「ジュラシック・ワールド」に投稿された感想・評価

単純に面白かった!
映画館で見てたらもっと評価高かった!
最後ライオンキングかよってツッコミたかった。
迫力もすごいし展開がどうなるか読めず面白かった。ラプトルの活躍が想像とは違ったが、服従から離れて主人公と心を通わせ、戦うシーンは胸熱だった。ラストはとくに目が離せなかった。ただ、何度も観たいとは思わなかった。

ラプトルかわいい

強くてこわいやつが最後もっとつよくてこわいやつに食べられるオチはジュラシックパークへのリスペクトなのか、それ以外に終わり方がないのか、、、
オチ読めた
恐竜可愛い♡
事故があった後の損害賠償とか勝手に考えてしまった。4DX迫力あってよかった。
公開当時に息子と観賞、まさかジュラシックシリーズの新作を息子と観るとはジュラシックパークに夢中だった大学生の頃には想像も出来なかった。
今回WOWOWで再観賞。

インドミナスの体色変化は小説版のジュラシックパーク2に似たネタが、当時映画版になかったのでガッカリした覚えが、これは亡き原作者のマイケル・クライトンも嬉しいはず。

恐竜好きにはモササウルス出してくれてありがとうだったんですがメガロドンの小説で海洋にいる生物のが恐竜よりヤバいとわかっていたので・・・そこまで充分ハラハラ味わえて楽しめました。

ハイブリッドを造ったウーさん小説では確か死んでたけどまさかの出番&続編期待しちゃう展開。

ジョン・ウィリアムズのテーマ曲がいい場面で流れるやっぱ名作にこの人の曲あり。
息を飲む、ハラハラを楽しむいい意味で単純な作品。
でもザラが亡くなるのが可哀想…。上司の甥を探して巻き込まれたかんじじゃないですか?そのクレア自身はオーウェンといいかんじで終わるという…。
そんな不公平感を感じました。(私ぐらいか?)
吹替版視聴
情報0で観たけど一瞬で玉木宏だとわかった(笑)
他で言われてるほど悪いとは思わなかったけど
ああこの声玉木宏だなーと思ってしまった、それ自体ダメなのかな。映画の世界から引き戻されるっていうか。

ストーリーとしてはいろいろ穴があり。
ガバガバセキュリティには目をつむり、大事故後の対応が描かれてないのはそれがメインじゃないからいいにしても一番気になったのはラスト。

ラプトルが協力的なのは訓練された描写が多かったのでわかる。けど、ティラノが偽ティラノと戦った後に主人公たちを襲わずそのまま帰っていったのは何故だ?
戦ってる最中から
あれ?これ決着が着いたらもう一匹の肉食恐竜はどう対処するつもりなんだろ?どっちみち喰われてしまうんじゃ…?と思ったけど
まるで召喚獣のようにさっさと居なくなってしまった。
疲れたし怪我したから寝床に帰ったってこと??

…それでもティラノサウルスを怪物とぶつける展開やラプトルとの共闘は胸熱だった。

【映画ってよりアトラクション】
家のソファーで落ちついて観るタイプの映画ではないな。
劇場で3Dで観て自分もジュラシックワールドにいるかのような臨場感を味わうのがベストな視聴スタイルだろう。
少年たちかわいい、ラプトル、、
こんなテーマパークあったら絶対行きたい!危険がなかったら。

ラプトルの檻の上の通路の柵が低い時点で嫌な予感。
遺伝子操作で誕生した新種の恐竜の脱走で島は20万人の餌箱に!知能も高くて擬態もできる恐竜なんて恐すぎる!

生き物、自然はどんなに技術が発展してもコントロールしきれない存在だと今作でもまた再認識させられつつ、ドキドキしながら楽しめる!
>|