夜に生きるの作品情報・感想・評価

夜に生きる2015年製作の映画)

Live by Night

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、彼女は対立組織のボスの娼婦だった…それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、ジョーの運命は大きく狂っていく……。復讐と野心と裏切り、そして悲しくも…

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、彼女は対立組織のボスの娼婦だった…それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、ジョーの運命は大きく狂っていく……。復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛。激動の時代を生き抜こうとするギャングたちの生きざまを描いた犯罪ドラマ。

「夜に生きる」に投稿された感想・評価

mktknk

mktknkの感想・評価

3.4
原作ファンには色々受け入れ難い改変があるが、それらを補って余りあるエル・ファニングの存在感よ。
Ham

Hamの感想・評価

3.9
ベン・アフレックはガチムチになってからの方がイカしていると思うけど、こういう役はあんまりハマってない気がしたな~
に

にの感想・評価

-
期待しすぎてしまった。
映画予告ですごく気になって、映画館で見るつもりが上映期間が短すぎてDVDレンタル始まるまで待った。
やっと見たけどやはりマフィアモノは向いてないのかも知れない
655321

655321の感想・評価

3.3
人間ドラマというよりも、ベン・アフレック演じるジョーを通して人生観、宗教観を探っていく映画。

ベンアフレックが銃を撃つタイミングが半テンポズレてるような独特なものだったように感じるけど、あれはわざとなのかなあ。
まああれで根っからの人殺しのギャングではない事を表現していると深読みする事にする。
075.
悪くはないかな。
無駄がない。
ギャング、成り上がりものとしては特に目立った作品ではないと思いました。
寝ろ君

寝ろ君の感想・評価

4.1
禁酒法時代のアメリカを生きるひとりの”ならず者”の物語。
何よりまず映像美が素晴らしく、無駄のない画面作りがなされてる。撮影についてはやはり撮影監督が主導するものなのかな。そこらへんはよくわかんないけど。
ギャング映画も個人的に好きやし、構成も良いのでちょっと高得点。静かに睨み合う男たちのシーンがあるだけでいいんだよ…
何から何までベン・アフレックがやったらしいが興行的にはふるってない様子。MeToo問題で本人は最近大変そうだけど、今後も良い映画を作って業界に貢献してほしいね。
あと俺の中でエル・ファニングとキャリー・マリガンとマギー・ジレンホールは同じファイル分けになるけどどうかな?
sai

saiの感想・評価

4.0
“最期は火あぶりでもいい、ゲーム中は勝っていたい”

いや~ベンアフレックやってくれましたね。未だ現役のアクション俳優として活躍しているベンアフレックですが、製作サイドにまわるのもありだなあと実感。

酒、女、金っていう、この時代のベタな男のロマンをぶちこんでるだけなんですけどね~。ストーリーは冷酷になりきれなかった一人の男の成り上がりとその顛末って感じですが、うーんこれが悔しいけど格好いいんですよね。正直話の流れとか、ラストシーンはそこまで目を見張る映画ではないんです。しかしね、台詞がいいんですよ。ふとしたシーンが後を引く。そういう映画です。好きな人は好きだろうし、ハマらない人には善人にも悪人にもなりきれない男がうだうだしてるだけの映画です。
エル・ファニングに与えた白を事件後自分で着ちゃう辺りのナルシストっぷりは少し鼻に付く。
とはいえそれくらいじゃないと主演監督は出来ないのかも。
うらら

うららの感想・評価

3.5
ベン・アフレック演じるチンピラ紛いの泥棒が、恐ろしいギャング達を相手にあの手この手でのし上がっていくサクセスストーリー。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.4
禁酒法時代のギャング映画に真正面から挑んで、厚みのあるエンターテインメントとして成立させ、さらに今のアメリカの危うさも巧みに盛り込んでいて、それでも何か物足りなく感じてしまうのは、偉大すぎる先達のギャング映画が持っていた圧倒的な面構えのせいもあると思う。

って事で大方楽しんだんですが、クライマックスの銃撃戦後の引き際が中途半端で、主人公の業を見せたかったのならむしろもう少しボリュームあっても全然良かった。
>|