13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!の作品情報・感想・評価

13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!1986年製作の映画)

FRIDAY THE 13TH PART VI: JASON LIVES!

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

2.9

「13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!」に投稿された感想・評価

ひとみ

ひとみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

トミーお久しぶり!
すっかり大人になっちゃって…。
冒頭から墓荒らし…何この復活の仕方wwジェイソンただのゾンビやんww
オープニングは007風…笑
何か殺し方が雑になってない?笑
全体的にコメディ要素増し増し。
サバゲーしてる人達のシーンでは愉快なBGMが…笑
ジェイソン素手で頭引きちぎるくらい怪力だしもう武器なんていらないのでは…?(
取り敢えず子供達が殺されなくてホッとした〜〜。
でもポーラは生かしてほしかった…良い子だったのに…(;ω;)
あやと

あやとの感想・評価

1.2
5作目は番外編として4作目の後日譚 墓地に埋葬されてるジェイソンが蘇るとたいへんだと言うわけで青年になったトミー君が墓を掘り起こして火葬にしちゃおうとすると 偶然稲妻を浴びたジェイソンが復活ゾンビ化 またまた殺戮を繰り返す 今回のジェイソンは怪力の持ち主 銃弾も効かない トミー君はどんな作戦で戦うのか?マンネリは否めないです
ERI

ERIの感想・評価

3.3
なんでわざわざ生き返らせてるのー?!
バカなのー?!(;´д`)

ジェイソンは生きていた
じゃなくて、
ジェイソンを生き返らせた
でしょー( ・᷄д・᷅ )

てかさ、ジェイソンくらいの殺人鬼なら火葬した方が安心だよね。
まさかみんな生き返るとは思ってなかっただろーけどさ。

内容は相変わらず変わり映えないけど…
今度は子供がわんさか。
でも特に子供いなくても…

トミーくん頑張りました🙆‍♀️
しがい

しがいの感想・評価

3.4
ジェイソンが馬鹿力なので、鉈を奪い取ろうとして腕ごともぎ取っちゃうのが好き
たまぽ

たまぽの感想・評価

3.5
ジェイソンは生きていた!×
ジェイソンを生き返らせちゃった!○
R

Rの感想・評価

3.8
ジェイソンが死んでたり生きてたりするという感覚がもはやよく分かんなくなってきたけどまーいいや。 5はなかったことにされて、ようやく6。これは久々にふつうに楽しめたかもー。最初からコメディでやりますよって感じがよく出てたのがよかった。オープニングの007みたいな演出いいですね。音楽も迫りくるアゲアゲな感じがイイ! 4、5と連続出場キャラのトミーくんが今回も主人公。ジェイソンって火葬しつくしてもーたらええんとちゃうかと、友達を連れて墓を掘り返しに行くんやけど、落雷によりジェイソン復活。連れの友達はまんまと殺されて、トミーは逃げ果せるが、またまたジェイソンに追われるハメに。てか、土葬の中身って実際あんなにウジ虫やらミミズやらうようよへばりついてるものなんでしょうかね。そう考えたら火葬の方がキレイでいいよね。ほんで、フォレストグリーンに改名したシルバーレイクの周辺でマッサカーが起こります。あのスプラトゥーン4人組のシーンは完全にコメディやったね。音楽も陽気やし。木に顔面ぶつかって、幹にニッコリマークついたときには、見間違いかと思って早戻ししてもーたわ! 個人的に一番好きだったのはキャンプカーのシーンだね。本作唯一のsexyなシーン。今回はフルヌードはなく、騎乗位でした。ゆっさゆっさ小刻みにヴァンが揺れるのを外から見たジェイソンが、あれ?何で揺れてるの?みたいな感じで体を横に傾けるのキュートやん。ヴァン内でいつドーンと出てくるのか結構引っ張るのもよかった。もう一個お気に入りは、おっさんが体を逆にベキって曲げ折られて死ぬとこ。それ以外は、ふつー、ってか殺しが見えないからおもんない。もっと見せてジェイソン! 特殊メイクが大変なのかな。で、お話は、トミー君がジェイソンを出身地のシルバーレイクに沈める計画で進んでいく。最初は火葬するって言ってたのに。いい計画だと思ったがいつの間にか気が変わったんやね。まぁええけど。ずっとジェイソンのトラウマに苦悩していたトミー君もこれでスッキリしたのでせうか。あ、そうそう、あと面白かったのが、シーンの切り替え方。ジェイソンが矢じりみたいなんをストンと投げて殺したあと壁に掛けたダーツのショットで次のシーンにつないだり、女の子をぐしゃってやったあと保安官がコガネムシをぐしゃって潰すショットでつないだり。田舎の人ってあんな風にコガネムシ殺すんですね。きったねー。全編を彩る80sハードロック感もよかったし。てか、こうやって見ると、実は前作も完全にコメディとして見たほうが楽しめたかも。まぁどんどん見ていきます。めんどくさくなってきたけど笑
evey

