ファーナス/訣別の朝の作品情報・感想・評価

ファーナス/訣別の朝2013年製作の映画)

Out of the Furnace

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:116分

3.4

あらすじ

一瞬で奪われた家族の絆、砕け散った愛。 男は世界の闇へ堕ちていく 一筋の光を求め― ペンシルベニアの田舎町ブラドックは、ファーナス(=溶鉱炉)から昇る白煙が常にたちこめていた。 ラッセルはこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。 イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟ロドニーのことは心配だが、貧しいながらも恋人リナとのひと時にささやかな幸福を見出し…

一瞬で奪われた家族の絆、砕け散った愛。 男は世界の闇へ堕ちていく 一筋の光を求め― ペンシルベニアの田舎町ブラドックは、ファーナス(=溶鉱炉)から昇る白煙が常にたちこめていた。 ラッセルはこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。 イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟ロドニーのことは心配だが、貧しいながらも恋人リナとのひと時にささやかな幸福を見出していた。 しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく・・・。

「ファーナス/訣別の朝」に投稿された感想・評価

ウディハレルソンは元々悪人顔だし、今作は極悪人の役だけど、憎むに憎めないんだよなぁ('~`;)
表面上は一応の落とし前つけたけど、スッキリするわけでもないし、むしろ惨めな感じでモヤモヤした。あれで訣別できたのか…?


あと、弟の葛藤を観てるときに感じたけど、地元に一生暮らしてるとロクなことないね('~`;)
特に閉塞感強い場所は、保守的な人だらけで知らぬまに偏った人格が形成されて、気づいたときには手遅れな気がする。
かといって、簡単に抜け出せるわけでもないんだけど…
僕自身、地方出身だから、所々みてて胸がゾワゾワした(;^ω^)

ps
宇多さんの「70年代とも通じる過酷な時代にこそ優れた表現が多く産み出される」っていう解説すき。
tamai

tamaiの感想・評価

3.0
んーー...これはちょっと、間延びし過ぎじゃない?(^^;
こういう地味な映画嫌いじゃないんやけど、復讐劇に至るまでが長いかなって思った。
焦らすだけ焦らしてあっけなく終わるし...

まぁでも豪華キャストの演技は素晴らしいんでスコアこれくらいで。
megu

meguの感想・評価

3.8
暗くて地味な映画ではありますがこういう映画はとても好きです。
不幸続きのお兄さん😭
1回のミスのせいで長い時間にわたって不幸の連鎖から抜けられなくなってとてもかわいそうだった。
お兄さんも弟も本当はいい人そうだからとっても悲しい運命だなと思った。
橋での元カノとの再会は何とも言えない切ない気持ちになる。
テレビの前でどうにか幸せになってほしいと願っていたけど願いは叶わなかったな。
最後のシーンも迷わず決断した選択がかっこよかった。
yohey

yoheyの感想・評価

5.0
決して派手な演出もないし、明るさの微塵もないけど、男臭さムンムンの燻し銀な作品。
なにより個人的に製作サイドを含む夢のキャスティングで、ケイシーアフレックを好きになった一本。
そして今までのクリスチャンベイルで一番シブい。

閉塞感だったり哀愁漂うストーリーがもろ自分好みにピッタリ当てはまった。

初めて中洲太陽で観た映画でもあるし、月日が経ってDVDを買おうかなと思った日にTSUTAYAのガレッジセールで見つけて即買いした思い出のある作品でもある。

好きなシーンを挙げればきりが無いけど、中でも兄弟喧嘩の時のケイシーアフレックには本当に心が震えた。

大好きです、はい。
りーん

りーんの感想・評価

3.4
製鉄所で働く兄と、イラク帰りの弟。
自ら選んで進んだ先が思いもよらぬ結果をもたらしたとき、人ってこんなに冷酷にもなってしまうのだなと思いました。
ロドニーは、戦って勝ちたかっただけなのかな…。兄に向かって叫んだシーンには圧倒された。
最後は狩りを連想しました。
ベールさんは悲壮感漂う人がピカイチです。ケイシーさんも、さすがだなぁって。
キャスト豪華で驚きました。
kid

kidの感想・評価

3.6
荒廃した田舎町での労働者階級の苦しみからくる悲劇の物語。
地味だけど豪華メンバーの演技力で魅せる作品!

兄は鐵工所で働きひっそりと暮らしていたが、不慮の交通事故で捕まってしまい、その間に彼女に浮気される。
弟は兵役のために戦争に参加するがその時のトラウマから精神を病み薬に手を出し落ちぶれていく。
兄は全てに耐え、静かに弟を支える
弟は反発しながら内心まともな生活を送りたいと思う。

この2人の兄弟愛に泣けます。兄の元カノへの別れの言葉も良かったです。
兄弟の目の奥にある悲しみ。2人とも闇を抱えた役が似合います!

イラク戦争やリーマンショックなどで疲弊したアメリカの影の部分が見れると思います。
普通の生活をすることはどこの国でも難しいことを改めて感じました。
豪華キャストの割には地味な作風ですが、そこがまた良い。
兄弟愛を軸としたドラマで、キャスト一人一人がしっかりと熱演。

個人的にはなかなかお気に入りの一作ですが、評価がイマイチなのがちょっと残念。
ZAKI

ZAKIの感想・評価

3.0
キャストむっちゃ豪華で、主役クリベの渋味も悪役のハレルソンのクソ物騒さもよかったけど、ケイシー・アフレックの帰還兵の出口のない苦悩演技が素晴らしかった。
全体的には渋いというか地味めに感じる。今は下火となった鉄鋼業の町の感じや、追い詰めるクリベのハンターっぽさがよい。
ハレルソンはデフォー殺してなんか得あるの?あの辺よくわからん。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.2
終始重たいドラマ、街の閉塞感労働者の倦怠が感じられるアメリカの片田舎、イラクやアフガン帰還兵の心の問題はこれからも描かれるだろう。OPとEDのパールジャムの重量感がマッチしてた。
良かった。
なにげおじさんが良かった。
最後の決断色んな事を考えられる。
>|