に思えてしまう。

とはいえなかなか面白かったです♫最初に出てくるおっさんの気持ち悪さが尋常じゃないし、おニューのチェーンソー貰って喜ぶレザーフェイスくんも可愛いし。徐々に不吉な予感を植え付けていく序盤の流れも楽しい!でもラストはDVD特典に入ってたもう1つのエンディングの方が好きですね〜。あっちのが不気味で良いです!