eveyの感想・評価

2.0
パート4の続編。(パート5は番外編)
トミーが墓を荒らしたお陰でジェイソン復活。あとは毎度お決まりのパターン。
13日の金曜日シリーズ第6弾!
リブート作先にレビューしちゃいましたが、戻ってまいりました笑。
今作はシリーズ4作目の続きであり、マンネリ化が続いていたシリーズの軌道修正を測った異色作5作目は今回なかったことになっています。

オープニングのタイトルコールが若干007ぽくて笑える。

4作目でdiediedieeeeeee!!!!とジェイソンを滅多刺しにして殺害に成功したトミー少年が青年となってその後のお話。
毎日ジェイソンの悪夢にうなされていたトミー少年は「ジェイソンの墓掘り起こして完全に燃やして抹殺したるわ」と意気込んで、墓を掘り起こします。そしてジェイソンの腐敗した死体に鉄柵で再びdiediedieeeeeeeと突き刺して火をつけようとした瞬間に鉄柵に雷が落ちて、なんとジェイソン復活です!!!

不死身の怪力ゾンビとなって復活したジェイソンは無差別に殺戮を繰り返していきますが、なんだかコメディなんですよね笑。
鏡に押し付けたら、反対側まで顔の形が飛び出る怪力や、木に押し付けたところにニコちゃんマークは流石に笑うwww
ショットガンで何回も倒れて起き上がるシーンもシュールすぎww

ここから不死身のジェイソンとなる記念すべき作品でもあるので個人的にはそんなに嫌いでもないかなー。

鎖に撒かれてクリスタルレイクに沈んでしまうシーンを忠実に再現しているフィギュアが5万くらいで売ってたのがとても懐かしいです笑
墓穴から復活した殺人鬼が町人に対する殺害行為を始めるのだが、警察官は精神疾患をもっている青年に嫌疑を掛けてしまう。殺人鬼ジェイソンによる殺戮ショーを描いている、人気シリーズ第6弾。

主人公は前作から引き継いでいるが、シナリオはまたまた整合性を無視。前作の方向転換を諦めて、やっぱりジェイソンのオリジナル・キャラに引き戻したかのような内容。ジェイソンがフィジカルな強さをアピールしてくるのが面白いが、女性の裸体を拝めないのは残念無念。

いまだに社会不適応者から脱せないままでいる青年のジタバタ劇を主軸しながら、コテージの指導員たち、サバイバル・ゲームを嗜む大人たちの「殺され方選手権」が繰り広げられる。コテージに宿泊するキッズたちが、意味深長でありながら、それほど深長ではないという、カックンな位置付けになっている。

演出面では、きわめて見世物的なコメディ要素が濃厚。ジェイソンの一挙手一投足に萌え要素が備わっており、男女カップルを優先させて能動的に嫌がらせをしてくるのが絶品。もはや何のために殺害行為をしているのか分からず、多分にぼんやりしているのはご愛嬌。
5の最後の最後のあの展開は無しで、生き残りさんは病院を抜け出しジェイソンの墓を掘り起こしに行くのだが……そんな中クリスタルレイクではとうとうキャンプが始まり、子供たちがゾロゾロと休日を楽しみに来ていた…って話

今回ノーおっぱいでした(セックスシーンはあったけど)。そんなことは別にどうでも良くて、どんどん話がつまらなくなってきました!まず殺し方というか魅せ方が良くない。カメラワークが悪いのかな?んで個人的にジェイソンは少しやられる位の強さが好きなんですが、今回は天下無双でちょっと強過ぎです。その割にラスト1人になると弱体化するっていう…。やっぱシリーズ化するとこうなるんですかね。気合入れて残りも見るぞー!
>|