ファーナス/訣別の朝の作品情報・感想・評価

「ファーナス/訣別の朝」に投稿された感想・評価

kogacola

kogacolaの感想・評価

3.1
出てる俳優が良い。
ケイシーアフレック、、なんか上手いこといかない、手を焼く弟がハマってる。
クリスチャンベイル、、とにかくついてない。哀愁漂う。常に不幸。
ウディハレルソン、悪役顔で怖さあって良い。
この3人ですごく高まるし、寂れた街の乾いた空気。男の映画。
渋い。
でも、警察もっと解決してくれ、、
zak

zakの感想・評価

3.0
し、渋い、渋すぎる映画。

観る前勝手に裁判モノだと思い込んでいたんですけど全然違いましたね〜。(なぜ勘違いしていたかは我ながら謎です。笑)

アメリカの片田舎、製鉄所で働く兄とイラク出征後トラウマを抱える弟の物語。転落人生、兄弟愛、そして復讐劇…娯楽作とは対極にあるような人間ドラマ。
思いのほかヴァイオレンスで、期待以上に良い映画でした!

何より主演のクリスチャン・ベイルが素晴らしかったです!あの低音ボイス、苦悩が滲み出たような表情の演技。今までちょっと過小評価していたかもしれませんね〜。(個人的に)とても良い俳優さんです。

ストーリー的には正直救いがないように感じてしまうんですが、非常に丁寧に作り上げられた印象の映画でした。ハードボイルドっていう言い方がしっくりくるかも?
でもラストの展開は、もう一捻りあればな〜って感じでした!
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20151102
ながら観。まぁまぁ楽しめた。暗いし地味だし陰気だしで雰囲気はよくないけどなんだか真面目に真摯に作ったっていうのを感じた。でも気持ちはわかるけど、復讐…復讐はその一時満足してもそのさきはずっと虚しいままだよなあ。かといって、主人公の気持ちはわかるし、あいつがのさばってるのは耐えられないからやっぱりああいう結末になるしかないのか…ラストのワンカットはどういうこと…?アホなのでわからない…いろんな解釈ありそうですね。主人公の俳優さんかっこよかった。WOWOW
tanaka

tanakaの感想・評価

3.0
法的には問題無いのかもしれないが、飲酒運転しちゃ駄目だろ、ベール!些細な幸せだからこそ、それをしっかり守っていかなきゃならないのに、行動が軽薄過ぎやしないかなあ…。
壮大な飲酒運転撲滅キャンペーン映画。名優達の演技は最高。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

2.0
暗〜い。重〜い。話だって、閉鎖的な町や村を舞台にしたありがちもの。これでちょっとでも光がみえたらなぁ〜、きっと心が動かされることもあるんだろうけど。。。しかもなんだか救われない気分になるし。あまり好きな作品ではなかったなー。ラストの兄のワンカットの意味もよくわからない…。
naomi

naomiの感想・評価

3.4
話自体は優しい。ど直球の薬と女と銃と悪党みたいな感じではなく、どちらかというと主人公をとりまく環境、人間関係、特に兄弟に重きが置かれていた。内容は濃くないが、シンプルで、朝っていうタイトルついてるあたりが良かった。朝日の中を頭ぶち抜かれて終わるんだけど、すごく清々しい終わり方だった。覚悟が決まってる。本当の最後のカットは主人公が椅子に座り物思いにふけっている。かれはなにを思っているのだろう。
ストーリー自体は地味めだけど、俳優陣が豪華で味わい深く、じわじわと、男の、兄弟の、地元のっていう意地を見た。
シチュエーションに翻弄される兄が引き金を引く瞬間までの長い長い助走。
DORATARO

DORATAROの感想・評価

3.8
田舎町で暮らす兄弟の絆、絶対的な悪との対峙、因縁を断ち切らんとする男の決意。渋いです。このクリスチャン・ベイルは渋いですよ。

町を象徴する製鉄所とその煙がとても印象的で、寂れた田舎町の雰囲気がよく伝わります。ストーリーも好みでしたが豪華な俳優陣の演技合戦で内容以上にお腹いっぱいなります。ひたすらに報われない主人公なんですが、弟の敵討ちと生まれ故郷を守るため遂に引き金を引く姿に胸打たれました。

「クレイジー・ハート」同様、この監督さんは覚悟を決めた男の生き様を描くのお上手。ガモーラ姉さんも出てます。
ウディハレルソンは元々悪人顔だし、今作は極悪人の役だけど、憎むに憎めないんだよなぁ('~`;)
表面上は一応の落とし前つけたけど、スッキリするわけでもないし、むしろ惨めな感じでモヤモヤした。あれで訣別できたのか…?


あと、弟の葛藤を観てるときに感じたけど、地元に一生暮らしてるとロクなことないね('~`;)
特に閉塞感強い場所は、保守的な人だらけで知らぬまに偏った人格が形成されて、気づいたときには手遅れな気がする。
かといって、簡単に抜け出せるわけでもないんだけど…
僕自身、地方出身だから、所々みてて胸がゾワゾワした(;^ω^)

ps
宇多さんの「70年代とも通じる過酷な時代にこそ優れた表現が多く産み出される」っていう解説すき。
tamai

tamaiの感想・評価

3.0
んーー...これはちょっと、間延びし過ぎじゃない?(^^;
こういう地味な映画嫌いじゃないんやけど、復讐劇に至るまでが長いかなって思った。
焦らすだけ焦らしてあっけなく終わるし...

まぁでも豪華キャストの演技は素晴らしいんでスコアこれくらいで。
>|