13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!の作品情報・感想・評価

13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!1986年製作の映画)

FRIDAY THE 13TH PART VI: JASON LIVES!

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

2.9

「13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!」に投稿された感想・評価

13日の金曜日シリーズ第6弾!
リブート作先にレビューしちゃいましたが、戻ってまいりました笑。
今作はシリーズ4作目の続きであり、マンネリ化が続いていたシリーズの軌道修正を測った異色作5作目は今回なかったことになっています。

オープニングのタイトルコールが若干007ぽくて笑える。

4作目でdiediedieeeeeee!!!!とジェイソンを滅多刺しにして殺害に成功したトミー少年が青年となってその後のお話。
毎日ジェイソンの悪夢にうなされていたトミー少年は「ジェイソンの墓掘り起こして完全に燃やして抹殺したるわ」と意気込んで、墓を掘り起こします。そしてジェイソンの腐敗した死体に鉄柵で再びdiediedieeeeeeeと突き刺して火をつけようとした瞬間に鉄柵に雷が落ちて、なんとジェイソン復活です!!!

不死身の怪力ゾンビとなって復活したジェイソンは無差別に殺戮を繰り返していきますが、なんだかコメディなんですよね笑。
鏡に押し付けたら、反対側まで顔の形が飛び出る怪力や、木に押し付けたところにニコちゃんマークは流石に笑うwww
ショットガンで何回も倒れて起き上がるシーンもシュールすぎww

ここから不死身のジェイソンとなる記念すべき作品でもあるので個人的にはそんなに嫌いでもないかなー。

鎖に撒かれてクリスタルレイクに沈んでしまうシーンを忠実に再現しているフィギュアが5万くらいで売ってたのがとても懐かしいです笑
墓穴から復活した殺人鬼が町人に対する殺害行為を始めるのだが、警察官は精神疾患をもっている青年に嫌疑を掛けてしまう。殺人鬼ジェイソンによる殺戮ショーを描いている、人気シリーズ第6弾。

主人公は前作から引き継いでいるが、シナリオはまたまた整合性を無視。前作の方向転換を諦めて、やっぱりジェイソンのオリジナル・キャラに引き戻したかのような内容。ジェイソンがフィジカルな強さをアピールしてくるのが面白いが、女性の裸体を拝めないのは残念無念。

いまだに社会不適応者から脱せないままでいる青年のジタバタ劇を主軸しながら、コテージの指導員たち、サバイバル・ゲームを嗜む大人たちの「殺され方選手権」が繰り広げられる。コテージに宿泊するキッズたちが、意味深長でありながら、それほど深長ではないという、カックンな位置付けになっている。

演出面では、きわめて見世物的なコメディ要素が濃厚。ジェイソンの一挙手一投足に萌え要素が備わっており、男女カップルを優先させて能動的に嫌がらせをしてくるのが絶品。もはや何のために殺害行為をしているのか分からず、多分にぼんやりしているのはご愛嬌。
5の最後の最後のあの展開は無しで、生き残りさんは病院を抜け出しジェイソンの墓を掘り起こしに行くのだが……そんな中クリスタルレイクではとうとうキャンプが始まり、子供たちがゾロゾロと休日を楽しみに来ていた…って話

今回ノーおっぱいでした(セックスシーンはあったけど)。そんなことは別にどうでも良くて、どんどん話がつまらなくなってきました!まず殺し方というか魅せ方が良くない。カメラワークが悪いのかな?んで個人的にジェイソンは少しやられる位の強さが好きなんですが、今回は天下無双でちょっと強過ぎです。その割にラスト1人になると弱体化するっていう…。やっぱシリーズ化するとこうなるんですかね。気合入れて残りも見るぞー!
Taka29

Taka29の感想・評価

2.8
ジェイソンは生きていた❗️というより無理矢理生きかえされたの間違いではないでしょうかw

無理矢理繋げた感じが半端なく感じました(^^;
でも、13日の金曜日はやっぱりジェイソンあっての作品ですねw
まあまあ面白かったです^ ^

主人公もトミーからメーガンにかわりましたねw

ジェイソンの殺し方も痛々しものから笑えるものまで幅広いw

ナイフで喉きられ、ある者は首を捻られ、本当に見ていて飽きない。
ADA

ADAの感想・評価

1.4
13日の金曜日 シリーズ6

未だにジェイソンの悪夢に苛まれていたトミーは、ある日、友人のハーズと共に『フォレストグリーン』へと名を変えたクリスタルレイクへと戻り、ジェイソンの埋まっている墓地に訪れる。悪夢と完全に決別すべく、トミーはジェイソンの遺体を掘り起こし、火葬にしようと考えていた。蛆がわき、もはや腐敗した状態となっているジェイソンの死体が入った棺桶を開けたトミーは、かつてジェイソンを葬った時をなぞるように壊れた鉄柵をその屍骸に幾度も突き刺す。ジェイソンを火葬すべくガソリンに手を掛けようとするが、突如落雷が起こり、ジェイソンに刺さった鉄の柵が避雷針となって、ジェイソンの全身に大量の高圧電流が流れた結果、そのショックでジェイソンが蘇ってしまう。トミーの訴えにもかかわらず保安官は聞き入れてくれず、次々と周囲にいる人間を殺害し始める。
小夏

小夏の感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

トミーのせい。

ジェイソンがついに怪力になった。
人外の動きをするようになった。

トミーの設定が迷子。
前作が個人的に良かったので蛇足。


【13日の金曜日メモ】
①「13日の金曜日」-完‐
②「ジェイソン」幕開け(麻袋)
③「ジェイソン」完成
④トミー前日談(哲学)
⑤トミー本編(サスペンス)
⑥蛇足




ぺ

ぺの感想・評価

2.5
おっぱいが一度も出ない。
着たまま不自然なセックス。
ダメでしょ!
たに

たにの感想・評価

2.5
今までで一番エロシーンがない
イラつく映画に闇雲に叫ぶ女は必須!

前のトミーが無かったことになってるぅ!
ゲームのトミーはこっちかな??
健太郎

健太郎の感想・評価

1.0
シリーズでおっぱいが一回も映ってないの初めてじゃないか?
エロいシーンが少なすぎる
あとトミー役の人が変わって別人になってるのもクソだ
一番最悪なのはOPを007風にパクったこと
だクソクソのクソ

黒ジェイソンはかっこいい、今まで一番手際の良い殺し方をしてたと思う
それでもクソ
ささき

ささきの感想・評価

3.2
最初のガンバレルシークエンスで爆笑
ここからモンスター映画へ
製作側の開き直りを感じて好き
>|