ジュラシック・ワールドのネタバレレビュー・内容・結末

ジュラシック・ワールド2015年製作の映画)

Jurassic World

上映日:2015年08月05日

製作国:

上映時間:125分

3.8

「ジュラシック・ワールド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

劇場公開当時、映画館IMAX3D字幕で鑑賞。

冒頭の部分は一緒にアトラクションに参加しているみたいでジュラシックワールドに本当に行った気分になりました。本当に今、恐竜のテーマパークができたらこんな感じかも…とリアルだと思いました!

モササウルスが水上から出てくるシーンは予告編で見ていたのにもかかわらず、映画館で観ると更に迫力があり、最高でした。

あの透明な球体に入って恐竜を観察できるアトラクションに乗ってみたいです!

ハイブリット恐竜のインドミナス・レックスの怖さといったら…頭もいいし、強いし、カメラワークも怖すぎて、恐怖の許容量超えました。

その恐竜が生み出された理由も、客が新しい恐竜を求めるという点、説得力があると思いました。

ラストの弱肉強食という迫力満点のシーン、最高です✨

怖さ、スリル、迫力満点
ジュラシックパークシリーズ大好きな私ですが、期待を裏切らない本作でした!

いやしかし…怖かった〜!
生み出してしまった怪物インドミナスREXに古株T-REXをぶつける恐竜デスマッチと、そこに愛娘のラプトルが駆け付けるシーンが熱い
吹き替え
9割ただのバカ映画
最後の戦いのシーンだけは最高だった
恐竜が脱走したことを確認せずに檻の中に入る主人公や係員から戻るよう指示されているのに立ち入り禁止区域に入り込むガキには呆れ返ったし、人間の言うことを聞く恐竜にも現実感が薄かったが、全体としては割と満足のいく出来で、続編が期待される終わり方だった。
このシリーズ観ると決まって言いたくなるのはみんなみんなそうだと思うけど何で「こいつら過去の失敗からこんなに学べないの?」ってこと。でも観ちゃうんだけど。

恐竜との絆や戦い、主人公たちの恋愛、家族の複雑な問題という映画においての大きなテーマから、無能なスタッフ、ギークなオペレーター、さらわれて食われた秘書から見られるアメリカのナニー観みたいな小ネタまで、何気に色々と詰まっている。

特にオーウェンとヴェロキラプトルとの関係は涙無しには観られませんね…。
なかなか面白かった!
何十年も前の、しかも何作も続編出てる映画だから期待せずに観たけども、キャラクターもストーリーも面白い!

クリス・プラット、今まではなんかもさいキン肉マンだなーって思ってたけど、今回登場した瞬間からイケメンだった。
ブライス・ダラス・ハワードも決して美人ではないなーと思ってたけど、甥っ子救うためにおしとやかな服とピンヒールで爆走猛ダッシュしまくってて色っぽいわかっこいいわ。
ラプトル使い、っていう設定がまた面白い。
いきなり寝返ったり戻ってきたり、ドラマチックすぎるところはあったけど、ラプトル可愛く見えてきた(笑)

4人が落ち合って車でバックで逃げる途中にサクッと叔母さん傷つけるシーンとか、ところどころクスッと笑えるところもあって、なかなか好きな映画でした!

2017*08*10
2017*09*18
金曜ロードショーで。
たぶんジュラシックパーク見てない。

順調に物語が進んで行くという印象。
内容の深さは別として、集中してみれた。
パーク観てからのワールド。
めちゃくちゃよかった!!

あのジュラシックパークの惨劇から20年。近未来のシステムを目一杯取り入れ、壮大な人気テーマパークとしてオープンしていた。
もっと強くてもっと狂暴な目玉になる恐竜を!と躍起になってまたも悲劇を引き起こす…。

オーウェンカッコいい!!ワイルド!!
仕事人間で機械的だったクレアがだんだん人間味溢れて逞しくなってくのも好き!
今回のNew恐竜は知能的で狂暴でまたほっとしたタイミングで襲ってくるから、わかっててもハラハラした。
ウルトラサウルスを看取ってあげるとこ泣けた。。
そして、ラスト!!
ブルー達が助けてくれるとこで号泣。
もうラプトル可愛すぎて泣ける。
ありがとうブルー!!

前作の遺跡とかチラチラ出てくるのも良かった。
大満足ー!

そしてひげめがね君に幸あれ。
きれい!かっこいい!危ない!助かった!
こんなもん
なぜ?とよく聞かれますが、エンディングで号泣しました。

でもよくよく考えるとハイヒールで恐竜より速く走れるってバケモノですよね?
>|