ジュラシック・ワールドのネタバレレビュー・内容・結末

ジュラシック・ワールド2015年製作の映画)

Jurassic World

上映日:2015年08月05日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

「ジュラシック・ワールド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

数ヶ月前に見たけど、
ジュラシックパークシリーズの中で一番面白い!!
ハラハラドキドキの演出はもちろんだけど、人間と恐竜の絆が垣間見られるほっこり感がたまらん!ブルー、いいやつすぎかよ!!(笑)
観ていなかったジュラシックシリーズを観ています。

シリーズの中で一番好きです。

ホテルの窓から見たジュラシックパークの景色、初回から圧倒されパークの中もどれもこれもがドキドキ、ワクワク。
観ているだけで自分もパークにいるような楽しさを味わえました。
作られているすべてが魅力的で興奮しっぱなしです。
私もこんな恐竜のパークがあったら行きたい。
でも、生き物をこんな風に扱うのは違うという思いもある。
その両面を持っているなんて、生き物に失礼だなと感じさせてくれる。

初めの方は兄と叔母にイライラ。
でも、どんどんたくましくなっていく。
お兄ちゃんの弟への思い、いいですね。

そして、オーウェン。
かっこよすぎる。
恐竜と人をリスペクトし合っている。
だからこそ、ラプトルと関係を築いている。
ラプトルが話してくれてるところ、戦うところ、すごく良かったです。
最後にお互い見合ってから別れるとき、側まで来なかった、行かなかったのは、生き物は人の言うなりではない、尊敬し合う関係だけど、そこは一歩入ってはいけないところと、勝手にですが伝えてもらったように感じます。

なんだかんだ水の中の生き物が一番怖かったような気がする。
そしてシッターさん可哀想。
あんな最後じゃなくても良かったんじゃないかな…
これも生き物の怖さということなのか。

恐竜の世界。
恐竜と人。
人と人。
人とお金。

様々なテーマがあったのに内容はバラバラしないで、とても充実して観ることができました。

大満足です。

最後の終わり方
オーウェンと叔母がキスをしないところ
恐竜が叫んでシーンが終わるところ
壮大なスケールの景色が映るところ
何もかもが好きな終わり方です。
終わり方を無理やりまとめようとしすぎないスピルバーグ監督が好きです。

スピルバーグ監督の世界観に気持ち良く引きずり込まれて見終わりました。
前作とは異なり、人間と恐竜の絆を描いてる部分が新鮮で面白かった。
やっぱりT-REXだな〜かっこいいなぁ〜。

今となってはクリプラがGogのピーターにしか見えん魔法にかかってしまったけど、すごく面白かった。

恐竜見たい云々よりもあの透明の球体の乗り物がほしい。インドミナレックスの攻撃にも頑張って耐えてたけど、ころころ転がされてたのは酔うな。あの乗り物が唯一の防御壁だったのに、なにも守るものがなくなったのは怖すぎる。緊張感がすごかった。お兄ちゃんもちょっと調子乗っちゃうとこあるから反省だよ、と思いつつ無事逃げられて良かった。

インドミナさんは頭がいいのね。逃げたと思わせて逃げてないのはズッコケものだよ。うまくカモフラージュして隠れるわ、発信機ちぎりとるわ、そろそろ人間語話せるようになるんちゃうか。逃げたインドミナさんを捕獲するために人間たちも頑張るけど、ヘリが墜落してしまい、反って恐竜を他にも逃がしてしまうという最悪(最高)のシナリオ。最後はクレアがT-REXを放って2匹を戦わせるけど、大きさが違うといえどっちがどっちか分からんくなったし、インドミナさんがモササウルスにパクッと食われたときは、おっ、おっ、どっちやどっちやって一瞬なった。

ラプトルは可愛かったなぁ。インドミナさんと謎の交信して一度は敵になるも、再び味方になってインドミナさんと戦うのは良かった。ラプトルと一緒にバイクに乗るオーウェンもかっこよかった。

ウー博士がクソだった。おわり。
‪やっと観ました!

序盤至る所に過去作絡めてたとこは胸熱だった!
かなり昔に観たけどちゃんと記憶が残ってる〜と懐かしくなったり…もしま し、た、が!

この女…ヒールいつ脱ぐんだよ?履いてんだよな?まだ履いてる!とクレアの足元が気になって気になって集中できなかった…まさかほんとにピンヒールで最後までやりきるなんて…っょぃ
ヒール自体の耐久力もすごい どこのメーカー?

ちょっと…うーん…勿体無いシーンが多かった。
4DXならもうちょいプラス評価だったかも。
しかし個人的な好みなのですが、CG対CGで人間がほぼ介入しないバトルをラストに持って来られるとテンション下がってしまうタイプでして、
もうちょいこの人外VS人外にうまく人間を絡めて欲しかった。ボールの中で襲われてるシーンなんかは人間と恐竜CGがうまく絡んでてすごく怖かったからああいう上手い演出でラストも観たかった。

やられてしまった麻酔隊1人目がHAMADAだったので「浜田、アウトー」がよぎってしまったのはしょうがないよね
さっきまでいたところが崩壊する
違和感なく魅せる
追われてないところでストーリーを進める
それぞれのキャラの課題があり、乗り越えていく
いやいや一息ついてますけど、ティラノサウルスを野放しってのもなかなか危険よ!?
「一緒に行くしかないだろ」
だなんてカッコいいこと言えないっすわー
初めて4DXで鑑賞。登場人物が珍しくみんな嫌じゃない。オーウェンもかっこいいし、クレアもいい人。兄弟もかっこいい。時間も大分空いたから技術も上がって迫力もすごいし、映像もきれい。パークのワクワクからの、恐怖。この展開が好き。最後のTレックスの雄叫びは鳥肌。やっぱりこれがジュラシックシリーズ。どうしても1には敵わないけど、おもしろかったし感動もした。
待ってました。新シリーズの方が好き。エンターテイメント感増してて好き。モササウルス好きすぎるでしょ。最後の三つ巴戦がもはやアメリカンプロレス。最高でした。
一年前くらいに見たのを見直した。
前見たときは斜に構えて見てたのか「え〜……」って思って見てあんまり好きじゃなかったんだけど
見直して見たら最初ピチッとした格好した偉い女って感じの叔母さんが途中からタンクトップになってボロボロの服になって髪もぐしゃぐしゃになって乳をブルンブルン揺らしながら恐竜から逃げるようになってるの最高だな……ってなった。
ラプトル引き連れながらバイク走らせるシーンもオトコノコだよな……って感じ

でもやっぱり聞き慣れたジュラシックパークって感じのテーマ曲が流れそうで流れない微妙な感じの曲聴くとふにゃふにゃ〜ってなる
恐竜やモンスターが戦う映画は内容関係なく好きかも
Tレックスの登場、ラプトルの救援はなかなかアツかった。
インドミナスのラストの倒され方は笑える。
>|